リヴィング・イン・ア・ボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィング・イン・ア・ボックス
Living in a Box
出身地 イングランドの旗 イングランド シェフィールド
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
ポップ・ロック
シンセポップ
ニュー・ウェイヴ
ダンス・ポップ
活動期間 1985年 - 1990年
レーベル クリサリス・レコード
公式サイト Livinginaboxmusic.com
メンバー リチャード・ダービーシャイア
マーカス・ヴェアー
アンソニー・クリッチロウ

リヴィング・イン・ア・ボックスLiving in a Box)はイギリスシンセポップバンド。1985年結成。ブルー・アイド・ソウル系として、80年代後半から活動した。

概略[編集]

1985年イングランドシェフィールドにて結成。メンバーは、マンチェスター出身のリチャード・ダービーシャイア(V,G)、サンフランシスコ出身のマーカス・ヴェアー(Syn)とアンソニー・クリッチロウ(D)の英米混合の三人構成。1987年のファーストシングル「リヴィング・イン・ア・ボックス」はイギリスアメリカでトップ40入りし、バンドの最も成功したシングルとなった。活動期間は短く、2枚のアルバムを残し1990年に解散。

経歴[編集]

ボーカルのリチャードはもともと、 80年代初頭に活動した「ズーズー・シャークス」というバンドのフロントマンであった[1]。ズーズー・シャークスはレコード会社EMIと契約し、3つのシングルをリリースしたが、その後リチャードが脱退。ソロアーティストとして歌手のテッサ・ナイルズに曲を書くなどしていた[2]

1985年、その頃まだ駆け出しのバンドだったアンソニーとマーカスの二人は、クリサリス・レコードのスタジオでデモのレコーディング中、同じスタジオでリチャードが自身の歌を歌っているのを聴き、レーベルに、彼をバンドのボーカルギターにしてくれるよう依頼。リチャードはその頃ヴァージン・レコードからも契約の依頼を受けていたが、5年契約でバンドのメンバー入りを決める[3] 。また、その前からバンドが取り組んでいたトラック「リヴィング・イン・ア・ボックス」の名をとって、それをそのままバンド名とした[4]

1987年、バンド名を冠したデビューアルバム『Living in a Box』をクリサリス・レコードよりリリース。プロデューサースパンダー・バレエキム・ワイルドなど多くのアーティストをプロデュースしたリチャード・ジェームス・バージェス[注 1][6] 。他のブルー・アイド・ソウル系のアーティスト(カルチャー・クラブスパンダー・バレエ)と比べて遅めのデビューではあったが、アルバムはその年の全英アルバムチャートで25位に達し、 全米では89位を記録。またアルバムからのセルフタイトルシングル「リヴィング・イン・ア・ボックス」は同年の全英シングルチャートで5位[7]8月22日ビルボードホット100では17位に達し[8] 、そのほかドイツスイススウェーデンでもトップ5を獲得[9] 。またアメリカソウル歌手ボビー・ウーマックによりカヴァーもされ[注釈 1][注 2]、初登場にして成功を収めていた。

2年後の1989年にセカンドアルバム『Gatecrashing』を発表。プロデューサーはメンバーと、アメリカの人気歌手ダン・ハートマン(1950年-1994年)などが担当。アルバムは前作の記録を上回り、 全英で21位をマーク[11]。1stほど注目はされなかったものの、アルバムには、 ロックバンドクイーン」のギタリストブライアン・メイギターとして参加[12]した「ブロウ・ザ・ハウス・ダウン」(全英10位)や「リヴィング・イン・ア・ボックス」と並んで全英5位のバラード「ルーム・イン・ユア・ハーツ」を特色としていた。

日本でも少なからず人気もあり、「ベッド・オブ・ローゼズ」が日本でのみリリース[13]されている。また87年8月26日には音楽番組夜のヒットスタジオ」に出演。代表曲「リヴィング・イン・ア・ボックス」を披露した[14]

アメリカでは、唯一の全米トップ40入りだった「リヴィング・イン・ア・ボックス」以降のヒットが無く[注釈 2]、人気も早くに終わってしまった[注 3]

