ウェンブリー・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェンブリー・アリーナ
"SSEアリーナ"
Wembley Arena.jpg
施設情報
所在地 ロンドンウェンブリー
位置 北緯51度33分29.10秒 西経0度16分58.70秒 / 北緯51.5580833度 西経0.2829722度 / 51.5580833; -0.2829722
開場 1934年
修繕 1978年
所有者 Quintain Estates and Development plc
運用者 AEGファシリティーズ
旧称
エンパイア・プール(1934年 - 1978年)
ウェンブリー・アリーナ(1978年 - 2014年)
使用チーム、大会
大英帝国競技大会 (1934年)
ロンドンオリンピック (1948年)
ロンドンオリンピック (2012年)
など
収容能力
12,500人[1](修繕前は8,000人)
アクセス
Underground.svg ウェンブリー・パーク駅より徒歩10分[1]

ウェンブリー・アリーナ: Wembley Arena)は、イングランドロンドンウェンブリーにある世界的に有名なアリーナである。現在の名称はSSEアリーナ: The SSE Arena)。かつては別名でエンパイアプール: Empire Pool)と呼ばれていた。

概要[編集]

ロンドンではO2アリーナアールズ・コート・エキシビション・センターに次ぐ3番目の規模を持つ屋内競技場(アリーナ)である。最高12500人の収容が可能となっており、主にコンサートで利用されている。

歴史[編集]

ウェンブリー・アリーナの観客席

1934年の大英帝国競技大会(現・コモンウェルスゲームズ)開催のために、エンパイアプールの名称で屋内プール(最高8000人収容)として建設、1978年に多目的ホールへと改修され、それに伴ってウェンブリー・アリーナに改名した[2]

屋内でのスポーツ競技では、1980年に開催されたボクシングの世界タイトルマッチ「アラン・ミンターマービン・ハグラー」の試合は伝説の試合となった他、イギリスのアイスホッケーリーグもここで行われていた。

プロレスでは、WWEロウスマックダウンが2006年4月に開催され、過去にはPPV大会であるインサレクションが開催されたこともある。近年では毎年のハウス・ショー公演に使用されている他、WCWTNA等の団体も海外公演の際に使用したことがある。

また、世界の著名なアーティストがコンサートを開催することでも有名である。イエススパイス・ガールズテイク・ザットウエストライフなどがその例で、特にウエストライフは2006年だけで23回の公演を行った。

2011年には音楽オーディション番組「Xファクターグランドファイナル」の会場にもなった。

五輪会場としても使用されており、1948年のロンドンオリンピック競泳飛込競技水球競技が行われ[3]2012年のロンドンオリンピックでは新体操バドミントン競技が実施された[4][5]

2013年9月に運営元のライブ・ネイションとの契約が切れたことから、AEGファシリティーズが運営権を落札[6]。その後、2014年6月にAEGファシリティーズが電力会社のSSE(スコティッシュ・アンド・サザン・エナジー)に命名権を販売したため、名称がSSEアリーナへ変更となった[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]