須田哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すだ てつお
須田 哲夫
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都品川区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1948-01-16) 1948年1月16日(70歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部
部署 アナウンス室→ニューヨーク支局→アナウンス室
職歴 フジテレビジョン1971年4月 - 2018年3月)
活動期間 1971年4月 - 現在
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者
家族 妻と長女、次女
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
過去3時のあなた
おはよう!ナイスデイ
FNNスピーク
FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島
FNNスーパーニュース
新報道2001

須田 哲夫すだ てつお1948年1月16日 - )は、元フジテレビ嘱託契約アナウンサー報道局解説委員

来歴[編集]

東京都品川区出身。幼少時代は児童劇団に所属し、ドラマ黒柳徹子の弟役を演じるなど子役として活躍する。毒蝮三太夫は劇団時代の先輩。

東京都立雪谷高等学校慶應義塾大学法学部卒業後の1971年4月、フジテレビにアナウンサーとして入社。同期は大川和彦石毛恭子(『ママとあそぼう!ピンポンパン』お姉さん)、岩崎真純三上彩子、アナウンサー出身以外では沢雄二(前公明党参議院議員)、豊田皓(同社社長→副会長)。

入社後は報道番組や情報番組やバラエティを中心に担当し、1995年4月から1999年9月までの4年間、ニューヨーク支局に赴任。帰国後、アナウンス室専任部長、ゼネラルアナウンサーを経て2007年から役員待遇エグゼクティブアナウンサーになり現在に至る。フジテレビ所属のアナウンサーとしての勤続年数は最も長い(野間脩平が退職後の2003年11月から)。

2008年1月16日に60歳となり、同月31日付で定年を迎えたが同社役員待遇の特権である2年間の延長を行使、62歳を迎えた2010年2月からは嘱託契約でアナウンサー業務を継続。2011年4月からは報道局解説委員を兼務。

2018年4月1日、『新報道2001』終了を以てフジテレビとの嘱託契約が満了となり、退職。47年間に及ぶアナウンサー生活に終止符を打った。退職後は趣味にも精を出す事をSNS等で明言している[1]。特技はゴルフ水泳蕎麦打ち。

エピソード[編集]

  • 父親は警察署長まで進んだ警察官(ABCラジオ桑原征平粋も甘いも』2013年10月24日放送分「征平の、コレが来まっせ、来てまっせ」にて、桑原征平談)。
  • 1984年ロス疑惑報道の際には、三浦和義を批判する報道・発言を繰り返し、後に三浦に名指しで非難された。
  • 臓器売買で有名だったサラ金杉山治夫に、ミッキー安川と共に取材を挑んだ時には杉山に「金が欲しいのか! 金が欲しいのだろ!」と札束を投げられたり、戸塚ヨットスクールに体験入学をして取材を挑んだこともあった。
  • 1978年、石原裕次郎舌がんで入院時、須田が慶應の後輩である縁もあり、マスコミで唯一フジテレビ取材班が、病室での裕次郎へのインタビューを許されている。(2018年4月「新報道2001」最終回より)
  • 1991年3月31日、翌日に開局を控えサービス放送中の岩手めんこいテレビで放送された開局記念特別番組「花のザ・めんこい祭」の司会を務めた。フジテレビ側からは他に木幡美子がヘリ中継で参加している。

出演番組[編集]

2008年9月26日までは全曜日に出演。同年9月29日より出演曜日を月・火曜に縮小。

著書[編集]

  • 『とっておきのニューヨーク―もうひとつの素顔が見えてくる』(光文社、1998.7)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “フジ「新報道2001」終了…須田哲夫キャスター、最終回でサーフィンに初挑戦「勇気がわいてきました」”. スポーツ報知. (2018年4月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180401-OHT1T50085.html 2018年6月3日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 安藤優子(『スーパーニュース』で長く共演)
  • 木村太郎(『スーパーニュース』で長く共演)

外部リンク[編集]