横井英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこい ひでき
横井 英樹
生誕 1913年(大正2年)7月1日
愛知県
死没 1998年11月30日(満85歳没)
東京都
出身校 高等小学校
職業 実業家

横井 英樹(よこい ひでき、1913年(大正2年)7月1日 - 1998年(平成10年)11月30日)は、日本実業家1953年(昭和28年)の老舗百貨店、白木屋の株買占めや東洋郵船設立による海運業への進出で脚光を浴びた。本名は横井千市。

来歴・人物[編集]

愛知県中島郡平和町(現・稲沢市)の貧しい農家に二男・千市として生まれた。祖母が「千両箱」や「千人力」の「千」が好きで千市と付けたが、本人はその名は好きではなく、後に「英樹」と改名する。

父親の鉞次郎(えつじろう)は、18、19歳の頃にお尻にデキ物ができ、手術をしたら足が悪くなり、仕事をしなくなった。やけになり、朝から酒を飲み道の真ん中に大きく寝、通行人が通ろうとするとガバッとおきあがり、銭をせびっていたという[1]。相撲取りのように体が大きく、鉞次郎がいたらみんな逃げていた。鉞次郎は家の中でも暴れ、妻の政(まさ)の髪の毛をひっぱるなどの暴力をふるい、政と千市は夜に裸足で逃げたこともあったという。酒乱の鉞次郎をみていた千市は、成人してからもアルコールはほとんど飲まなかった。鉞次郎は千市が学校に通うのを嫌い[1]、「ウチのような貧乏人は、子供を学校へなんかやらんでいい。字なんておぼえんでいい!」と千市のカバンを隠したり、教科書を破ったりしていた[1]。それでも千市は遅刻をしてでも小学校に通った。同級生によると成績は優秀で字もうまかったという。ただ乱暴者でガキ大将だったとのことであった[1]

母の政は近所の農家の機織りをして辛うじて一家の家計は保たれていたが、必死に働く母を見て千市は小学校の頃から働き始める。それを不憫に思った近所の石田輝英は「自分の好きなものをつくれ」と石田家の畑の端の90坪の土地を貸した。その土地で千市はジャガイモや白菜を作り近所で売った。売ったお金で母親においしい物を買ってあげた。家の前に建つ紡績工場を見ては伯母に、「いまに、ああいうでかい工場を建ててみせるでよ」と豪語していたという。書道の素質を見込んだ菩提寺・忍順寺の住職が高等小学校に上げてくれたが1年で退学した。15歳になった千市は行李に浴衣・ぞうり姿で上京する。

横井商店開業[編集]

上京後、英樹に改名。東京日本橋のメリヤス問屋「渡辺商会」へ丁稚奉公。1930年(昭和5年)3月10日、独立し「横井商店」を開業。17歳のときであった。1942年(昭和17年)、29歳のとき、第二次世界大戦をきっかけにボロ儲けのチャンスを得る。それまで経営していた繊維問屋をたたみ、軍需品の製造に専念することになる。「横井商店」を「横井産業」に変更し陸海軍、軍需省の管理会社として全国各地に工場を建設し3000人の職員を擁するまでになった。横井は海軍中将にうまく取り入り御用商人となった。戦争で南方に行く海軍陸戦隊の防暑服の製造を一手に引き受けた。また現地で接収してきた電動ミシンを何百台と手に入れた。大宮の工場で女学生を勤労動員させ、接収した電動ミシンを使い防暑服を大量生産をした。これで横井は人生最初の大儲けをし、いわゆる戦争成金となった。終戦後は、進駐軍御用工場となるが、繊維業界が先細りとなることを察知し、全工場を閉鎖させた。横井は不動産の暴騰を見越し不動産業に乗り出す。

横井は鎌倉熱海軽井沢箱根の土地を買いあさり、銀座のビルをも買収した。横井の土地の買い方は全て5年月賦で支払い、払い終わる前に土地の値段が暴騰し、資産は20億円以上になっていた。この資金が白木屋買収の足掛かりとなった。

白木屋乗っ取り事件[編集]

