ホテルニュージャパン火災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホテルニュージャパン火災
Hotel-New-Japan (1993).jpg
火災後の跡地(1993年撮影)
1996年に解体されるまで放置されていた
現場 東京都千代田区永田町2丁目13番8号
北緯35度40分32.9秒
東経139度44分19.3秒
座標: 北緯35度40分32.9秒 東経139度44分19.3秒
発生日 1982年(昭和57年)2月8日
3時24分
類焼面積 4186 m2
原因 宿泊客の寝たばこの不始末
死者 33人
負傷者 34人

ホテルニュージャパン火災(ホテルニュージャパンかさい)は、1982年昭和57年)2月8日未明に東京都千代田区永田町2丁目のホテルニュージャパン(株式会社ホテルニュージャパン経営、地下2階、地上10階建、延床面積4万6,697平方メートル)で起こったホテル火災である。火災は出火から約9時間に渡って燃え続け、7階から10階(塔屋の一部を含む)の範囲の 4,186平方メートルを焼損し、同日昼過ぎに鎮火した。死者33人、負傷者34人を出す惨事となった。同ホテルの経営者である代表取締役社長が杜撰な防火管理体制の下に経営をおこない、防火および消火設備の維持管理、従業員に対する指導を怠り、注意義務に違反して被害を拡大させたとして刑事責任を問われ、業務上過失致死傷罪で禁固3年の実刑判決を受けた。

概要[編集]

火災は、1982年昭和57年)2月8日の午前3時24分に発生。そして主に火元の9階と10階を中心に同日12時半過ぎまで9時間に渡って燃え続けた。は7階にまで達しており、延焼面積は約4,200平方メートルに達した。ホテルの宿泊客を中心に死者33名(台湾人12名(うち一人は妊婦)、日本人11名、韓国人8名、アメリカ人(日系アメリカ人)1名、イギリス人1名[1])・負傷者34名を出す大惨事となった。東京消防庁の調べでは、出火の原因は9階938号室に宿泊していたイギリス人の男性宿泊客[注 1]の酒に酔った寝タバコが原因であった。極初期のボヤで一度目が覚め、毛布で覆って完全に消火したつもりで再び寝入ってしまうが火は消えておらず覆った毛布に着火し部屋中に燃え広がったと見られる。消防に通報が入ったのは15分後の3時39分だが、この通報は通行人のタクシー運転手からのものであり、この間はホテルの従業員からの通報は誰もしていなかった。廊下での焼死など火災による死者が多かったが、有害ガスを含んだから逃れるためにから飛び降りて命を落とした人も13人いた。なお、9階と10階の生存者の中には火災で非常口から避難ができず、シーツロープ替わりにして窓から下の階へ避難した者や消防隊に救出された者もいた。

この火災では日本時間午前3時24分出火[2]、12時36分の鎮火まで、およそ9時間に渡って燃え続けた。

この日の宿泊客は442人。うち9階と10階に宿泊していたのは103人で、この多くは台湾韓国からのさっぽろ雪まつりツアー(61人)の宿泊者だった。

延焼範囲が広がった原因[編集]

利益第一主義と防災に対する無関心[編集]

ホテルニュージャパンは、度重なる消防当局からの指導にもかかわらず(しかし東京消防庁は「適」の合格点を与えていた[3])、経費削減を理由にスプリンクラー設備などの消防用設備を一切設置せず(スプリンクラー自体はあるが配管がつながっていなかったものもあった[4])、消防当局や専門業者による防火査察や設備定期点検も拒否し続けていた。同ホテルが開業した1960年当時の消防法では防火設備に乏しい建物でも営業に問題は無かったが、国内で発生したビル火災では史上最悪となる118人もの犠牲者を出した[注 2]1972年の「大阪千日デパート火災」を教訓に特定防火対象物においてはスプリンクラーや防火扉などの設置義務と不燃材による内装施工必須、さらには既存不適格の防火対象物に対する設置基準と技術基準の遡及適用の実施を盛り込んだ改正消防法が1974年に施行された。それから5年後の1979年に当時経営難で存続の危機に瀕していたホテルニュージャパンを買収し、同ホテルの社長兼オーナーへ就任した横井英樹は、改正消防法に基づくスプリンクラーや防火扉の設置や不燃材による内装施工を消防当局より命ぜられた旨の報告を部下から受けても経費削減を理由にそれらの安全や災害対策関連の予算執行を認めず、消火器を買い増す旨を指示しただけだった。さらに設備点検費や更新費の滞納により定期点検業者を撤退させた結果、館内の消防用設備の故障が長期間に亘って放置された。

