木村太郎 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 太郎
生誕 (1938-02-12) 1938年2月12日(79歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー
教育 慶應義塾大学法学部
職業 ジャーナリスト、元NHK記者
代表経歴 FNNスーパーニュース』コメンテーター

木村 太郎(きむら たろう、1938年2月12日 - )は、日本フリージャーナリストニュースキャスター逗子・葉山コミュニティ放送株式会社(通称名・湘南ビーチFM)代表。(有)木村太郎事務所代表。NHK記者、キャスターを経てフジテレビ系「Mr.サンデー」のコメンテーターも務める。

経歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーに生まれる。慶應義塾幼稚舎から進学した慶應義塾高等学校放校後(ビリヤードに通いつめたとの弁)、1957年に東海高校、1964年に慶應義塾大学法学部卒業(新聞研究所、現メディアコミュニケーション研究所修了)で学位法学士。3年間、外国に遊学に行っていたため大学に7年間在籍し学部を卒業した。

NHK時代[編集]

就職活動もままならず、ゼミナールの指導教員だった生田正輝の紹介で特殊法人日本放送協会 (NHK) を受験する。本人はジャーナリスト志望ではなく、当時年齢制限なく入社試験を受けることのできた唯一の組織がNHKであった。

1964年NHKに入局後、報道記者として活動。NHK徳島放送局記者、NHK神戸放送局社会部記者(~1969年)、東京本部社会部遊軍記者(1969年~1974年)、パリ支局中東・アフリカ担当(ベイルート駐在、1974 - 1976)、ジュネーヴ支局特派員 (1976 - 1978)、東京本部外信部記者 (1978-1980)、アメリカ総局(ワシントン支局)特派員 (1980-1982) と主に海外支局特派員を経験する。

1982年からは同局の総合テレビでの看板ニュース「ニュースセンター9時」のメインキャスターを務め人気を博し、1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故では日本航空広報部からの記者会見を差し置いて、乗客名簿の読み上げを優先させるようにするなど、記者時代の感覚でニュースの重要度を判断した。

フリー(フジテレビ専属)時代[編集]

1988年の番組終了時に上司から管理職の打診があり、生涯現場を希望していた木村は熟慮の末、NHKを退職。木村太郎事務所を設立し、フリージャーナリストに転身並びにフジテレビと専属契約を結ぶ。その年のアメリカ大統領選挙をフジテレビの現地キャスターとして取材した。

1989年4月からはフジテレビ「FNN DATE LINE」のメインキャスターに就任。1990年4月からは「FNN NEWSCOM」のメインキャスターを務め、エンディングのダジャレが話題となった。

1994年4月からの「ニュースJAPAN」ではコメンテーターとして出演、2000年4月からは「FNNスーパーニュース」のコメンテーターとなる。2010年4月より、それまで月~金曜日の全日レギュラーであった「FNNスーパーニュース」への出演を、月~木曜日に変更。

2010年7月からは「Mr.サンデー」への不定期出演を開始。

2011年3月12日午前に東日本大震災関連の特番でコメンテーターを務めた時に青嶋達也アナと久々に共演をした(FNN NEWSCOM以来、17年ぶり)。

2013年3月28日の放送を最後に「スーパーニュース」から降板する[1]

1993年開局の神奈川県コミュニティFM湘南ビーチFM)の代表を務めている。2007年10月4日にはドリーム・トレイン・インターネット社外取締役に就任。

発言[編集]

沖縄米兵暴行事件[編集]

2001年7月3日の「スーパーニュース」の放送中に沖縄米兵婦女暴行事件について「日本側の交渉に幸いとなる事件かも知れない」と失言し、特に沖縄県の視聴者から非難が殺到し、一時降板するが後に復帰。その後も、たびたび失言するが番組上で謝罪するに留まっている。

エピソード[編集]

趣味は昼寝(暑い所でも良く寝られるという)、モットーは原稿より健康。

1980年よりパソコン通信、インターネットを利用。出会いはアメリカでの記者生活の時、新聞の早刷りをインターネットを通じて知り得た事と言う。「ニュースJAPAN」の頃は自分で回線を繋ぎ、パソコンに内蔵の百科事典と共に愛用していた。湘南ビーチFMとしてポッドキャスティングに参加、国際放送機器展に出席している。

石原慎太郎とはヨット仲間。ジョン・レノン夫人オノ・ヨーコは幼馴染である。

「FNNスーパーニュース」での木村によるコメントは、下側の字幕表示から「木村太論」と呼ばれていた。パートナーを組む安藤優子にコメントを求められるとき、安藤の見方とは違う視点からコメントするよう努めている[1]。コメンテーターとしての地位が確立されているが、折に触れ国政選挙や台風中継を現場でリポートしたり、電気自動車などエコカーの運転体験もしている。また、阪神・淡路大震災ではNHK時代の初任地、徳島から取材を開始した。

NHK特派員時代にワシントンD.C.に在住歴があり親米派で、ジョン・F・ケネディを尊敬している。

パリに住んでいたことからフランスに対する愛着が強い。

英語版Wikipediaの水準の高さを評価しているが、日本語版Wikipediaは2ちゃんねる化していると評している。

2015年12月時点で、ドナルド・トランプ2016年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙で指名候補となること、かつ、ヒラリー・クリントン2016年アメリカ合衆国大統領選挙で共和党候補に勝つ可能性も低いと、直感によって推測していた[2][3][4]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

※2000年春改編より平日に出演。2010年3月29日より出演曜日を月 - 木曜に縮小。2013年春改編で降板。

ほか多数

ラジオ[編集]

  • クマヒラ・木村太郎のワンダーランド(TBSラジオJRN、1989年10月 - 1990年3月・1990年10月 - 1991年3月)パーソナリティー
初回ゲストは『NEWS23』メインキャスター(当時)の筑紫哲也

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b  “「スーパーニュース」最後の一週間を前にフジテレビの〝ニュースの顔〟が今思うこと”週刊文春2013年3月28日号 p.132
  2. ^ 東京新聞 2015年12月20日付「太郎の国際通信」
  3. ^ gooテレビ番組(関西版)Mr.サンデー』 2015年12月27日 【SP(仮)】の番組概要ページ
  4. ^ 1年前に直感 木村太郎氏「トランプ大統領誕生」なぜ予言できたのか - スポニチ、2016年11月10日

外部リンク[編集]