横井は財を築いたとはいえ、財界からはただの成り上がりにしかみられなかった。横井は財界人と認められたいという野望を抱き日本橋にある白木屋の買収を画策する。この時の取引先の一つに老舗百貨店、白木屋の関連企業である白木金属工業があり、いつまで経っても決済できないので同社の内情を調べると、親会社の白木屋が経営的に不安定だったことが判明[2]。これを動機として1950年(昭和25年)に同社の乗っ取りを決意、株の買い占めにかかり1953年(昭和28年)1月には発行株式数の4分の1を超す102万8000株を買った。同じく白木屋の株を買い占めていた日活堀久作と手を結び白木屋の資本金2億円、額面50円として発行済株式総数400万株のうち100万株を買い占め、堀の持ち株を含めると過半数となった。これに焦った白木屋側は財界に働きかけ、同年2月1日、堀の提案で、日活ホテルの堀の部屋でそれぞれの財界人を後ろ盾にして白木屋陣営と横井陣営との対話の場が用意された。

白木屋の社長である鏡山は「白木屋は江戸時代から300年続く名門だ。横井君がどのような手段で株を集めたのかは知らないが、どこの馬の骨とも素性の明らかでない者を重役に迎え入れることは絶対にできない」と言い放った。すると横井は「私は、なるほど、鏡山さんのいわれる血統とかは素性とかはたいしたことないかもしれない。しかし現在は資産30億円、借金20億円、差し引き10億円を持っている。たとえ私が最後の一人になっても、この資材を投げこんで、全株数を握ってみせる!」と反論した。ところが堀は所有していた株を突如売却[3]。堀の所有した持ち株は山一證券を経て三信建物の林彦三郎に渡ってしまう。堀は買収から撤退。

その一方で白木屋の社長の鏡山は、総会屋の大物である久保祐三郎を参謀格にし、横井の買い占めに対抗する。久保は、横井の株式が繊維関係の株式会社の名義であったことに着目。白木屋の株を買うことは独占禁止法違反というウルトラCで、横井側の株式を議決権行使停止の仮処分で塩漬けにしてしまう。しかし、横井の執念はこれで抑えることはできず、既に買い占めた持ち株を抱えながら彼は当時の価格として4億以上を持ち出しあくまで買い続けた。また、久保に対抗できる大物として総会屋の田島将光を招き入れて経営陣に相対した[4]

翌年の1954年(昭和29年)3月31日、浜町中央クラブにて白木屋の株主総会が行われた。横井側の財界人は千葉銀行の西荘四郎彦、山種証券山崎種二、高利貸しの森脇将光、のちの買い占め王となる鈴木一宏が肩入れ、総会屋は白木屋側は久保祐三郎を配し、横井側は田島将光を配し総会場には2つの入り口が設けられ、白木屋側に新田組・安藤組・殉国青年隊らが動員された。株主総会では決着は付かず法廷闘争まで及んだ。裁判は長期化し、白木屋側、横井側も疲弊しきっていた。そこで横井は東急の五島慶太に買収を頼む策を講じる。横井は白木屋の株を買い取りをお願いするため、ほぼ毎日朝の6時に五島の家の前に立ち出勤を見送り、旅行に行く際には東京駅まで列車が出発するまで見送るなどしていた。その熱意によって五島は白木屋の買収に乗ることになる。ただし1株350円でしか引き受けないという条件であった。結果的に横井は5億8000万も損したことになる[5]。その後、白木屋は東急百貨店日本橋店となるが、横井没後の1999年に経営効率化のため閉鎖された。

1956年(昭和31年)1月半ば、五島は築地にある料亭に横井と鈴木一宏を招き、五島は「君たち“五島学校”に入学せんかね、君たちのような生きの良い若い勝負師と組んで、まだまだ面白い仕事をしてみたい」と言い、それを聞いた横井は「五島会長、お言葉ありがたくちょうだいさせていただきます。今回の株の損は五島学校の入学金と思えば別に高いとも思えなくなってきました」と五島学校の門下生となった。しかし鈴木は門下生にはならなかった。白木屋乗っ取り騒動の一件で横井は五島という後ろ盾を得、その後も五島の企業買収にエージェントとして関わることが多かった。1959年には東洋精糖の株買占めに乗り出す。買占め側にも秋山正太郎を始めとする経営陣側にも総会屋やヤクザ右翼が大勢絡む格好となり、さながらオールスター総出演の様相を見せていた(株主総会でも平気な顔で座っていたらしく、面の皮の厚さを見せつけた)。ところが後一歩で経営権を取得できるところまでいったところで、横井英樹襲撃事件が発生する。さらに五島が急死、東急を継いだ五島の長男・は、東急が横井に協力して買い占めていた東洋精糖の株式を東洋精糖の経営陣側に譲渡するなどの調停案(岸信介の絡みで永田雅一がまとめた)で合意し、東急は乗っ取りから撤退、東洋精糖の乗っ取りは結局横井が一人孤立してしまう格好になってしまう。このため、五島邸へ直接出向いて抗議している。

