ウォータールー橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Waterloo Bridge
Waterloo Bridge, River Thames, London, England, Nov04.jpg
基本情報
イギリスの旗 イギリス
所在地 ロンドン
交差物件 テムズ川
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

ウォータールー橋 (ウォータールーばし、Waterloo Bridge) は、イギリステムズ川に架かる橋である。

歴史[編集]

ジョン・レニー (John Rennie) の設計の下、1811年に着工した[1]。完成間近の1815年には、ロンドンを訪れたアントニオ・カノーヴァが「世界で最も高貴な橋」と評している[2]。開通以前は「ストランド橋」 (Strand Bridge) と呼ばれていたが、1817年に開通した際、1815年のワーテルローの戦いでの勝利にちなんで「ウォータールー橋」へと改名された[3]

1934年より、この橋の解体が進められた[1]。1937年、ジャイルズ・ギルバート・スコット卿 (Sir Giles Gilbert Scott) の設計の下、新たな橋の建設が始まった[1]。1939年の第二次世界大戦開戦時点で、かなりの部分が完成していたが、約500人いた男性作業員は1941年には約50人に減少しており、1940年から1941年にかけての爆撃により、工事は遅滞した[1]。1942年、2車線が開通した[1]。その後、橋は完成し、1945年に開通記念式典が催された[1]

女性たちの貢献[編集]

第二次世界大戦の最中、この橋の建設作業に数多くの女性が加わった[4]。女性たちが橋の建設において重要な役割を果たしたことは長い間、見過ごされてきたが、2015年、その貢献が公式に認められた[4]。現在では「レディース・ブリッジ」 (Ladies Bridge) の名でも知られている[5]

関連する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Waterloo Bridge”. ヒストリック・イングランド. 2016年8月25日閲覧。
  2. ^ Stamp, Gavin (2015年2月20日). “Why London doesn’t need the Garden Bridge”. Apollo. 2016年8月25日閲覧。
  3. ^ Hartston, William (2015年6月18日). “Top 10 facts about Waterloo”. Daily Express. 2016年8月25日閲覧。
  4. ^ a b McCrum, Kirstie (2015年6月23日). “Women who built 'Ladies Bridge' to keep Britain going during WWII finally given recognition”. Mirror. 2016年8月25日閲覧。
  5. ^ Roberts, Yvonne (2015年2月15日). “The forgotten women who helped build Waterloo Bridge”. The Guardian. 2016年8月25日閲覧。
  6. ^ ウォータールー橋、ロンドン”. 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館. 2018年5月27日閲覧。

関連項目[編集]