大笑福亭鶴びん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大笑福亭鶴びん
ジャンル バラエティ番組
放送時間 木曜25:20~25:50(30分)
放送期間 1996年4月4日~9月25日(24回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 海本泰
プロデューサー 高橋啓志
出演者 笑福亭鶴瓶ほか
エンディング ジプシー・キングス「ジョビ・ジョバ」

特記事項:
1996年5月23日TBSビデオ問題に伴う深夜放送自粛のため休止。
テンプレートを表示

大笑福亭鶴びん(だいしょうふくていつるびん)とは、1996年の4月から9月にかけてTBSで放送されていた深夜のバラエティ番組である。全24回。番組の題字を書いたのは所ジョージで、番組のエンディングテーマはジプシー・キングスの『ジョビ・ジョバ(Djobi Djoba)』が採用されていた。

2007年10月からはTBSチャンネルでの再放送が行われ、全24回中22回分の放送が11年半ぶりに日の目を見た。

放送時間[編集]

本放送時

1996年4月4日(5日)開始、9月25日(26日)終了
毎週木曜日深夜25:20~25:50(金曜日午前1:20~1:50)

TBSチャンネルでの再放送

2007年10月2日開始、2008年4月2日終了
初回・・・毎週水曜夜22:30~23:00
2回目・・・1~3週間遅れの水曜日早朝5:30~6:00

内容[編集]

番組のオープニングで、次のようなメッセージが流れる。

  • 「この番組はお笑い界の大スター笑福亭鶴瓶がゴールデンタイムの新たなるヒット番組を生み出すために、原点に立ち戻り様々な番組形態に挑戦する実験バラエティーである…」

文字通り、鶴瓶と番組共演者(人間以外も含む)がゴールデンタイムでの放送を念頭に置いた様々なジャンルの企画に挑んでゆく。番組の最後には鶴瓶らが企画をやり終えた後に「総括」を述べる(番組初期)。また、番組の途中で鶴瓶の「いい人ぶり」を強調するようなミニコーナー『つるべ好感度向上委員会』が挿入されることもある。

企画のジャンル(番組では「Project file」と銘打っている)は10種類。クイズ・トーク・旅・ドキュメンタリー・子供・歌・ゲーム・料理・ニュース・スポーツが用意されていた。視聴者には放映した企画に対する感想や、新たな企画のアイデアなどを募集していた。

放送回数 サブタイトル・内容 放送日
第1回 ※サブタイトル不明
1996年当時鶴瓶とゆかりのあった芸能人たちが、鶴瓶の人となりについて語り合うものだった。
そのとき鶴瓶は別室にいて、芸能人たちの発言に対して時折反論することもあった。
番組のエンディングで、鶴瓶が着ていたGパンのボタンに手をかけているところが映し出され、
当時局アナだった渡辺真理が驚いた表情を見せていた。
1996年4月4日
2007年10月3日
第2回 街角の笑いの研究 1996年4月11日
2007年10月10日
第3回 ザ・対談
人間以外の「モノ」に鶴瓶が話しかける。
のちのTBS『ザ・イロモネア』シリーズの「モノボケ」にも通ずる企画。
1996年4月18日
2007年10月17日
第4回 童話クイズ!知ってるはずなのに 1996年4月25日
2007年10月24日
第5回 ザ・ベ~ストテン
鶴瓶がその週のチャートにランクインした歌を覚え、完璧に歌えるかどうかを見る。
当番組初めての生放送企画。
司会は松宮一彦(当時TBSアナウンサー)と斉藤陽子
1996年5月2日
2007年10月31日
第6回 BINドキュメント
前の週の企画『ザ・ベ~ストテン』のメイキングを『CBSドキュメント』風に紹介した。
1996年5月9日
2007年11月7日
第7回 料理を作ってあげまSHOW 1996年5月16日
2007年11月14日
第8回 でがわくんとあそぼ! 1996年5月30日
2007年11月21日
第9回 ジG-1グランプリ’96 1996年6月6日
2007年11月28日
第10回 BEY!BEY!BEY!MUSIC CHANP
フジテレビHEY!HEY!HEY!』のパロディ。司会はよゐこ
1996年6月13日
2007年12月5日
第11回 the room
大石恵の部屋
1996年6月20日
2007年12月12日
第12回
第13回
無名人ものまね 1996年6月27日、7月4日
2007年12月19日、2008年1月9日
第14回 意外者は誰だ 1996年7月11日
2008年1月16日
第15回 クイズ練り歩きin武蔵小山商店街
道行く人にインタビューを行い、その人に関する問題を相手に出して、
正解の数でどちらが勝つかを競う企画。鶴瓶の相手は高田純次
1996年7月18日
2008年1月23日
第16回 クイズどっちがホンモノ!?
司会は恵俊彰雨宮塔子(当時TBSアナウンサー)。
1996年8月1日
2008年1月30日
第17回 the room
篠原ともえの部屋
1996年8月8日
2008年2月6日
第18回 鶴瓶好感度アップ作戦は果たして効果があったのか!!
2度目の生放送。テレゴングをつかって特定のお笑い芸人と好感度を競わせる企画。
1996年8月15日
2008年2月13日
第19回 ドラマ『硝子のかけらたち』にみる鶴瓶のいい人伝説の崩壊
同時期に鶴瓶が出演していたドラマの共演者とのトーク。
のちのTBS『笑福亭鶴瓶のメインキャスト!』にも通ずる。
1996年8月22日
2008年2月27日
第20回 鶴瓶の娘をよろしく
結婚前の娘とその父が、婚約者を招いて対談をする企画。
1996年8月29日
2008年3月5日
第21回 クイズ天使と天才 1996年9月5日
2008年3月19日
第22回 スタンディングトーク
鶴瓶vs若手お笑い8人衆
1996年9月12日
2008年4月2日
第23回 総集編(スタジオでこれまでの企画を振り返る)前篇 1996年9月19日
※再放送なし
第24回
(最終回)
総集編(スタジオでこれまでの企画を振り返る)後篇 1996年9月26日
※再放送なし

出演者[編集]

ゲスト出演者[編集]

ほか

主な番組スタッフ[編集]