桂三枝のにゅーすコロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂三枝のにゅーすコロンブス
ジャンル ワイドショーニュースバラエティ番組
放送時間 土曜 8:30 - 9:30(60分)
放送期間 1990年4月7日 - 1991年9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 桂三枝(現・六代桂文枝
光岡ディオン
蓮舫
大桃美代子
伊藤史隆
ほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

桂三枝のにゅーすコロンブス』(かつらさんし のにゅーすコロンブス)は、テレビ朝日系列局ほかで放送されたABCテレビ朝日放送)制作のワイドショーニュースバラエティ番組である。制作局の朝日放送(ABCテレビ)では、1990年4月7日から1991年9月28日まで、毎週土曜 8:30 - 9:30 (JST) に放送。

概要・エピソード[編集]

司会は桂三枝(現・六代桂文枝)、光岡ディオン、朝日放送アナウンサーの伊藤史隆などが担当した。女性司会者枠は後に蓮舫大桃美代子と2度の交代が行われた。

前番組『おはようワイド・土曜の朝に』および『土曜だエブリバディ!』がトーク中心のワイドショーだったため、本番組では報道エンターテインメント化したワイドショーをコンセプトに放送された。キーワードは「土曜の朝はニュースで遊ぼう!」。複雑で難解なニュースをクイズ形式で解かり易く解説することを特色とした。

『土曜だエブリバディ!』では出演者の都合上テレビ朝日六本木センター(東京)のスタジオから放送したが、本番組では再び朝日放送の本社スタジオ(大阪)からの放送となった。

本番組で人気となったコーナーに「ゴルビーへの道」というものがあった。このコーナーは、司会の三枝がゴルバチョフ旧・ソビエト連邦大統領に会い、両者の対談を実現させようとの趣旨で企画された。しかし、会うこともままならないままコーナー自体が消滅したものの、各マスコミでも大きな話題となった。

最終回の1991年9月28日の放送は、「スペシャル」として放送[1]された。

本番組の終了後、桂三枝(後の桂文枝)司会による朝日放送制作のテレビ朝日系列全国ネット番組は『新婚さんいらっしゃい!』のみとなり現在に至っている。

ネット局[編集]

系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 制作局
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟テレビ21 テレビ朝日系列
長野県 テレビ信州 テレビ朝日系列
日本テレビ系列
1991年3月まで
長野朝日放送 テレビ朝日系列 1991年4月開局から
静岡県 静岡けんみんテレビ 現:静岡朝日テレビ
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 名古屋テレビ テレビ朝日系列
広島県 広島ホームテレビ
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 テレビ朝日系列
高知県 高知放送 日本テレビ系列
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎文化放送 [2]
熊本県 熊本朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:1991年9月27日(金)付け東奥日報夕刊の青森放送テレビ欄の翌日のテレビ欄。(五所川原市立図書館で閲覧)
  2. ^ 本番組放送開始の6日前に開局。また同局の開局に伴い、長崎県では長崎放送における1980年9月の『おはようワイド・土曜の朝に』の途中打ち切り以来およそ10年ぶりに土曜朝のワイドショー枠の放送が再開された。


ABC制作・テレビ朝日系列 土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
土曜だエブリバディ!
(1989年4月 - 1990年3月)
桂三枝のにゅーすコロンブス
(1990年4月 - 1991年9月)
海江田万里のパワフルサタデー
(1991年10月 - 1993年3月)