カルチャー・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルチャー・クラブ
Culture Club
Culture Club Marcus Center for the Performing Arts Milwaukee, WI 7-23-2016 (28543520975).jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ニューロマンティック[1]レゲエ[2]
活動期間 1981年 - 1986年
1998年 - 2000年
2014年 -
レーベル ヴァージン・レコード
公式サイト CULTURECLUB.co.uk
メンバー ボーイ・ジョージ
ジョン・モス英語版
ロイ・ヘイ英語版
マイキー・クレイグ英語版
モータウン

カルチャー・クラブ(Culture Club)は、1981年イギリスロンドンで結成したポップ・ミュージックバンドである。ルックスが華やかで、ニューロマンティックのバンドとしても注目された。

バンドの中心人物は奇抜な女装と、ディープでソウルフルな歌声で人気を博したボーイ・ジョージだった。レゲエや、ブルー・アイド・ソウルなどの楽曲でも評価された。また「君は完璧さ」などのストーリー性のあるPVも話題を呼んだ。

メンバー[編集]

略歴[編集]

1980年代[編集]

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全1位になる。

1983年:『君は完璧さ』がアメリカでも大ヒットした。シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全で1位に輝く。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers)を発表、22日付け全英1位になる(のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した[3])。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月には3rdアルバムとシングルをリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。 グラミー賞最優秀新人賞受賞。

1985年:ボーイ・ジョージが参加したバンド・エイドの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」が1984年から85年にかけてヒットした。「ロック・イン・ジャパン'85来日。

1986年:4thアルバムをリリースするもののボーイ・ジョージ、ドラッグ事件で活動停止になった。各自ソロ活動に移る。

  • 1990年代

1998年11月:再結成、コンサートツアー(VH1 Storyteller)。 1999年12月:約13年振りの5thアルバムリリース。

  • 2000年代以降

2000年3月:15年ぶりに来日公演を行う。その後バンドは休止状態に。

2005年10月7日:コカイン所持と警察への虚偽通報の疑いで、ボーイ・ジョージが逮捕される。

2006年8月14日:司法取引によりコカイン所持は不問に処されたが、虚偽通報の罪で5日間の社会奉仕活動の裁判所命令を受け、ニューヨーク・マンハッタン南部で清掃活動を行った。

2007年4月28日、インターネットを通じて知り合ったノルウェー人の男性をロンドン東部の自宅に呼んだ後、鎖などで束縛した疑いでボーイ・ジョージが逮捕される。ジョージは手錠をかけたことは認めたものの、監禁や傷害の容疑に対しては否認した。2008年12月5日、ロンドンにある刑事裁判所の陪審団はボーイ・ジョージに対し有罪の評決を出した。

