生田正輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生田 正輝(いくた まさき、1923年2月6日[1] - 2012年5月7日[2])は、社会学者、マスコミ学者。

兵庫県出身。学徒動員で満洲に駐屯、1947年9月慶應義塾大学法学部政治学科卒、10月助手、51年助教授、57年教授、1960年「マス・コミュニケーションの諸問題」で慶大法学博士。69年慶應義塾常任理事、72年塾長代理、73年慶大新聞研究所長、77年法学部長、88年定年、名誉教授、常磐大学教授。1979年日本新聞学会会長。

著書[編集]

  • 『マス・コミュニケーションの諸問題』慶応通信 1957
  • 『マス・コミュニケーションの研究』慶応通信 1968
  • 『新聞を斬る』サンケイ出版 1978
  • 『コミュニケーション論』慶応通信 1982
  • 『新聞報道のあり方 その問題点を衝く』慶応通信 1986
  • 『回想五十年慶應義塾と私』慶応義塾大学出版会 2007

共編著

  • 『日米間のコミュニケーション・ギャップ』辻村明共編著 慶応通信 国際コミュニケーション日米共同プロジェクト 1981

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 生田正輝氏が死去:日本経済新聞