翌年の1990年、所属していたレーベルがEMIの傘下に入る。 バンドは続くサードアルバムの制作に取りかかるも、新しくなったレーベル人員からの「サウンド面」についての注文がバンドとの間に不和を生じさせ、うんざりしたリチャードはグループを脱退。サードアルバム完成前の1990年に解散した。

解散後[編集]

解散後、マーカスとアンソニーは音楽業界を引退。アンソニーは自身の設立した照明会社を運営している[16]

リチャードはその後も音楽活動を継続。イギリスシンガーソングライターリサ・スタンスフィールドLevel 42などのアーティストに曲を書き、自身も2枚のソロアルバム「How Many Angels」(1994)や「Love will Provide」(1999)をリリースしている[17]2004年12月16日にはメンバーが再び集まり、ロンドンウェンブリー・アリーナにてライブを行い、ヒット曲「リヴィング・イン・ア・ボックス」、「ブロウ・ザ・ハウス・ダウン」、「ルーム・イン・ユア・ハーツ」のコンサートをしている[18]

メンバー[編集]

80年代の初めに活動した「ズーズー・シャークス」の元 ボーカル。そのバンドのシングル「Love Tumbles Down」は、スペインで1位を獲った。また日本に住んでいた事もあり、そこの米軍基地でマーヴィン・ゲイアル・グリーン等のソウルミュージックを聴き、魅了される[19]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Best of Living in a Box(1999年)
  • The Very Best of Living in a Box(2003年)

シングル[編集]

  • 1987年 - Living in a Box
  • 1987年 - Scales of Justice
  • 1987年 - So the Story Goes
  • 1988年 - Love Is the Art
  • 1989年 - Blow the House Down
  • 1989年 - Gatecrashing
  • 1989年 - Room in Your Heart
  • 1989年 - Different Air

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ウーマックのカヴァーは87年イギリスで70位、アメリカでもマイナーなヒットだった。
  2. ^ それでも、ウーマックとのコラボ「ソー・ザ・ストーリー・ゴーズ」は全米81位だった。
  1. ^ また彼は、「ニューロマンティックムーヴメント」の先駆としても知られている[5]
  2. ^ また、シングル「So the Story Goes」(1987)でウーマックとのコラボも実現している。[10]
  3. ^ このためバンドは、多くの場合「一発屋」とされている[15]

出典[編集]

  1. ^ — Zu Zu Sharks | Discogs、2014年4月27日閲覧。
  2. ^ — Richard Darbyshire Biography | ARTISTdirect Music、2014年4月27日閲覧。
  3. ^ — Richard Darbyshire (リチャード ダービーシャイア) | HMV ONLINE、2014年4月27日閲覧。
  4. ^ — Living in a BoxbyLiving in a Box | Songfacts、2014年4月27日閲覧。
  5. ^ — Adventures in synth — Music | theguardian.com、2014年4月27日閲覧。
  6. ^ — Richard James Burgess — Credits | AllMusic、2014年4月27日閲覧。
  7. ^ — LIVING IN A BOX — Artist | Official Charts、2014年4月27日閲覧。
  8. ^ — Living in a Box | Billboard、2014年4月27日閲覧。
  9. ^ — LIVING IN A BOX - LIVING IN A BOX (SONG) | swedishcharts.com、2014年4月27日閲覧。
  10. ^ — Living In A Box ‎– So The Story Goes |Discogs、2014年4月27日閲覧。
  11. ^ — David Roberts、2014年4月27日閲覧。
  12. ^ — Brian + | QueenVault.com、2014年4月27日閲覧。
  13. ^ — Living In A Box ‎– Bed Of Roses/Love Is The Art | Discogs、2014年4月27日閲覧。
  14. ^ — 夜のヒットスタジオ出演歌手一覧/5.芳村真理・古舘伊知郎時代(1985,10 - 1988,2) | goo Wikipedia 、2014年4月27日閲覧。
  15. ^ — Joel Whitburn、2014年4月27日閲覧。
  16. ^ — What Happened to 80s Band Living In A Box? | SimplyEighties.com、2014年4月27日閲覧。
  17. ^ — Richard Darbyshire | @Artist direct、2014年4月27日閲覧。
  18. ^ — Living in a Box | setlist.fm、2014年4月27日閲覧。
  19. ^ — Richard Darbyshire — Biography | AllMusic、2014年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]