2009年1月16日、裁判官はジョージに禁固15ヶ月の実刑判決を言い渡した。同年5月11日、所内での勤勉な態度を理由にジョージは4か月での出所が認められ出所。

2014年:再結成、11月にUSAツアー、12月にUKツアーが開催された。

2018年:前作から約19年振りの6thアルバム「Life」を発表。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • ホワイト・ボーイ(12"は同曲[Long Version])(英国のみ)
    (c/w ラヴ・トゥイスト[featuring Captain Crucial])
  • アイム・アフレイド・オブ・ミー〜あしたのボクは?(12"は同曲[Long Version])
    (c/w マーダー・ラップ・トラップ[featuring Captain Crucial])
  • ミステリー・ボーイ(日本のみ)サントリーホットウィスキーCMソング
    (c/w マーダー・ラップ・トラップ[featuring Captain Crucial])
  • 君は完璧さ(旧邦題:冷たくしないで)
    (c/w 君は完璧さ[Dub Version feat.Papa Weasel]、ラヴ・イズ・コールド[12"のみ])
  • タイム
    (c/w 悲しきホワイト・ボーイ、ロマンス・ビヨンド・ジ・アルファベット[タイムinst./12"のみ])
  • チャーチ・オブ・ザ・ポイズン・マインド
    (c/w マン・シェイク、ミステリー・ボーイ[12"のみ 日本版とは別ミックス])
  • アイル・タンブル・4・ヤ! 〜君のためなら(12"は同曲[U.S 12" Mix])(米国のみ)
    (c/w マン・シェイク)
  • カーマは気まぐれ
    (c/w ザッツ・ザ・ウェイ[short/7"]、アイル・タンブル・4・YA![U.S 12" Mix/12"])
  • ヴィクティムズ〜いつも二人で(英国のみ)
    (c/w カラー・バイ・ナンバーズ、ロマンス・リヴィジテッド[ヴィクティムズinst./12"のみ])
  • イッツ・ア・ミラクル(12"はMiss Me Blind/It's A Miracle[U.S Multi Mix])(英国のみ)
    (c/w ラヴ・トゥイスト[Live]、メルティング・ポット[Live/12"のみ])
  • ミス・ミー・ブラインド(12"はMiss Me Blind/It's A Miracle[U.S Multi Mix])
    (c/w カラー・バイ・ナンバーズ)
  • 戦争のうた(12"は同曲[Ultimate Dance Mix])
    (c/w 同[仏語/独語/日本語(国によってヴァージョン違い)]、同[Shriek Mix/12"のみ])
  • メダル・ソング[7"Version](12"は同曲[Extended Mix])
    (c/w 危ないストリート、ドント・トーク・アバウト・イット(日本盤))
  • ミステイク・ナンバー3(米国のみ)
    (c/w 危ないストリート)
  • 危ないストリート[7"Version](日本のみ)
    (c/w ミステイク・ナンバー3)
  • ムーブ・アウェイ(12"は同曲[Extended Mix])
    (c/w セクシュアリティ[7"Mix/12"は同曲Tango Dub Remix])
  • ゴッド・サンキュー・ウーマン(12"は同曲[Extended Mix])
    (c/w ラグジャリー・トゥ・ハートエイク[12"は同曲[It's All Her Fault Mix])
  • ガストー・ブラストー[Rock Mix](米国のみ)
    (c/w ガストー・ブラストー[Extended Mix])
  • 愛をください
    ([Single Mix]/[Magic Man Remix]/君は完璧さ[Quivver Mix])
  • いつわりのキス
    CD1([Blouse&Skirt Mix]/[Delirium Mix]/[Ninja Dub])
    CD2([Dolly Mix feat.Dolly Parton]/君は完璧さ[Kinky Disco Mix]/タイム[Quivver's Amityville Mix])
  • コールド・ショルダー/スターマン(英国のみ)
    (コールドショルダー/スターマン/いつわりのキス[Dolly Mix feat.Dolly Parton])
  • 君は完璧さ(仏のみ)
    ([DJ LBR 2005 Remix]/[Original])
  • More Than Silence
    配信のみ。

アルバム[編集]

  • キッシング・トゥー・ビー・クレバー(1982年)
  • カラー・バイ・ナンバーズ(1983年)
  • ウェイキング・アップ・ウィズ・ハウス・オン・ファイアー(1984年10月)
  • フロム・ラグジャリー・トゥ・ハート・エイク(1986年)
  • ドント・マインド・イフ・アイ・ドゥ(1999年)
  • Life(2018年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • ラヴ・イズ・ラヴ(1985)ミニ・アルバム 日本のみ
  • ディス・タイム(1987)
  • Best of CULTURE CLUB(1989)
  • Collect-12"Mixes Plus(1991)英国
  • スピン・ダズル〜ベスト・オブ・ボーイ・ジョージ・アンド・カルチャー・クラブ(1993)
  • さいあく! 〜ベスト・オブ・ボーイ・ジョージ・アンド・カルチャー・クラブ(1993)
  • THE 12"Collection Plus(1997)米国[Collectの拡大版]
  • IZAMプレゼンツ・ザ・ベスト・オブ・ボーイ・ジョージ・アンド・カルチャー・クラブ(1998)
  • ザ・グレイテスト(1998)日本のみ[White Boy, I'm Afraid of Me, The Medal Songの7"Version収録]
  • VH1 storytellers/Greatest Moments(1998)再結成ライヴ+ベスト
  • ストーリー・テラーズ〜帰ってきたカルチャー・クラブ(1999)再結成ライヴ
  • グレイテスト・モーメント(1999)
  • Greatest Hits(2005)
  • カルチャー・クラブ2005 Singles and Remixes(2005)
  • River Sessions(2005)ライヴ[1982年収録]

サウンドトラック[編集]

  • エレクトリック・ドリーム(1984)[Love Is Love/The Dream]
  • PS Your Cat Is Dead(2001)[Crystal Blue Persuasion]

オムニバス[編集]

  • ABBAMANIA(1999)[Voulez Vous]

日本公演[編集]

6月20日、21日 大阪城ホール、23日 名古屋市国際展示場、25日、26日、27日 日本武道館
6月21日、22日 Zepp Tokyo、24日 大阪フェスティバルホール

日本での主なテレビ出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]