リバプール・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Liverpool Street
リバプール・ストリート駅
Liverpool Street Station Concourse, London, UK - Diliff.jpg
駅中央広場
Liverpool Streetの位置(セントラル・ロンドン内)
Liverpool Street
Liverpool Street
セントラル・ロンドンの地図上でのLiverpool Streetの位置
所在地 ビショップスゲート
行政区 シティ・オブ・ロンドン
運営 ネットワーク・レール
駅コード LST
ホーム数 18
バリアフリー 対応 [1]
ゾーン 1
改札外乗換 バンク駅・モニュメント駅 ロンドン地下鉄 ドックランズ・ライト・レイルウェイ
フェンチャーチ・ストリート駅 Transport in London [2]
NR年間乗降員数
2008–09 減少 56.198 百万人[3]
2009–10 減少 51.596 百万人[3]
2010–11 増加 55.769 百万人[3]
2011–12 増加 57.106 百万人[3]
2012–13 増加 58.449 百万人[3]
2013–14 増加 63.004 百万人[3]
— 乗換 2.912 百万人[3]
鉄道会社
開設時の所属会社 グレート・イースタン鉄道
グループ化 ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道
歴史
1874 (1874) Opened
その他
外部リンク
WGS84 北緯51度31分07秒 西経0度04分53秒 / 北緯51.5186度 西経0.0813度 / 51.5186; -0.0813座標: 北緯51度31分07秒 西経0度04分53秒 / 北緯51.5186度 西経0.0813度 / 51.5186; -0.0813
テンプレートを表示

リバプール・ストリート駅 (Liverpool Street station、または London Liverpool Street) は、イギリス都心部、金融街で有名なシティ・オブ・ロンドン(シティ)の北東に位置するターミナル駅である。

ビショップスゲート (Bishopsgate) 及びリバプールストリートの入口にある。この駅の西側にある小規模なショッピング・モールはブロードゲートサークル (Broadgate Circle) に繋がっている。ここはネットワークレール (Network Rail) によって運営されている17の鉄道駅のうちの1つである。この駅の運賃区分はトラベルカード (Travelcard) ゾーン1に含まれる。

歴史[編集]

リバプールストリート駅での雰囲気に富む張壁

この駅はグレート・イースタン鉄道 (Great Eastern Railway) によって1874年に開業した。ここは同社の主任技士エドワード・ウィルソン (Edward Wilson)によって設計され、元々王立ベスレム病院が建っていた場所に建設された。

この駅は第一次世界大戦中に、ドイツ空軍 Gotha bomber 航空機による攻撃をロンドンの中で最初に受けた場所である。1917年5月の空襲では1,000ポンド爆弾により162人が死亡した。

路線[編集]

駅のコンコースの一部
トレイン・シェッド内の急行 GNER 90型機関車の前景

リバプールストリートはロンドン・スタンステッド空港ケンブリッジローストフトグレート・ヤーマスノリッチイプスウィッチチェルムズフォードコルチェスターブレイントゥリー (Braintree)、及びハリッジ港を含む東部イギリス、同じように北東の多くの郊外の駅への運行を行っている。ここはロンドンの中でも繁栄しているコミューター駅の1つである。ハリッジ (Harwich) へのデイリー急行列車はハリッジから Hoek van Holland へのフェリーに接続している。リバプールストリートからの列車はリヴァプールへ運行を行っていない。

ロンドン地下鉄駅[編集]

Underground station[編集]

Liverpool Street
Liverpool Street Underground concourse entr.JPG
中央広場入口
所在地 Liverpool Street
行政区 シティ・オブ・ロンドン
運営 ロンドン地下鉄
ホーム数 4
バリアフリー 対応 (東広場のみ)[4]
ゾーン 1
駐輪場 あり
歴史
1875/2/1 本線開業
1875/7/12 ビショップスゲート駅として開業
190911/1 リバプール・ストリート駅に改名
1912/7/28 セントラル線終着駅対応
1946/12/4 セントラル線拡張
テンプレートを表示

ロンドン地下鉄駅の接続はサークル線メトロポリタン線ハマースミス&シティー線上に sub-surface プラットホーム (1875年に開業) を設けている。3路線共通の西側の駅はムーアゲート駅であり、東側の駅はサークル線及びメトロポリタン線アルドゲイト駅である。ハマースミス&シティー線の次の駅はアルドゲイト・イースト駅 (Aldgate East) である。

隣の駅[編集]

現在[編集]

ナショナル・レール
ナショナル・エクスプレス・イースト・アングリア
グレート・イースタン本線
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
ロンドン - クラクトン=オン=シー/ウォルトン=オン=ザ=ネイズ
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
シェンフィールド・メトロ
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
ロンドン - ブレントリー
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
ロンドン - サウスエンド/サウスミンスター
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
ロンドン - ローストフト
リバプール・ストリート駅 - シェンフィールド駅
ウェスト・アングリア本線
リバプール・ストリート駅 - トッテナム・ヘイル駅
リー・ヴァリー・ラインズ
リバプール・ストリート駅 - ベスナル・グリーン駅
スタンステッド・エクスプレス
リバプール・ストリート駅 - トッテナム・ヘイル駅
c2c
リバプール・ストリート - バーキング
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
Dutchflyer
ロンドン - アムステルダム
リバプール・ストリート駅 - ストラトフォード駅
ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
セントラル線
バンク駅 - リバプール・ストリート駅 - ベスナル・グリーン駅
サークル線
ムーアゲート駅 - リバプール・ストリート駅 - アルドゲイト駅
ハマースミス&シティー線
ムーアゲート駅 - リバプール・ストリート駅 - アルドゲイト駅
メトロポリタン線
ムーアゲート駅 - リバプール・ストリート駅 - アルドゲイト駅

将来[編集]

クロスレイル
クロスレイル
クロスレイル1
ファリンドン駅 - リヴァプール・ストリート駅 - ホワイトチャペル駅

ホームの配置[編集]

ロンドン地下鉄[編集]

サークル線、ハマースミス&シティー線、メトロポリタン線[編集]

相対式ホーム
1番線ホーム(外回りのホーム)

サークル線 ハマースミス方面
ハマースミス&シティー線 ハマースミス方面
メトロポリタン線 アルドゲイト方面


サークル線 エッジウェア・ロード方面
ハマースミス&シティー線 バーキング方面
メトロポリタン線 アックスブリッジアマーシャムチェシャムまたはワトフォード方面

2番線ホーム(内回りのホーム)
相対式ホーム


セントラル線[編集]

セントラル線 エッピングハイノールトまたはハイノールト経由ウッドフォード方面

4番線ホーム(東方面)
島式ホーム
5番線ホーム(西方面)

セントラル線 イーリング・ブロードウェイまたはウェスト・ルイスリップ方面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ Template:Citation step free south east rail
  2. ^ Out of Station Interchanges (Microsoft Excel)”. ロンドン交通局 (2011年5月). 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Station usage estimates”. Rail statistics. Office of Rail Regulation. 2015年3月31日閲覧。 注記:統計手法は年により異なる場合がある。
  4. ^ "Step free Tube Guide" (PDF). Transport for London. Archived (PDF) from the original on 3 June 2015. 
  5. ^ Liverpool Street Underground Station”. Transport for London. 2016年8月25日閲覧。