五島の急死が誤算だったのはいわずもがな、衝撃なのは長男の昇から横井は出入りを終生断られたことである。しかし同じ五島門下生である、国際興業社主である小佐野賢治は昇から敬意が払われ、後に富士屋ホテルの買収で対立することになる。

富士屋ホテル事件[編集]

同じ五島慶太を師に仰ぎ、その五島から箱根の強羅ホテルを買った小佐野賢治がインテリに対する劣等感をぬぐえずにいたことに比べると、能天気でお気楽で執着心の強い横井の方が世間の注目を集めた。「ホテル経営は紳士の仕事」という名言とはそぐわぬ両雄ではあるが富士屋ホテルの支配権争奪をめぐり火花を散らすことになる。冨士屋ホテルは1888年(明治11年)に山口仙之助が箱根の宮ノ下に開業した名門ホテルであるが、山口一族に内紛がおきる。当時の会長の山口堅吉は仙之助の次女・貞子の婿養子であった。その妻の貞子が死去し、千代という後妻をもらう。仙之輔の長女である孝は、山口一族と縁もゆかりもない堅吉夫妻にホテル経営をされることに反発をおぼえ、横井の手を借りることになる。

1964年(昭和39年)12月に株主総会が行われ、横井は堅吉の退陣に成功する。追放された堅吉は小佐野賢治のもとに赴きこう懇願した、「自分の株は全部渡す。一族も切り崩し、株を集める。自分は経営しなくていい、とにかく横井を追い出してくれ」と。小佐野は富士屋ホテルの買収に乗り出し、1年が経過したころ、横井側についていた山口家の本家側の者が徐々に小佐野側につき、取締役に入れた児玉誉士夫も小佐野側に寝返ってしまう。最終的に小佐野に軍配があがった。横井が6年かかって集めた株を小佐野は1年で82%にあたる207万株を手に入れ富士屋ホテルの買収に成功したのである。1966年(昭和41年)4月27日に児玉邸で株の受け渡しが行われたが、横井は株券を譲渡する際に、万札を一枚一枚、児玉、小佐野の目の前で数えて、朝の10時から初めて夕方の4時までかかり[1]、これはさすがに児玉も小佐野もあきれたという。

1970年には京都にあるネジのトップメーカーである山科精工所(現・ヤマシナ)を乗っ取り、自らが会長に就任し長男の邦彦を取締役に据えるなど役員を肉親で固めた[6]

ホテルニュージャパン火災事件[編集]

1979年(昭和54年)、政治家でもあった藤山愛一郎が経営していたホテルニュージャパンを買収し社長に就任する。1982年2月8日ホテルニュージャパン火災が発生。全焼し、33人の死者を出した。彼は行きすぎた合理化を画策し、徹底的なまでに改修費用を節減するため、スプリンクラー設備等の消火設備を整備せず、内装も耐火素材にしていなかった。こうした数々の違法運営により1987年東京地裁業務上過失致死傷罪禁錮3年の実刑判決を受け、1993年最高裁で確定した。1994年から八王子医療刑務所で服役したが、1996年仮釈放となり、1997年には刑期を終えている。なお、ホテル火災があった1982年中村鋭一衆議院議員国会にて横井が10年間税金の申告をしていないことを取り上げ、「横井ファミリー全体で一千億円を超えるという財産形成をしている」と発言している。

一方、横井は焼けたホテルを放置し、敷地を担保に巨額の融資を引き出した。最大の債権者だった千代田生命バブル崩壊後の1995年に自己競落し、火災から14年後の1996年に解体した。その後千代田生命が破綻したため、プルデンシャル生命が買収した。

晩年[編集]

横井は1993年(平成5年)にホテルニュージャパン火災で禁固3年の実刑判決を受け、1996年(平成8年)に出所。横井の資産のほとんどは安値で売却され、最後まで所有していたのはダイエー碑文谷店池上のボウリング場のみであった。1998年(平成10年)11月30日、日課であったダイエー碑文谷店と池上のボウリング場を巡回していたが、急に気分が悪くなり、そのまま昏睡状態に陥り病院に運ばれた。その日の午前11時42分に虚血性心疾患で死去。85歳であった。荼毘にふされた遺体からは襲撃事件で打ち込まれた弾丸が発見された[1]

