宮川俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやがわ しゅんじ
宮川 俊二
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 愛媛県宇和島市
生年月日 (1947-08-26) 1947年8月26日(72歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業
所属事務所 ノースプロダクション
職歴 NHKアナウンサー(山形岐阜高松福岡名古屋東京アナウンス室)→ベトナム日本語講師→フジテレビ専属契約→フリー
活動期間 1970年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 あり
公式サイト 所属事務所プロフィール
出演番組・活動
出演経歴 本文参照

宮川 俊二(みやがわ しゅんじ、1947年8月26日 - )は、日本アナウンサーNHKフリー[1]ニュースキャスター[2]タレント[2]愛媛県宇和島市出身[1]。血液型A型[1]。既婚。

人物[編集]

実家はミカン農家[1][3]愛媛県立宇和島東高等学校(1966年卒業)を経て早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業[1][4]
1970年、NHK入局(同期にはアナウンサーの青木健一朝妻基祐浅見忠司生熊雅夫板谷直実井上元大滝重輿小柳実木村知義金城紀昭久保慶子〈旧姓、伊藤〉、黒沢典之桑原堯向後雅博古賀成治斉藤正安榊寿之柴田実田沢真田中久雄谷口俊二寺田道雄中谷成子〈旧姓、尾関〉、二宮正博野島正興深草耕太郎藤沢武藤野寿一二見和男増渕路子〈旧姓、佐藤〉、丸山晃三杉栄宮田修室井民雄[5]NHK山形放送局時代に、上司の許可をもらった上でBARを経営していたが、その後、その副業が元で左遷が続いた[6]1993年、チーフアナウンサーを最後にNHKを依願退職、ベトナム日本語講師として活動[1][7]。1994年、フジテレビと専属契約を結び、アナウンス業を再開。 2003年、フジテレビとの専属契約が終了し、オーケープロダクションに所属。2017年、オーケープロダクションの業務停止に伴い、ノースプロダクションに移籍。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格取得が買われて[3]2017年、レストランガイド『ゴ・エ・ミヨ』の日本版創設に伴いゴ・エ・ミヨ ジャポンの編集長に就任[8]

出演番組[編集]

NHK時代
フジテレビ専属時代
フリー

CM[編集]

※はニュースキャスター役で出演。

映画[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • 「アオザイの国へ キャスターが見たベトナムの10年」ISBN 4496032821 同友館(2002年1月出版)
  • 「声力の磨き方―相手の心に届く声をつくる」 同友館(2009年7月出版)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 宮川俊⼆ プロフィール”. 講演会・セミナーの講師紹介なら講演依頼.com. ペルソン. 2019年2月17日閲覧。
  2. ^ a b 宮川俊⼆ 講演依頼 プロフィール”. Speakers.jp(スピーカーズ). タイム. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ a b “仕事の現場 レストランガイド編集者 宮川俊二さん”. 毎日新聞 日曜くらぶ (毎日新聞社): p. 1. (2019年2月17日) 
  4. ^ 宮川 俊⼆に講師派遣を依頼する”. 営業研修講師派遣や講演会講師依頼はトレーナーズ. アチーブメント. 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、21-22頁。ISBN 4-06-203232-5
  6. ^ 【エンタがビタミン♪】元NHKアナが暴露。“副業”した結末から、“ケーブル巻き”する女子アナの実態まで。”. Techinsight (2014年12月13日). 2016年4月30日閲覧。
  7. ^ グラスのつぶやき 第7回 宮川俊二さん”. 有限会社WAKONN. WAKONN (2012年10月11日). 2019年2月17日閲覧。
  8. ^ レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」宮川編集長に聞く東京フレンチの愉しみ方”. cafeglobe. ライフスタイル. メディアジーン (2017年10月20日). 2019年2月17日閲覧。
  9. ^ 夏フェスキャンペーン開催! グランブルーファンタジー公式サイト、2015年7月18日
  10. ^ 完全なる飼育 : 作品情報”. 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2019年2月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日。ISBN 4-06-203232-5

外部リンク[編集]