刑事裁判の記録によれば「社長の横井英樹は消防当局より『当時のホテルニュージャパンは建物の老朽化が著しかったため、改正消防法に適合させるにはスプリンクラーや防火扉などの新設のみならず、館内の電気設備や給排水設備の全面改修も必要である』旨を知らされていた。しかし横井は、関係当局や部下からの進言、勧告、上申に対して聞く耳を一切持たずに無視し、専ら儲けと経費削減のみで安全対策への投資はしない方針を貫いていた」と書かれている。その一方で横井は、安全対策関連の経費削減とは裏腹に、宿泊客の増加に繋がりそうな事案には惜しみない投資をしていた。例えばロビーなど客の目にとまる部分を豪華な内装へ変更したり、高価な美術品を展示したりすることなどである。

保守管理されていなかった消防用設備[編集]

火災報知機や煙感知器も故障したまま修理されず放置されていた。館内非常ベルは手動式で、警備員または従業員が操作しない限り鳴らない仕組みだった。更にホテルの館内放送設備も壊れたまま手をつけず、その使用方法にも誤りがあった。火災覚知後に非常放送用テープを作動させようとしたが、再生装置の駆動ベルトが切れていて回転せず、放送用マイクもヒューズが切れていて使い物にならず、結局は非常放送ができなかった。さらに館内放送用の配線端子とケーブルも一部が接触不良の状態になっていた[5]

必要不可欠な設備を停止[編集]

通常は24時間常時稼働しているはずの全館加湿装置が電気代を節約する目的で横井の独断により止められ、暖房のみが稼働する状態になっていた。このため火災発生時のホテル内は湿度が極端に低く、静電気が発生するほどの異常な乾燥状態になっていた。その影響で延焼拡大が起こりやすくなっていた。

避難行動に不向きな内部構造[編集]

本件ホテルは、当初の計画では高級アパートとして建設する予定だったが、高度経済成長で急増する宿泊施設の需要に対応する目的で急遽「ホテル」へ用途を変更した。3本の中廊下を120度の角度でY字型に組み合わせ、廊下の先端で同様の構造を持つ別棟を組み合わせたフラクタルな構造になっており、どの部屋からも外の景色が見えるようにするためのデザインになっていた。住居の用途で使用する分には問題とならない構造であるが、不特定多数が利用する宿泊施設としては問題があった。初めて利用する宿泊客や外国人客には方向感覚が麻痺しやすく解りにくい特殊な構造であり、内部が迷路のような空間になることで火災発生時の避難行動に支障を生じさせる要因になった。さらに本件ホテルには非常口への誘導表示はあったものの、それらは役に立たなかった。延焼階には煙が充満し、停電も発生していたことから宿泊者が火災発生を覚知した時点で避難するには既に手遅れになっていた。視界は全く利かず、避難者は非常口を確認できなかった[注 3]

従業員の削減と経営者の横暴[編集]

