アンシュッツ・エンターテイメント・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンシュッツ・エンターテイメント・グループ(Anschutz Entertainment Group、AEG) 別名AEGワールドワイドは、ロサンゼルスに本社を置く、アメリカの世界的なスポーツ・音楽エンターテイメント企業であり、多くのスタジアム、スポーツチーム、スポーツイベントを保有する世界最大のオーナーである。

プレゼンターとしての部門では、「AEGプレゼンツ」のブランドを2002年から展開を始め、これはLive Nationに次ぐ世界第2位のライブ音楽・エンターテイメントイベントプレゼンターとなる。

親会社の、アンシュッツ・コーポレーションはホールディング会社である。

概要[編集]

AEGは、様々な会場、スポーツチーム、エンターテイメント関連の株式・施設を所有している。主に、ロサンゼルスを本拠を置くロサンゼルス・レイカーズ(LA Lakers)、ロサンゼルス・キングス(LA Kings)、ロサンゼルス・ギャラクシー (LA Galaxy)、ヒューストン・ダイナモ (Houston Dynamo) などのスポーツチームの株式を所有しているほか[1]、会場としては、ロサンゼルスにある、L.A.ライブも含むステイプルズ・センター(Staple Center)、ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク (Dignity Health Sports Park )、トヨタ・スポーツパフォーマンスセンター (Toyota Sports Performance Center)、ラスベガスのT-モバイル・アリーナ(T-Mobile Arena)、ニューヨークのプレイステーション・シアター (PlayStation Theater)、12年五輪会場となったロンドンのThe O2O2アリーナも含む、旧ミレニアム・ドーム)、ドイツではメルセデス・ベンツ・アリーナ (Mercedes Benz Arena)、バークレイカード・アリーナ(Arena Birmingham)、パリのベルシー・アリーナ(Bercy Arena)、中国のメルセデスベンツ・アリーナ(Mercedes Benz Arena)などを所有するグローバル企業である。かつてはチャンピオンズ・オン・アイスも所有・開催していた。

AEGの運営事業部としては、カンザスシティのティーモバイルセンター(T-Mobile Center)、ミネアポリスのターゲットセンター(Target Center)、ラスベガスのコロシアム(The Colosseum at Caesars Palace)、オークランドのオークランドアリーナ(Oakland Arena)、サンディエゴのペチャンガアリーナ(Pechanga Arena)、ヒューストンのBBVAスタジアム、グランドプレーリーのThe Theatre at Grand Prairieを運営している。


AEGの主要子会社であるAEGファシリティーズは2019年10月にライバルの会場運営会社SMGと合併し、ASMグローバルを設立、ASMグローバルは、5大陸にまたがる世界最大の会場管理・サービス会社となり、アリーナ、スタジアム、コンベンションセンター、展示場、舞台芸術会場など300以上の会場のポートフォリオを有している。


他の子会社として、Concerts West、コーチェラ・フェスティバルの運営会社の、Goldenvoiceをはじめとしたフェス・プロモーターがあり、オフィスは全世界に15箇所あり、グループ会社もを含め従業員は、全世界に2万6000人いる。


AEGは2011年、チケット販売大手のチケットマスターと競争するため、シルク・ドゥ・ソレイユ、Outbox Technology、元チケットマスターのCEOのフレッド・ローゼンと共同で、ライブコンサートや音楽フェス、スポーツなどで幅広く導入されるオンラインチケット販売プラットフォーム開発会社、AXS (アクセス)を設立した。その後、AXSの株式100%を取得し、AEGのグループ傘下に加えた。AXSは、チケット販売ではチケットマスターに次ぐ全米第2位の企業で、AEGが保有・運営するスタジアム・アリーナ・スポーツチームに、自社開発したプラットフォームの展開をし、チケット販売も行うことで、エコシステムを構築している。又、AXSは、子会社であるCarbonhouse社(本社ノースカロライナ)に、CMS統合型ウェブサイトを開発をさせる事で、自社のバックエンドシステムとのシームレスなウェブアプリケーションを提供している。

