女と男 聞けば聞くほど…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女と男 聞けば聞くほど…
ジャンル トーク番組
出演者 中村メイコ
三波豊和
(~1987年9月)
笑福亭鶴瓶
酒井ゆきえ
(1987年10月~)
オープニング 森田公一
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1987年4月4日 - 1996年3月30日
放送時間土曜日 10:30 - 11:30
放送分60分
テンプレートを表示

女と男 聞けば聞くほど…(おんなとおとこ きけばきくほど)は、1987年4月4日から1996年3月30日までTBSほかで放送されたトーク番組である[1]。放送時間は毎週土曜日 10:30 - 11:30 (JST) 。

概要[編集]

毎回男女1人ずつゲストが登場し、男女2人のMCと様々なトークで盛り上がっていた。

MCは開始から1987年9月までの半年が中村メイコ三波豊和。1987年10月放送分からは東京に本格進出したばかりの笑福亭鶴瓶とフリーアナウンサーの酒井ゆきえに交代し、最終回までこの2人が担当した。

出場するゲストはタレントから文化人まで様々で、テレビへの出演経験が少ない人がゲストの回もあった。

  • 番組内では常設品として、針すなおによる鶴瓶と酒井の似顔絵が描かれたマグカップが置かれていた。
  • 滅多にトーク番組に出演しないプロレスラーの天龍源一郎も出演した(女性は丘みつ子)。
  • この番組にはイトーヨーカドーが協力(番組提供ではない)しており、タイアップとして南関東各地のイトーヨーカドー店舗で収録を行うことが多かった[2]
  • 途中から番組後半に2分程度のコーナー「暮らしのヒント」が開始された。これはパーティシペーション(PT、番組内スポット)扱いの枠とされ、TBSではイトーヨーカドーのCM代替枠(ワイドショー番組で見られる「生コマーシャル」と同じようなもの)としてコーナー冒頭にイトーヨーカドーのロゴも表示された(ローカルスーパーとしてTBSでのみ表示)。
  • 途中から、エンディング(次回予告の最後)で鶴瓶の「次回も」に続いて、観客全員で「お楽しみに〜」とコールして番組は終了していた。
  • テーマソングは森田公一が担当した。
  • 当番組はテレビユー福島ほか一部のJNN系列でも同時ネットで放送されていたが、鶴瓶の地元である毎日放送ではネットされなかった。ただし、関西では同時期に放送していた「ざこば・鶴瓶らくごのご」(朝日放送)で鶴瓶と酒井が共演していた。

番組は情報番組『王様のブランチ』立ち上げに伴う土曜午前・午後の番組再編で1996年3月に終了。9年間の放送にピリオドを打った。9年続き、関連本も出版されたことがある。

それから11年後の2007年4月、鶴瓶が番組ホストを務め、TBSの新作ドラマに出演する大物役者たちの素顔を引き出す単発のトークバラエティ番組『笑福亭鶴瓶のメインキャスト!』が放送され、2008年10月までに5回分制作された。そして『聞けば聞くほど…』の終了から13年が経過した2009年4月10日、『メインキャスト!』での実績を基に、TBS系列全国ネットの定時のトーク番組『A-Studio』が放送を開始した。

公開収録[編集]

番組は9年間一貫してハガキを募って一般客を募集し、金曜日の午前10時30分と午後1時30分の計2週分の公開収録を行っていた。以下は収録地の移り変わり。

司会[編集]

制作スタッフ[編集]

  • 技術P:佐藤満、浜田毅
  • TD/SW:山内光、中村秀夫
  • チーフカメラ:木村徹、青木葉吉樹、伊藤一成
  • 音声:藤井英樹、伊藤賢一
  • 照明:鈴木栄美子、塚田剛太郎、中台正昭
  • VE:水脇学、浅利敏夫
  • VTR:宮本茂
  • 美術:清水袈裟寿、高松浩則
  • 美術制作:佐藤隆男、中川広美
  • 装置:坂上好明
  • 生花:きたせんじゅマサヒロ
  • 選曲効果:サウンズ・アート→溝口博子、電波倶楽部
  • スタイリスト:矢野悦子
  • TK:岡田美恵子
  • 技術協力:千代田ビデオ
  • アシスタントディレクター:藤林卓郎、加藤庄治
  • アシスタントプロデューサー:沼田寛子
  • ディレクター:星野行延、笠原明彦、大江裕之、村松晃、宇田川真也
  • チーフディレクター:山田正
  • プロデューサー:川越博、笠原明彦→海野倫子
  • スーパーバイザー:松原史明
  • 制作協力:時空工房
  • 制作:政田一喜→伊藤勇
  • 製作著作:TBS

テーマ曲[編集]

  • 番組オープニングテーマ曲担当:森田公一
  • 番組エンディング曲:「明日めぐり逢い」歌:伊東ゆかり 作詞:松原史明 作曲:森田公一 発売元:アルファレコード (1994年8月31日発売)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『TBS50年史 資料編』東京放送、2002年1月、219頁。
  2. ^ ただし、イトーヨーカドー店舗以外の商業施設や文化ホールなどの公共施設、他には日比谷シャンテに当時TBSが持っていたサテライトスタジオや赤坂のTBSホールで収録を行ったこともある。
TBS 土曜日午前10時30分枠
前番組 番組名 次番組
土曜映画招待席
(10:00 - 11:35)
※12:00に移動
女と男 聞けば聞くほど…
王様のブランチ
(9:30 - 14:00)