1960年の開業当時のホテルニュージャパンには320人の従業員が在籍していた。しかし、同ホテルを買収して社長に就任した横井は、利益第一主義を掲げて安全対策費用も含めた経費削減を徹底させた。横井の独裁に耐えかねて離職者が続出したほか、横井も自分の意にそぐわない従業員を容赦なく解雇した。その一方で従業員の新規採用や欠員補充は一切行わなかったために火災発生当時の在籍従業員は134人にまで減少していた。火災発生当夜の当直従業員はわずか9人だった。そのため各従業員は、担当以外の業務を幾つも兼任しなければならず、一人あたりの仕事量が急増していた。こうした激務に対して従業員らは横井に対して上申や要望を出したが、ことごとく退けられた。自転車操業による給与の滞りも重なって従業員の士気は著しく低下し、防災訓練や館内防火設備の把握すらも、まともにできない状態になっていた。従業員らは、火災発生時にもしも小火程度で収まって大事に至らなかった場合は「無意味な騒ぎを起こした」と横井から叱責されるのを恐れ、非常事態においても社長の顔色を伺うような雰囲気に陥っていた。従業員らは、火災発生に際して緊急事態を大声で周囲に知らせず、通常の巡回時と同様に小声で各部屋を軽くノックする方法で客に火災発生を知らせていた。さらに横井は、日銭を増やすためにホテルの駐車場を有料化し、そこには受付業務担当の従業員は置かず、安全管理が本業の警備員に駐車場の受付もやらせた。さらには経費削減のため警備員の夜間定期巡回の廃止や人員の大幅削減にまで踏み切っていた。ホテル駐車場の料金収入は、館内防災設備の改善費用としては使われず、横井自身の懐に入るのみだった。[6]

防火教育の不足および初動対応の不手際[編集]

2月8日午前3時17分頃、フロントマンをしていた当直従業員Aが別の当直フロント担当Dと勤務を交替した。この時に当直勤務に就いていた従業員はAを含めてルームサービス係B、ページ係C、フロント係Dの計4人がいた。従業員Aは、仮眠を取るために9階の当直従業員用の仮眠室として使用している一般客室968号室へ向かった。9階に上がった従業員Aは、何やらきな臭さを感じたことからエレベーターホールに設置していた灰皿を確認したが異常はなかった。その直後にAは西棟中央ホール寄りの北側に位置する938号室から煙が噴出し、同客室ドア廊下側の上部に煙の層が出来ているのを発見した。従業員Aは、火災を発見した時の対応を知らなかったことから客室のドアを直接ノックして声掛けをしたり、宿泊客に対して大声で緊急事態を知らせたりするなどの行動を取らなかった。内線電話でフロントに連絡することも行わなかった。従業員Aは、煙を発見したときに当該客室のマスターキーを持っていなかったために一旦フロントへ戻った。従業員Aから火災発生の一報を受けた別の当直従業員BとCの2人は、Aと共に938号室のマスターキーを持って9階へ上がった。従業員Bが938号室の宿泊客に対してノックと声掛けをしたところ、客室内から英語で助けを求める声が聞こえたので、従業員Cはマスターキーを使ってドアを開けた。

一方、警備員らも内線電話による火災発生の緊急連絡をフロントから受けた。警備員Aは、仮眠していた4人を起こした。警備員Bに対してすぐ非常ベルを鳴らすよう命じた後、自身は9階の火災現場へ向かった。警備員Aは、一人での対応には不安を感じたため、他の警備員と一緒に対応しようと考え、宿泊客らに対して直ちに避難を呼びかけるなどの対応を取らなかった。警備員Aは、宿泊客らを部屋に残したまま警備室へ戻った。警備員Bは手動式非常ベルの操作方法を知らず、火災発生の緊急館内放送も行わなかった。

938号室のドアが開いたとき、客室内から全裸の外国人男性客がよろけながら出てきた。その時に当直従業員3人が938号室の内部を確認した時は、寝タバコによって発生したと推測される火がベッドの内部深くを燻焼したあと、表面へ燃え移る形で出火していた。ベッドからの出火は、その勢いを増し、天井や壁を這うように燃焼していた。従業員Bは同階中央ホールに設置されていた消火器を取りに行き、ただちに薬剤を噴射して消火を試みたところ、一時的にベッド表面の炎は収まったかに見えた。ところが十分に消火し切らないうちに薬剤が尽きてしまった。天井や壁の炎はまだ消えていなかった。従業員Bは直ぐに別の消火器を探しに行ったが9階では見付けられずに8階の中央ホールまで取りに出掛けていた。従業員Aは9階の消火栓を使用して消火を試みようとした。ところが消火栓の使い方が解らず、開閉バルブを開けることもできなかった。ベッドと室内全体は依然として高温状態であり、可燃性ガスも大量に充満していた。ベッド表面の炎が消えてから1分後、開け放たれていたドアの廊下側から客室内に大量の空気が流入したことで、一時的に消えていた炎が勢いよく再燃し始めた。その炎が廊下に激しく吹き出し、天井や壁、パイプシャフト、貫通部などを通じて隣の客室や廊下に延焼し、フラッシュオーバー現象を伴って瞬く間に上下階へ燃え広がっていった。消火器を持って9階へ戻ってきた従業員Bと従業員AとCの3人は、これ以上の消火活動は無理だと判断して従業員専用エレベーターで9階から4階へ避難した。従業員Aが煙を最初に発見してから本格的な火災に発展するまで、わずか10分程度の出来事だった。

