LIVE PAPEPO 鶴+龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LIVE PAPEPO 鶴+龍
ジャンル トーク番組
出演者 笑福亭鶴瓶
上岡龍太郎
製作
プロデューサー 荻原武博、佐藤恭仁子
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年7月7日 - 2000年3月25日
放送時間 火曜日24:50 - 25:20
(初回~1999年3月)
土曜日24:55 - 25:25
(1999年4月~最終回)
放送分 30分
回数 90

特記事項:
放送時間は読売テレビのもの。
1999年8月21日24時間テレビ「愛は地球を救う」のため休止。
テンプレートを表示

LIVE PAPEPO 鶴+龍』(ライブパペポ つるりゅう)とは、1998年7月から2000年3月まで日本テレビ系列で放送されていた読売テレビ製作のトークバラエティ番組である。

概要[編集]

前身は『鶴瓶上岡パペポTV』。パペポTVが1998年3月をもって終了し、約3か月の充電期間を経た同年7月に同番組をアレンジ・発展継承する形でスタートした。パペポTVはスタジオ収録だったが、この鶴+龍は日本各地でのロケを敢行してトークをする番組となっていた。ロケは東京都新潟県近畿地方などで行われることが多かった。

2000年3月に上岡龍太郎が芸能界引退を表明したことから、番組はパペポTV時代から続いた13年間の歴史に幕を閉じた。通常は30分番組として放送されていたが、最終回では第1部が総集編で第2部が最終回スペシャルの3時間特番として放送された(一部のネット局では平常通りの30分番組として放送)。なお、最終回では特別ゲストとして、明石家さんま島田紳助村上ショージ間寛平が花束を持って登場した。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

最終回時点のスタッフ[編集]

  • 「鶴+龍」ディレクター:前西和成/新宅淳、小金澤ゆき
  • 「パペポTV」ディレクター:白岩久弥武野一起、高津英泰
  • 構成:疋田哲夫、藤本多嘉雄
  • TM:徳久多久美
  • 音効:青地瑛久(サウンドエフェクト
  • 美術:伊藤大樹/延澤良一
  • プロデューサー:荻原武博、佐藤恭仁子
  • チーフプロデューサー:松本芳久
  • 協力:リバーボトル
  • 制作協力:松竹芸能、上岡プロモーション
  • 制作著作:よみうりテレビ

ネット局[編集]

関連項目[編集]