ザ・ラスベガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THEラスベガス
Former Yomiuri Telecasting Corporation Headquarters.JPG
番組の収録が行われていた読売テレビ旧社屋(現在は解体)
ジャンル ゲームバラエティ番組
企画 山田宏
河合泉
出演者 桂三枝
ギャンブラー2人
カードマン10人
エンディング 「宇宙へ行こうGO GO GO」
製作
プロデューサー 池田智
藤瀬昇
三村正俊
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1991年10月20日 - 1992年9月6日
放送時間 日曜 19:00 - 19:30
放送分 30分

THEラスベガス』(ザ・ラスベガス)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていたゲームバラエティ番組である。読売テレビ吉本興業の共同製作。日本テレビ系列局では1991年10月20日から1992年9月6日まで、毎週日曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に放送。

ルール[編集]

毎回2人のギャンブラー(ゲスト)を招いて行われていたチーム対抗戦形式の番組。ギャンブラーはそれぞれ5人のカードマン(解答者)とチームを組み、「言葉のポーカーゲーム」というポーカーをベースにしたゲームで競いあっていた。ディーラー(司会)は桂三枝(後の六代桂文枝)が務めていた。

ギャンブラーはそれぞれハートマークが入ったピンク色の席とクローバーマークが入った水色の席につき、20枚のチップを手にしてゲームスタート。ディーラーの三枝が出すお題に両チームのカードマンそれぞれがディスプレイにライトペンを使って答えを書いていき、同じ答えを書いたカードマンがチーム内にどれだけいたのかによって役が決まるという方式。役は「ワンペア」「ツーペア」「スリーカード」「フルハウス」「フォーカード」「ファイブカード」があった。答えが揃わなかった場合には役は無く、番組はそれを「ブタ」と呼称していた。ギャンブラーはチップを1問につき10枚まで賭けることができた。より強い役を出したチームが勝ちとなり、そのチームのギャンブラーは「自分の賭けチップ×役の倍率+自分の掛けチップ+相手の賭けチップ」を総取りできた。同じ役だった場合には「DRAW」となり、両チームのギャンブラーが賭けたチップは戻された。

解答は合わなければ青バックで表示され、解答が1組合うと赤、前の1組とは別の解答が合うと緑にバックの色が変化して、モニター周りの電飾が光る[要説明]。最後のシックスカード問題で、更に別な解答が合うと青バックのままではあるが、電飾が光る[要説明]

問題は全部で5問あり、第3問までは解答を変更しないノーマルの共通問題[要説明](第2問のみ全員一斉にオープン。他の問題は一人ずつオープン)。

第4問は「チェンジあり問題」で、それぞれのチームに違う穴埋め問題が出される(伏せてある2つの問題の中から選択し、問題は「○○ボールといえば何?」と「ポール○○といえば何?」と似たような言葉の穴埋め問題が出された)。ギャンブラーは答えを書き終わったカードマンの解答をチェックし、残しておきたい答えを解答席にあるホールドボタンを押して「HOLD」表示を出す(ジミー大西がHOLDを掛けられると「やったー」と喜ぶのが恒例であった)。次にHOLDのかからなかったカードマンの答えをオープン、ギャンブラーがチップを賭け、HOLDの掛けらなかったカードマンが答えを書き直し、HOLDの掛かかったのも含めてオープンする[要説明]

第5問「シックスカード問題」にはギャンブラーも答えを書いて参加(ギャンブラーはフリップにペンで答えを書く)。倍率もさらに倍になる。ただし、役はファイブカードまで。また、通常のポーカーには無い役になっても、6つの役のうちどれかとなる。例えば「○○△△××」ならワンペアかツーペア、「○○○×××」ならスリーカードかフルハウスになる。

最終的により多くチップを獲得したチームが勝者となり、そのチームのギャンブラーに1,000円×獲得チップの枚数分の賞金が贈られた。そして勝利チームはアメリカラスベガスの旅を賭けた「スロットマシーン」に挑戦。カードマンが1人につき1つずつ目押しでドラムを止めていき、3つの段のどこかに7が5つ揃えばチーム全員にラスベガスの旅が贈られた。また、ラスベガスの旅は視聴者プレゼントにもされ、応募者のいずれか1組に贈られた。

得点倍率[編集]

()内は前述のとおり、第5問では倍率が2倍になった。

  • ワンペア:1倍(2倍)
  • ツーペア:2倍(4倍)
  • スリーカード:3倍(6倍)
  • フルハウス:5倍(10倍)
  • フォーカード:7倍(14倍)
  • ファイブカード:10倍(20倍)

視聴者プレゼント[編集]

ラストのスロットマシーンの出目は、7以外にも「腕時計」や「ダイヤモンド」や「スキーセット」などの絵柄があり、同じ段に同じ絵柄の賞品が2つ以上揃えば出た目の数だけ視聴者プレゼントにされたが、ラスベガス旅行が出た場合には同じ絵柄があってもラスベガス旅行のみとなった。視聴者プレゼントが出なかった回では、三枝が「視聴者に7あげる訳にはいかんからなぁ…」と言って笑いを取っていた。

出演者[編集]

ディーラー[編集]

常連ギャンブラー[編集]

  • 所ジョージ - ラストのスロット終了後にレバーにひじを掛け、2度目の回転をさせてしまうハプニングを起こしたことがある。
  • 山田邦子

カードマン[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:山田宏、河合泉
  • 構成:大倉利晴
  • 問題ブレーン:石田章洋、松崎慎
  • TD:吉田勝美
  • SW:広瀬重雄
  • カメラ:湯沢満
  • VE:田中秀穂
  • 音声:飯塚明
  • 照明:金沢利徳
  • 美術制作:北林福夫
  • セットデザイン:金子隆
  • 大道具:西田裕一
  • 電飾:大木謙二
  • タイトルデザイン:CDC
  • VTR編集:宮森善治(クロステレビ
  • MA:田崎盛智(クロステレビ)
  • 音効:梅田堅(佳夢音
  • TK:吉条雅美
  • アシスタントプロデューサー:蔭山衣子、東條かおり
  • ディレクター:西敏也(BEE BRAIN)、鈴木雅視・川口淳子(4/Z)
  • プロデューサー:池田智(よみうりテレビ)、藤瀬昇(IMARME)、三村正俊(BEE BRAIN)
  • 協力:エース電研
  • 技術協力:八峯テレビ
  • 美術協力:フジアール
  • 制作協力:IMARME
  • 制作著作:よみうりテレビ、吉本興業

テーマ曲[編集]

読売テレビ製作・日本テレビ系列 日曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
シティーハンター'91
(1991年4月28日 - 1991年9月22日)
※第11話以降は10月10日にまとめて放送
THEラスベガス
(1991年10月20日 - 1992年9月6日)