ウェストミンスター橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウェストミンスター橋
ウェストミンスター橋と、国会議事堂としても使われているウェストミンスター宮殿
ウェストミンスター橋と、国会議事堂としても使われているウェストミンスター宮殿
基本情報
イギリスの旗 イギリス
所在地 ロンドン
交差物件 テムズ川
路線名 A302号線 (en
設計者 トーマス・ペイジ英語版
開通 1862年5月24日
座標 北緯51度30分03秒 西経0度07分19秒 / 北緯51.50083度 西経0.12194度 / 51.50083; -0.12194座標: 北緯51度30分03秒 西経0度07分19秒 / 北緯51.50083度 西経0.12194度 / 51.50083; -0.12194
構造諸元
形式 7径間アーチ橋
全長 250 m
26 m
地図
ウェストミンスター橋の位置(シティ・オブ・ウェストミンスター内)
ウェストミンスター橋
ウェストミンスター橋の位置(セントラル・ロンドン内)
ウェストミンスター橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

ウェストミンスター橋: Westminster Bridge)は、ロンドンテムズ川にかかる自動車・歩行者用の橋で、北側のウェストミンスターと南側のランベスを繋いでいる[注 1]

橋は主に緑色で塗られているが、これは庶民院の座席と同じ色である。庶民院は、国会議事堂として使われているウェストミンスター宮殿の中で、この橋に近い北側に位置している。反対に、橋から南側にあるランベス橋英語版は赤く塗られているが、これは宮殿南側に位置している貴族院の座席と同じ色である[1]

2005年から2007年にかけて全面改修工事が行われ、鉄製の鼻隠の交換や、橋全体の再塗装が行われた。橋の西側の袂にはウェストミンスター宮殿やビッグ・ベンが存在する。また東側にはロンドン・カウンティ・ホール観覧車ロンドン・アイもあり、この場所はロンドンマラソン創始期にはゴール地点として用いられていた。

下流・北側にはハンガーフォード橋とゴールデン・ジュビリー橋、上流・南側にはランベス橋がある。ウェストミンスター橋自体は1981年に、イギリス指定建造物の第二級建築物に指定されている[2]

橋の歴史[編集]

ウェストミンスター橋の位置(グレーター・ロンドン内)
ウェストミンスター橋
ウェストミンスター橋
ロンドン橋
ロンドン橋
キングストン
キングストン
パトニー
パトニー
グレーター・ロンドンでの各橋の位置関係

600年以上、ロンドン橋に最も近い橋はロンドン南西部のキングストン・アポン・テムズ英語版(キングストン)に掛けられたものだった。ウェストミンスターに橋を架ける計画は1664年に提案されたが、シティ・オブ・ロンドン自治体英語版や船頭たちの反対に遭った。1722年にも建設に対する反対意見が出されたが、1729年にはパトニー英語版に新しい木製の橋・パトニー橋英語版が掛けられ、この後1736年にウェストミンスター橋建設を議会が許可した。建設資金は個人資産や宝くじ、譲与金などで賄われ、1739年から1750年にかけて建設された。橋のデザインはスイス人建築家・Charles Labelye[訳語疑問点]が行った。

シティ・オブ・ロンドンはウェストミンスター橋建設に対応し、1760年から1763年にかけて、ロンドン橋周辺の建物を除いて拡幅する工事を実施した。シティはブラックフライアーズ橋英語版の建築も開始し、この橋は1769年に開通した。他にも、キュー橋英語版1759年)、バタシー橋英語版1773年)、リッチモンド橋英語版1777年)などがこの時期に掛けられている。

この橋は、ウェスト・エンドから南ロンドン英語版やサウス・コースト港へ向かう交通の手段として、必要とされていたものだった。この橋が無ければ、ウェスト・エンドからの運送は、混雑したストランド街やニュー・オックスフォード街などを通って、ロンドン橋に向かわなくてはならなかった。川の南側の道も同時に発展し、その中にはサザークエレファント・アンド・キャッスル英語版の交差点なども含まれていた。

19世紀中程までには、橋はひどく傷んでしまい、維持費も高額になっていた。現在の橋はトーマス・ペイジ英語版が設計し、1862年5月24日に開通したものである[3][4]。長さ250m・幅26mで[4]、7つのアーチと細かな鉄細工が特徴のこの橋は、ウェストミンスター宮殿の設計者でもあったチャールズ・バリー英語版によってゴシック風細工が施されている。現在では、セントラル・ロンドンを流れるテムズ川に掛かる最も古い橋となっている。

2017年3月22日には、この橋の上で暴走した車が通行人をはね、運転していた男性が国会議事堂の敷地に侵入して40人余りを死傷させるテロ事件が発生した[5][6][7][8]