フロントが受けた異常事態発生の内容が「938号室が火災」であると既に従業員らには覚知されていたので、火元の客室ドアをマスターキーで開ける段階で確認に同行していた他の従業員が消火器または屋内消火栓に繋がるホースなどの消火設備をあらかじめ用意していれば、迅速な初期消火ができたはずだった。だが実際には消火器を持ってきたタイミングは、938号室のドアを開けて火災発生を認めた後だったので、消火器や消火栓を使うための準備を一から始めるという無駄な時間が生じて初期消火が遅れた。故に、当直従業員が最初に938号室の異変に気づいてから最初の119番通報が行われるまで20分もの空白が生じてしまった。フロントで火災の一報を受け、火元である938号室のドアを最初に開けたタイミングで複数の消火器や消火栓を使用して徹底した初期消火をすべきだったが、実際に初期消火に使った消火器はわずか1本だけであり、初期消火が不徹底だったことで火災を小火程度で消し止める機会は失われた。最初に119番通報したのはホテル関係者ではなく、偶然ホテルニュージャパンの前を通り掛かり、火災を目撃した勤務中のタクシー運転手だった(2報目は議員宿舎関係者、ホテルは3報目)。こうした初動の不手際が重なり、初期消火に失敗したことで938号室で発生した火災は、その勢いを増していった。やがてホテル内で起きた火事を知らずに就寝中だった368人の宿泊客らは、猛火のホテル内に取り残される形となってしまった。館内緊急放送や非常ベル、煙感知器は故障していて一切作動せず、他の宿泊客は938号室に近い別の部屋に宿泊していた女性客が悲鳴を上げたことで初めて火災発生に気付いて避難を開始した。この間、従業員らによる組織的かつ適切な避難誘導は確認されなかった。そもそも従業員控室は、専用の部屋が用意されておらず、経費削減の一環から各階の客室を使用していたために一斉の緊急呼び出しができず、各従業員が待機する各客室へフロントから内線電話を掛けて呼び出す必要があったために非常招集に時間が掛かる状態だった。

客室内の防火対策の不備[編集]

客室内の内装にはベニヤ板に壁紙を貼った可燃材が使われていた。また防炎加工なしの化繊を用いた絨毯やカーテン、シーツ、毛布類も使われていたことから、延焼した際に可燃性の有毒ガスを多量に発生させた。それらの要因が重なったことでフラッシュオーバー現象による燃焼拡大の危険性を高めた。間仕切りや天井の一部、客室ドアが木製だったために客室単位で火災を抑え込むことができず、廊下や隣室に延焼を招いた。設備関係の配管用に壁やスラブに開けられた貫通孔(スリーブ)がきちんと埋め戻されていなかった。さらには客室間の間仕切り壁に用いられていたコンクリートブロックも継ぎ目に対してモルタルによる埋め戻しが不十分で所々に隙間があり、防火区画としての機能を有していなかった。以上のような防火管理の不備や施工上の欠陥が炎や煙の通り道を数多く生み、延焼の拡大を早める要因となった。

杜撰な防火管理および偽装工作[編集]

煙を感知すると自動的に閉まる仕組みの随時閉鎖型防火戸(防火扉)は、各階の廊下の適切な場所に設置されていたが、その大半は廊下に敷かれていた絨毯に阻まれて火災発生時に閉鎖せず、防火戸はその機能を果たさなかった。安全性を軽視した杜撰な経営によって防火戸が機能しなかったことにより、消防当局からは複合的要因が原因による火災であるとの調査結果が発表された。防火扉の不作動の問題の他にもスプリンクラー設備の配管が最初から設置されておらず、天井にスプリンクラーヘッド(散水孔)を単体で接着して、あたかもスプリンクラーが設置されているかのように偽装して消防当局を欺いていたことも明らかになった[注 4]。各客室の内壁はコンクリートブロックを積み重ねた構造になっていた。建築基準法施行令では適合した工法であったが、隙間を埋める防火処理が全く成されていなかった。その隙間から炎と煙が隣の部屋へ伝わり延焼する要因となった。そのことが原因により各部屋でフラッシュオーバー現象が発生したことも被害が拡大した要因であった。

