須田哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すだ てつお
須田 哲夫
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都品川区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1948-01-16) 1948年1月16日(71歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部
所属事務所 クローバーカンパニー
職歴フジテレビジョン1971年4月 - 2019年3月31日)
活動期間 1971年4月 - 現在
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演経歴3時のあなた
おはよう!ナイスデイ
FNNスピーク
FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島
FNNスーパーニュース
新報道2001

須田 哲夫(すだ てつお、1948年1月16日 - )は、日本フリーアナウンサー

フジテレビアナウンサー報道局解説委員。クローバーカンパニー所属。

来歴[編集]

東京都品川区の出身で、実父は警察署長を歴任。幼少期には、児童劇団所属の子役俳優として、ドラマ黒柳徹子の弟役を演じるなど活躍した。劇団時代の先輩に毒蝮三太夫がいる。

子役としての活動を終えた後に、東京都立雪谷高等学校から慶應義塾大学法学部へ進学。大学卒業後の1971年4月1日付で、フジテレビにアナウンサーとして入社した。同期のアナウンサーは大川和彦石毛恭子岩崎真純三上彩子で、アナウンサー以外の同期局員に沢雄二(前公明党参議院議員)や豊田皓(同社元社長・副会長)がいる。

フジテレビへの入社後は、報道・情報・バラエティ番組を幅広く担当。1995年4月から1999年9月までニューヨーク支局へ赴任した後に、アナウンス室専任部長、ゼネラルアナウンサーを経て、2007年から役員待遇エグゼクティブアナウンサーに昇進。定年が2年延長され、契約満了となった2010年2月以降も、同局との嘱託契約でアナウンサー業務を続けていた。2011年4月からは報道局解説委員を兼務。

現役のアナウンサーとしてはフジテレビに最も長く在籍していたが、勤続47年目を終えた2019年3月31日にフジテレビを退職[1]。退職後は、フリーアナウンサーとしてクローバーカンパニーに所属している。

特技は、ゴルフ水泳蕎麦打ち。フジテレビのアナウンサー・解説委員時代に出演していた『新報道2001』の終了(2018年4月1日)を機に、趣味にも精を出すことをSNSで明言している[2]

エピソード[編集]

出演番組[編集]

フジテレビアナウンサー時代の出演番組[編集]

2008年9月26日までは全曜日に出演。同年9月29日より出演曜日を月・火曜に縮小。

著書[編集]

  • 『とっておきのニューヨーク―もうひとつの素顔が見えてくる』(光文社、1998.7)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “フジの“良心”須田哲夫アナ・現役最年長 今月いっぱいで卒業”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/entertainments/news/190329/ent1903290002-n1.html 
  2. ^ “フジ「新報道2001」終了…須田哲夫キャスター、最終回でサーフィンに初挑戦「勇気がわいてきました」”. スポーツ報知. (2018年4月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180401-OHT1T50085.html 2018年6月3日閲覧。 
  3. ^ なお、これ以降も須田のフジテレビ時代の後輩・部下だった堺正幸が同局開局10周年のメッセージを送ったり、同じく後輩・部下だった牧原俊幸がmit Live News(2019年8月12日、13日、本来のメインキャスターである高橋裕二の夏季休暇に伴う)で代役キャスターとして登場したりなど、堺、牧原も須田と同じくめんこいテレビとの一定のつながりがある。また、同じく後輩・部下だった松尾紀子の義父(伊藤清司)もめんこいテレビの放送エリアである岩手県出身にあたる。

外部リンク[編集]