ギャラリー[編集]

ポップ・カルチャーでの利用[編集]

橋の夜景。周囲には国会議事堂やロンドン・アイなどの名所がある
橋の上にいるストリート・アーティストとロンドン・アイ

2002年英国で制作されたホラー映画28日後...』では、昏睡状態から目覚めた主人公がロンドンの荒廃に気付き、不気味なほど人気の無いウェストミンスター橋を、生存者がいないか探しながらさまよい歩くシーンがある[10][11]

ロンドンで開かれる歴史あるランニング・レース、ブリッジズ・ハンディキャップ・レース英語版では、この橋がスタート・ゴール地点になる[12]

ウィリアム・ワーズワースは、ソネット "Composed upon Westminster Bridge, September 3, 1802" (enに、この橋を詠んでいる[13]

BBCで放送されているSF・テレビシリーズ『ドクター・フー』には、この橋が何度も登場している[14]。初登場は1964年に放送されたエピソード10 "The Dalek Invasion of Earth" (enであり、荒廃した橋が劇中に登場する[14]。劇中でダーレクたちは、橋や隣接するアルバート・エンバンクメント英語版を滑り進む[注 4]。このエピソードから、2005年の『ラジオ・タイムズ』誌の表紙には、ウェストミンスター橋を疾走するダーレクがあしらわれた[16]。2005年に放送された復活シリーズ初回の『マネキン・ウォーズ』 (Rose (Doctor Who)では、9代目ドクター(演:クリストファー・エクルストン)とコンパニオンローズ・タイラー(演:ビリー・パイパー)がこの橋を走り抜ける[17]2006年に放送された『嵐の到来』 (Army of Ghostsでは、多くのサイバーマンが橋に集結し10代目ドクター(演:デイヴィッド・テナント)の前に姿を見せる。また同シリーズの『サイバーマン襲来』 (Rise of the Cybermenにも橋が登場しているほか[14][18]、このシーズンのサウンドトラック (enにも橋と同名のトラックが存在する[19]2013年に放送されたエピソード『セントジョンの鐘』 (The Bells of Saint Johnでは、11代目ドクター(演:マット・スミス)とクララ・オズワルド(演:ジェナ・コールマン)が反重力バイクで橋を駆け抜ける[20]ピーター・カパルディ12代目ドクターを演じる第8シリーズにも橋が登場しているが、これは作品の撮影が主に行われているカーディフにセットを組んだものである[21]

ウェストミンスター橋は、『空飛ぶモンティ・パイソン』でも用いられた。第4シリーズ第4話(通算第43話)の『ハムレット』で演じられるスケッチ、『ネイション・ワイド』に橋が登場する[22]。これは、当時BBCで放送されていた時事番組『ネイションワイド英語版』のパロディである[22]。リポーターのジョン・ダル(演:グレアム・チャップマン)は橋の上に送り込まれ、「椅子に座ったまま、何分間脚を休めていられるか」調査する。調査中のダルの元へ、マイケル・ペイリン演じる警官が現れ、椅子を没収して、道向かいにいる女性(女装したテリー・ジョーンズ)から盗んだものだろうと難癖を付ける。その後警官は、道を渡り女性の持っていた椅子を奪ってリポーターの横に座り、手近な通行人から弁当など様々なものを公然と盗み取るというスケッチである。

2000年の映画『102』では、クルエラ・ド・ヴィルビッグ・ベンの鐘を聞いて元の悪女に戻ってしまうシーンがあり、彼女は橋の上で白地に黒い斑点の入ったもの(ダルメシアンの模様である)をいくつも見ることとなる[23]

映画『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』の最終シーンでは、ジェシー(演:マーガリート・モロー英語版)と吸血鬼レスタト(演:スチュアート・タウンゼント)が、ビッグ・ベンに向かって橋を渡るシーンがある。

ジェームズ・ボンドシリーズ第24作の映画『007 スペクター』(2015年)では、ブロフェルド操縦するヘリコプターがこの橋に墜落し、彼はこの橋の上で確保される[24][25]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ランベスは同名の区・ランベス区の中心地区である。
  2. ^ : Huntley Ferry
  3. ^ 意味は『貴族院・庶民院の炎上』。
  4. ^ "enbankment" はもと「堤防」の意味だが、テムズ川沿いの道路を指す固有名詞としても用いられる[15]。他にもヴィクトリア・エンバンクメント、チェルシー・エンバンクメントなどが存在する[15]

出典[編集]