消防の対応[編集]

東京消防庁では、3時39分入電の「タクシー運転手からの119番通報第一報」を受け、消防車など21台、救急車1台を出場させたが[注 5]、「上階が激しく延焼し、要救助者が多数発生している」という状況報告を受け矢継ぎ早に部隊を増強、午前4時2分には最高ランクの出場態勢である「火災第4出場」、さらに基本運用規程外の応援部隊を出場させる「増強特命出場」と、多数の負傷者に対応するための「救急特別第2出場」をあわせて発令。消防ポンプ車48台、はしご車12台、救助車8台、救急車22台、消防ヘリコプター2機を始めとする消防隊等123隊、消防職員627名、消防団員22名を投入。消防総監が現場に出向き「本部指揮隊車」(東京消防庁にだけある、指揮車の中で最も大きく重装備の車種)を使って出場全部隊を陣頭指揮するという、品川勝島倉庫爆発火災以来の、全庁を挙げての消火活動と救助活動を行い、特別救助隊やはしご隊を中心に逃げ遅れた宿泊客63名を救出した[注 6]

また、この火災が起きた翌朝に日本航空350便墜落事故が発生し、相次ぐ惨事に東京消防庁やマスコミ各社は対応に追われた。

火災後の顛末[編集]

本件ホテルの代表取締役社長である横井英樹は、火災発生現場に蝶ネクタイ姿で登場し、報道陣に対して拡声器で「本日は早朝よりお集まりいただきありがとうございます」「9階10階のみで火災を止められたのは不幸中の幸いでした」などと現場の状況を一切考慮しないような緊張感に欠ける不謹慎極まりない発言をしたことに加え、「悪いのは火元となった宿泊客」と責任を転嫁するかのようなコメントを発した。また横井は、火災当時に人命救助よりもホテル内の高級家具の運び出しを指示したとされる。その一方で同ホテルに保管されていた藤山愛一郎による中国近現代史料コレクション「藤山現代中國文庫」が焼失している。なお火災発生当時、警備室で対応にあたっていた警備員は、ホテル内にある家具類の搬出場所を指示した横井からの電話応対に追われていたため、いち早く現場に駆けつけて救助活動を始めようとしていた東京消防庁第11特別救助隊隊長(当時)の高野甲子雄より「9階に行く非常階段を教えて欲しい」と言われても「今、社長と電話中だ」と言ってすぐに返事をしなかった。業を煮やした高野は警備員の胸倉を掴みながら「客の命がかかっているんです。すぐに教えてください!」と一喝されて初めて事の重大さと差し迫った危機を察知し、非常階段の場所を高野らに教えた。横井や従業員らの不謹慎かつ無礼な言動は国民から手厳しい非難を浴びた[注 7]。横井は、後に高野に“口止め料”として賄賂を持ち掛け、「どれだけ多くの人が亡くなったか分かっているのか!それを持って出ていけ!」と激怒した高野に追い返されたことも明らかになっている。なお、高野はこの時に外国人客(救助後に病院へ搬送されるも死亡が確認された)の救助作業中、フラッシュオーバー現象に遭って身体が炎に包まれ、喉元に大やけど(気道熱傷。しかし救出直後に水を飲んだことで大事には至らなかった)を負った[注 8]。当初は高野の部下である浅見昇が救助へ向かったが、部隊の中で最も俊敏な体力を有していた浅見は、煙が充満した10階フロアで館内捜索と救助をするための激しい活動をしていたため、酸素ボンベ内の酸素を大量に消費していた。男性客の救助活動中に酸素ボンベ内の酸素が残り少なくなった旨の警報が鳴ったため、同僚隊員より「すぐに外へ脱出しろ」と指示された。このため浅見は、やむを得ず要救助者の宿泊客を残してホテルの外部へ出て屋上へ戻り、酸素ボンベを交換後に救助活動の続行を自ら志願したが、その後の活動は隊長の高野が自ら引き継いでいる。なお、高野が火傷を負った際も高野自身は救助活動続行を志願したが、同行していた救急隊員に制止されて病院へ搬送されている。部下の隊員が最後まで救助活動を続行し、任務終了後に高野がいる病室へ防火服を着たまま赴き、無事に任務を完遂した旨を報告した。