日本での展開[編集]

AEGは、2027年秋オープンを目指している、大阪府吹田市の万博記念公園に計画している大規模アリーナ建設について、建設から運営までを担うグループ事業者として、三菱商事都市開発と関電不動産開発と共に選定された。[2]大阪府は、新たなにぎわいの拠点をつくろうと、大阪モノレールの万博記念公園駅の南側の土地に、大規模アリーナを整備する計画で、アリーナを中心に、商業施設やホテル、オフィスビル、それに共同住宅などを整備する。アリーナは、延床面積69,550㎡、最大収容人数が1万8000人と西日本最大級で、AEGが関わる事で、フィギュアスケートの世界選手権や、NBA=アメリカプロバスケットボールの公式戦など、国際的なスポーツ大会の誘致が可能な施設になると期待されている。(アリーナ以外の施設は、2037年までに順次、整備を進める予定。)


AEGは、2025年夏オープンを目指している、愛知県新体育館整備・運営等事業について、落札者である、前田建設工業(設計)NTTドコモ(維持管理)を代表とするコンソーシアム「Aichi Smart Arenaグループ」の1企業として選定された。[3]総延べ床面積は43,000㎡、概算事業費は約300億円を想定し、最大15,000人の観客を収容できる施設となる。


AEGは、ツアーやライブを運営するブランドのAEG Presentsが、2021年3月、日本のエイベックス・エンタテインメント株式会社(本社:東京都港区)と、パートナーシップを締結し、共同事業 AEGX をスタートすると発表した[4]。エイベックスとAEGは、それぞれの強みを活かし、アーティストの育成とライヴ・エンタテインメントにおいて、国際的な機会を創出していくとしている。


子会社のAXSは2018年に、エイベックス・ライヴ・クリエイティブヤフー株式会社が合同設立したオンラインチケット販売サービス会社のパスレボ株式会社に出資し、パートナー契約を締結し[5]日本進出も果たし、「Yahoo!チケット」のチケット販売技術の開発支援を行っている。




その他[編集]

  • ロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルス・キングスの50%、オンタリオ・ライグン、ベルリン・メルセデス・ベンツ・アリーナとのアイスベーレン・ベルリン、ハンマービーIFの45%、ロサンゼルス・レイカーズとロサンゼルス・スパークスの持分を所有している。
  • コチェラ・バレー音楽芸術祭を始め、多くの大規模イベントを、毎年開催している。
  • 創業者のアンシュッツは、メジャーリーグサッカーの共同設立者の一人であり、主要な投資家の一人で、2006年に全米サッカー殿堂入りを果たした。2006年には、アンシュッツは全米サッカー栄誉勲章を受賞しており、これまでに4人の受賞者のうちの1人である。
  • オーナーであるフィリップ・アンシュッツ世界長者番付に顔を連ねる常連である。
  • O2の開発の一環として、アンシュッツはロンドンの河川サービス会社テムズ・クリッパーズも買収し、近くにあるデビッド・ベッカム・アカデミー(ホーム・デポ・センターにも支店があった)の開発を支援した。
  • 2006年にフィギュアスケートツアー「チャンピオンズ・オン・アイス」を購入し、ユルゴルドンズIFホッケーの12%を所有している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b NFLのロサンゼルス誘致にAEG社が名乗り”. NFL JAPAN (2010年10月1日). 2010年10月2日閲覧。
  2. ^ 隈研吾氏デザインの国内最大級アリーナ、愛知県が前田・NTTドコモなどを選定”. NHK (2021年5月25日). 2021年5月25日閲覧。
  3. ^ 大阪府 万博記念公園の大規模アリーナ 事業者を選定”. Nikkei (2021年2月22日). 2021年5月25日閲覧。
  4. ^ エイベックスとAEG Presentsがパートナーシップを締結”. WSJ (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  5. ^ Yahoo!チケット、スポーツ・音楽分野で米国AXS社の先端技術を導入”. Yahoo JAPAN! (2018年9月26日). 2018年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]