  1. ^ Becky Jones,Clare Lewis (2012). The Bumper Book of London: Everything You Need to Know About London and More.... Frances Lincoln. p. 127. ISBN 978 1 781011 03 4. 
  2. ^ Images of England — イングランド建築物データベース (204781) accessed 27 November 2008
  3. ^ John Eade. “Where Thames Smooth Waters Glide”. Thames.me.uk. 2011年11月28日閲覧。
  4. ^ a b Thames Tideway Tunnel (September 2013 2013). “Tunnel and Bridge Assessments: Central Zone: Westminster Bridge (PDF)”. Thames Water Utilities. pp. 4-5. 2015年5月13日閲覧。
  5. ^ 英議事堂の外で襲撃、容疑者含め4人死亡 少なくとも20人負傷”. BBC (2017年3月23日). 2017年3月23日閲覧。(日本語)
  6. ^ London attack: Two killed in Westminster 'terror' incident”. BBC (2017年3月22日). 2017年3月23日閲覧。(英語)
  7. ^ “英国会近くで襲撃、4人死亡40人負傷 イスラム主義者のテロか”. Yahoo!ニュース (AFP時事通信). (2017年3月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000000-jij_afp-int 2017年3月23日閲覧。 
  8. ^ Vikram Dodd, Ewen MacAskill, Jamie Grierson and Heather Stewart (2017年3月22日). “Parliament attack: police officer among five dead in 'sick and depraved' incident”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/parliament-attack-police-officer-four-dead-westminster 2017年3月23日閲覧。 
  9. ^ 荒川裕子 『もっと知りたいターナー 生涯と作品』 東京美術2017年、48頁。ISBN 978-4-8087-1094-1
  10. ^ 28 Days Later (1/5) Movie CLIP - Vacant London (2002) HD - Movieclips - YouTube
  11. ^ 28 Days Later film locations”. THE WORLDWIDE GUIDE TO MOVIE LOCATIONS. 2016年8月31日閲覧。
  12. ^ route”. Bridges Race Home Page. 2016年8月31日閲覧。
  13. ^ wikisource:en:Composed Upon Westminster Bridge(英語)
  14. ^ a b c Fraser McAlpine (2015年1月). “9 Times Big Ben Appears in ‘Doctor Who’”. Anglophenia. BBC America. 2016年8月31日閲覧。
  15. ^ a b 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “embankment”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  16. ^ 2005年4月30日 - 5月6日号の表紙:en:File:Radio Times Vote Dalek cover.jpg
  17. ^ Andrew Cartmel (2005), Through Time: An Unauthorised and Unofficial History of Doctor Who, New York・London: continuum, p. 194, ISBN 0-8264-1734-5, https://books.google.co.jp/books?id=9yzLe5TiYJsC&pg=PA194&lpg=PA194&dq=rose+doctor+who+westminster+bridge&source=bl&ots=pbCwNHDtQj&sig=Y1A-_44DzEConthF4S2wqMm8-bc&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj-x-qkkOvOAhVBQ5QKHTAaBvEQ6AEIWzAL#v=onepage&q=rose%20doctor%20who%20westminster%20bridge&f=false 2016年8月31日閲覧。 
  18. ^ A Parallel London - The Rise of the Cybermen - Doctor Who - BBC - YouTube(『DOCTOR WHO』公式アカウント)
  19. ^ Doctor Who - Westminster Bridge”. Amazon.com. 2016年8月31日閲覧。
  20. ^ The Doctor Who Team (2013年3月1日). “Doctor Who to Return with 'The Bells of Saint John' - First Official Picture!”. Doctor Who (BBC). http://www.bbc.co.uk/blogs/doctorwho/entries/e5b94b81-6d01-37a9-b963-7e5c9bb4df3d 2016年8月31日閲覧。 
  21. ^ Westminster Bridge is recreated in Cardiff… - Series 8, Deep Breath Sets”. Doctor Who. BBC One. 2016年8月31日閲覧。
  22. ^ a b 須田泰成 『モンティ・パイソン大全』 (初版) 洋泉社〈映画秘宝Collection7〉、1999年2月8日、288 - 289頁。ISBN 4-89691-362-0NCID BA40767159全国書誌番号:99063597 
  23. ^ 102 Dalmatians film locations”. THE WORLDWIDE GUIDE TO MOVIE LOCATIONS. 2016年8月31日閲覧。
  24. ^ Simon Keegan (2015年5月24日). “SPECTRE attacks Big Ben as James Bond returns to do battle with old enemy”. デイリー・ミラー. http://www.mirror.co.uk/tv/tv-news/spectre-attacks-big-ben-james-5752224 2016年8月31日閲覧。 
  25. ^ Kate Thomas (2015年5月25日). “Bond is back in town! Daniel Craig wields a gun as he shoots London-based scenes for new 007 flick Spectre”. mail online. デイリー・メール. 2016年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]