なお横井の元部下は「横井社長は火災発生当時、ただ黙って途方に暮れ呆然としてばかりいて、部下に対して何一つ指示を出していなかった」と証言している他、当時の裁判記録には「儲けと経費削減に終始し安全を軽んじた横井の経営方針は『客を欺くのに等しい行為』と言われても仕方がない」とまで書かれている(フジテレビ系列『奇跡体験アンビリバボー』2015年10月8日放送分より)。

さらにホテルニュージャパンでは、必要最低限の人員による過酷な労働環境、従業員や警備員への給与遅滞、部下からの上申や要望が横井にことごとく退けられたことよる士気の低下、仕事に対する意欲低下と意思疎通不足などが原因で従業員への防災教育が疎かになっていたため、火災発生時に火元の9階と上階の10階で宿泊客を避難誘導した従業員が誰一人おらず、客はそれぞれ独自の判断で避難を余儀なくされた。一人の客が9階にいた他の宿泊客を避難誘導するため自主的に最後まで行動し、その客は出張に同行していた部下を避難させたあと一酸化炭素中毒で力尽きた。その一方で従業員の大半は社長の横井と共に呆然と立ち尽くすのみだった。

横井は火災発生翌日(2月9日)以降の記者会見で「お客様には大変申し訳なく思っています。大切なお客様のご遺体がホテル内に多数残されていたことを考えますと、ご遺族の皆様には何とお詫びすれば良いのか言葉が見つかりません」と謝罪はしたものの、消防当局より再三にわたり指摘されていた防火管理体制の不備による責任、利益第一主義と安全対策予算を削ってまでの経費削減主義を貫いた自身の経営責任を報道陣より問われても「申し訳ございませんでした、お詫びのしようもありません。ご遺族の皆様へは誠心誠意対応して参ります」と述べるにとどまり、自身の責任については曖昧な発言に終始した。横井の責任逃れとも取れる言動は、遺族などから手厳しく非難された。のちに横井は「衆議院地方行政委員会」へ参考人招致され、その席上では「従業員に対しては日頃からお客様の安全を守るように教育してきた」と述べていた。しかし実態は横井の答弁と正反対で、少ない人員の割に膨大な仕事量という環境から従業員への防災訓練は殆ど行われていなかった。(NHKアーカイブス「ホテルニュージャパン火災」動画より)。

ホテルニュージャパンは、火災発生から2日後の1982年2月10日に東京都より「消防法違反と業務上過失致死傷による営業禁止処分」を受けた。同年3月2日に東京消防庁は、消防法第5条に基づき2階以上の部分の使用停止を命令した。さらには同日に東京都都市計画局は建築基準法第9条第7項の規定に従って是正措置が完了するまで2階以上の使用を禁止する命令を出した。同ホテルは、その後に廃業した。火災事故直後には「出火お詫び」と題する文章が書かれた横井直筆の貼り紙をホテル正面玄関前に掲示していた。また犠牲となった宿泊客33人の仮通夜が営まれた港区芝公園四丁目の増上寺敷地内には、「ホテルニュージャパン火災事故の犠牲者を慰霊しその教訓を後世に伝えるための観音像」が火災事故から5年後の1987年2月8日に横井によって建立された。

この火災を教訓に東京都、東京消防庁、国は「再三にわたる防火体制不備の改善指導に応じない事業所は、その名前(実名)を公表し、刑事告発する」制度を発足させた。

裁判[編集]