その他のエピソード[編集]

1991年には、秘密裡にニューヨークのエンパイアステートビルを買収。愛人の娘、中原キイ子にプレゼントすると横井が言った言わないで裁判になる[7]。ただし、同ビルは所有権と賃借権が分離しており、ほとんど利益が出ないまま撤退。

ミスコン好きで有名であり、コンテストには欠かさず出席し、しばしば参加者[誰?]を愛人にした。晩年には叶姉妹とも交流があったともいわれ、パーティーの写真が週刊誌に載ったこともある。また、ニュージャパン火災以降、犠牲になった台湾人観光客の遺族を生涯にわたって毎年慰霊のために日本に招待し続けたとも伝えられている。田園調布の駅前の一等地に豪邸を構えていた。生涯、資産に執着したが、最後の砦である自宅を死去する一ヶ月ほど前には手放し、その後は弟夫婦と暮らしていた[8]

蝶ネクタイ姿で知られた。本人の弁では「時は金なり、結ぶ手間がもったいない」ことが愛用の理由だった。また、スリに狙われないため、ズボンは尻ポケットをなくした前ポケットのものを特注していた。

経歴や交友関係、言動などから傲慢な印象を持たれがちではあったが、素顔は奉公人から叩き上げて身を起こした人間らしい腰の低さで、服役中も他の囚人に対しても丁重に接していたと見沢知廉が記している[9]

家族[編集]

  • 妻・路子
  • 長男・邦彦 - 1943年生まれ。慶應大学卒。東洋不動産元社長、山科精工所元社長。1969年に女優の星由里子ホテルニュージャパンで結婚、スピード離婚し話題になる。2008年自殺。
  • 長女・智津子 - 1944年生まれ。
  • 次男・裕彦 - 1945年生まれ。トーヨーボール、ホテルニュージャパン、東洋郵船などの社長を務めた。2000年に、東洋郵船所有の船原ホテルの金の浴槽が盗まれたと届け出て話題になった。英樹の死後、目黒区の繊維取引会社であり、ダイエー碑文谷店の家主でもあった横井産業の社長に就任。2004年にパチンコ業のビッグウェーブとの賃貸契約書不正の疑いで家宅捜査。
  • 庶子・中原キイ子 - 1945年生まれ。フランス系アメリカ人の夫ジャンポール・ルノワールとともに、エンパイア・ステート・ビルのほか、フランスやイギリスの古城を買い漁った際、英樹を手伝ったが、それらの所有を巡って英樹と親族から訴えられ、世間を賑わせた[10]。現在ハワイ在住[11]
  • 孫・ZEEBRA - ラッパーでKGDRのメンバー。英樹の長女の子供。戸籍上は英樹の養子。
  • 孫・SPHERE - ラッパー。英樹の長女と建築家の坂倉竹之助との子供。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 講談社 現代 1999年2月号「最後の“銭ゲバ”横井英樹の奇矯な生涯」より
  2. ^ 創業家だった大村家が経営から手を引き、一時は日曹財閥大丸が経営権取得に動くなど経営の主導権をめぐって内紛状態にあった。
  3. ^ 世論の圧力に負けたとも、最初から横井を利用して利ザヤを稼ごうとしていたともいわれる。
  4. ^ 余談ではあるが、久保が引退するとき藤山愛一郎に自らの後継者と指名したのが鎌倉商工会議所の会頭だった上森子鉄(後に『キネマ旬報』の経営に関与)である。上森は本業は総会屋ではないと終生発言したきっかけはこの理由によるもの。
  5. ^ なお、この事件を題材として城山三郎が小説「乗取り」を著している(主人公・青井文麿は横井がモデル)。
  6. ^ 2000年に邦彦は社長になるが、わずか3か月後に臨時取締役会で社長の座を追われ、2008年自殺している。
  7. ^ ミッシェル・パーチェル著『エンパイア』
  8. ^ ちなみに横井邸跡は美容研究家鈴木その子が購入したが、2000年に自邸の完成を見ることなく死去した。
  9. ^ 見沢知廉 著 囚人狂時代 新潮文庫
  10. ^ Empire State Building Splits Billionaire Dad From Jet-Set Daughter, New York Observer
  11. ^ キイコ・ナカハラ・ルノアール公式サイト

参考文献 [編集]

関連項目[編集]