最高裁判所判例
事件名 業務上過失致死傷
事件番号 平成2(あ)946
1993年(平成5年)11月25日
判例集 刑集第47巻9号242頁
裁判要旨
ホテルの客室から出火し、スプリンクラー設備やこれに代わる防火区画が設置されておらず、従業員らにおいても適切な初期消化活動や宿泊客らに対する通報、避難誘導等ができなかったため、多数の宿泊客らが死傷した火災事故において、ホテルを経営する会社の代表取締役社長として、ホテルの経営、管理業務を統括する地位にあり、その実質的権限を有していた者には、スプリンクラー設備又はこれに代わる防火区画を設置するとともに、防火管理者を指揮監督して、消防計画を作成させて、従業員らにこれを周知徹底させ、これに基づく消防訓練及び防火用・消防用設備等の点検、維持管理等を行わせるなどして、あらかじめ防火管理体制を確立しておくべき注意業務を怠った過失があり、業務上過失致死罪が成立する。
第二小法廷
裁判長 中島敏次郎
陪席裁判官 藤島昭木崎良平大西勝也
意見
多数意見 全員一致
参照法条
刑法(平成3年法律31号による改正前のもの)211条
テンプレートを表示

オーナー兼社長の横井英樹について業務上過失致死傷罪禁錮3年の実刑判決が確定(1993年11月25日最高裁)した[7]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、当の原因であるこの宿泊客は、部屋の前を通る通路の右手奥の行き止まりのところで焼死体となって発見されている。
  2. ^ ビルに限定しないと1943年に、北海道にあった布袋座でおこった火災で208人が死亡している。
  3. ^ 9階・938号室から出た火は、従業員が館内備え付けの消火器を用いて初期消火しようとしたものの消えず、最初に使った消火器は内部の消火剤が完全消火する前に底をついた。そこで従業員は別の消火器を8階まで取りに行ったが、その間に炎は大きくなり、煙も充満し始めたため「これ以上の消火活動は危険」だと判断した。当直従業員や警備員らは非常ベル発報や館内緊急放送、屋内消火栓を用いた初期消火、宿泊客に対する避難誘導、廊下全体の煙の広がり具合を確認するなどの行動を全くせず、宿泊客を部屋に残したまま真っ先に1階フロントへ戻ってしまった。この時点で別の消火器又は屋内消火栓による初期消火をおこない、火災が起きた旨の緊急館内放送および宿泊客に対する避難誘導が迅速にできていれば、本件火災のような大惨事は防止できたはずで、人的被害を少なくすることは十分に可能だった。938号室から出た火は初期消火の失敗によりその勢いを増し、やがて同室内が次第に高温となりフラッシュオーバー現象による爆発燃焼を起こして炎が廊下へ吹き出したため、廊下と各部屋は瞬く間に炎と煙に包まれていった。従業員は火元の938号室のドアを開けたままフロントへ戻ったため、火は瞬く間に9階の廊下全体へ燃え広がった。だが当直従業員や警備員らは、このような切迫した緊急事態になっても直ちに119番通報をせず、火災が起きた旨の緊急館内放送もしなかった。刑事裁判記録には「従業員と警備員は『非常ベル発報、緊急館内放送、119番通報』という一連の行動をとる際に手が震え、ボタンを押すことやダイヤルを回す動作がうまくできなかった」と書かれている。このため火災発生時に就寝中だった宿泊客が火事に気づいた時は既に手遅れで、特に9階以上の部屋に宿泊していた客は猛火と煙に行く手を阻まれ、非常口への経路を塞がれ逃げ場を失っていた。スプリンクラー未設置の館内、防炎加工なしの可燃材を用いた内装、隙間だらけで酸素が供給されやすい欠陥施工、故障で作動しなかった煙感知器、絨毯に阻まれて閉まらなかった防火扉など、様々な要因によって発生したフラッシュオーバー現象は、他の部屋や階へ次々と延焼した。炎に炙られた窓ガラスは各所で割れて飛び散り、その破片を浴びたことによる負傷者が多数出た。
  4. ^ 1960年に当該ホテルが開業した当初は、消防法に基づく館内防災設備点検と不良箇所の修理および部品交換が定期的に行われていた。しかし横井に買収されてからは、横井の経営方針に従って安全対策の予算が削られたために館内防災設備の定期点検と部品交換が行われなくなった。横井は予算不足を理由に「消防法に基づく防火査察と消防設備の定期点検および消防当局より命ぜられた館内防災設備の更新」を頑なに拒み続けた。このため1981年8月に東京消防庁麹町消防署署長より「消防法に基づく館内防災設備の改善命令」を口頭で受けた。消防署長は命令伝達の席上で横井に対して「消防署からの再三にわたる命令を無視して、ホテルの館内防災設備の不備と欠陥状態を今後も改善しない場合には、直ちに消防法に基づく営業停止処分を科す」旨の最後通牒を突きつけた。横井は、ようやく危機感を抱いて「スプリンクラーを設置するなど消防設備の改善を行う」と表明し、重い腰を上げた。しかしスプリンクラー設置に関しては、一部フロアのみの単なる飾りであり、上辺だけの見せかけで終わり、内部配管がスプリンクラーヘッドに繋がることはなく、実際は水が全く出ない状態だった。スプリンクラー設置をはじめとする館内の防火環境改善工事は、火災発生2日前(2月6日)に着工される旨が決まり、その矢先に今回の火災事故が起きた。(フジテレビ系列『奇跡体験アンビリバボー』2015年10月8日放送分より)
  5. ^ ホテルニュージャパンの火事を目撃したタクシー運転手からの119番通報を受けて出動した高野甲子雄率いる救助隊員第一陣(東京消防庁麹町消防署永田町出張所・第11特別救助隊)が午前3時45分に現場へ着いた時は、既に9階と10階が猛火と煙に包まれ・そこへ取り残された多数の宿泊客が窓から身を乗り出して救助を求めるという、今までに経験したことのない大火事となっていた。高野らは当初通用階段を用いて各階の状況を確認しようとしたが、避難する客が殺到して身動きが取れなかったため、停電で真っ暗になった非常階段経由で各階の状況を強力ライトを用いて確認。火元となった938号室のある9階は「非常階段と廊下を仕切る鉄製扉が長時間高温に晒され続けたことによる熱膨張で開かなかったため」状況確認ができず、10階の扉を開けて充満した煙の中から3名の客を救出。その後は屋上へ向かい、生命の危険と隣り合わせの中で部屋に取り残された客をロープを用いて救助した。その一方で犠牲となった33人のうち13人は「高温の猛火と大量の煙に耐えかねて窓から飛び降りた」ことによるものだった。
  6. ^ この火災における東京消防庁麹町消防署永田町出張所特別救助隊員の救出劇は、NHKの『プロジェクトX』で「炎上―男たちは飛び込んだ 〜ホテルニュージャパン・伝説の消防士たち〜」として2001年(平成13年)5月22日に放送された。
  7. ^ 同ホテルを事務所としていた戸川猪佐武もホテル火災で損害を受け、他のテナントと共に社長の横井に対する損害賠償訴訟を起こした。
  8. ^ フラッシュオーバー現象発生時における炎の温度は約900度に達するため、消防隊員は防火服を着ていても安全ではない。やけどなどの大けがを負いやすく、時には生命の危険を伴う。また、建物内に取り残された一般人がフラッシュオーバー現象に遭って高温の炎を多量に浴びれば焼死に至る危険性が高まる。

出典[編集]

  1. ^ 昭和ラプソディ(昭和57年・上)”. 誰か昭和を想わざる. 2008年4月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月10日閲覧。
  2. ^ "特異火災事例 株式会社 ホテルニュージャパン" (PDF). 消防防災博物館. 一般財団法人 消防科学総合センター. 2019年8月29日閲覧
  3. ^ JNN NNN ホテルニュージャパン火災 横井英樹 社長
  4. ^ 死者33名 史上最悪の「人災」ホテルニュージャパン火災を振り返る
  5. ^ 自衛消防訓練マニュアル 近代消防社
  6. ^ フジテレビ系列「奇跡体験アンビリバボー」2015年10月8日放送分より
  7. ^ 最高裁平成5年11月25日決定-刑法判例百選I58事件。
  8. ^ 奇跡体験!アンビリバボー:実録!国内大災害SP★ホテルニュージャパンの悪夢 - フジテレビ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]