宮崎緑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎 緑
生誕 (1958-01-15) 1958年1月15日(60歳)
教育 慶應義塾大学法学部
職業 国際政治学者
ニュースキャスター
代表経歴ニュースセンター9時」キャスター(1982-88年)
東京工業大学講師
千葉商科大学教授

宮崎 緑(みやざき みどり、1958年昭和33年)1月15日 - )は、日本ジャーナリスト国際政治学者国際政策学者である[1]千葉商科大学国際教養学部教授、同学部長、東京都教育委員。元アナウンサーニュースキャスター

1982年(昭和57年)から6年間、テレビのニュース番組「ニュースセンター9時」(NHK)のキャスターを務め、日本の女性ニュースキャスターの草分けとしても知られる[1]

経歴[編集]

湘南白百合学園小学校横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校神奈川県立湘南高等学校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学院法学研究科修了(法学修士)。指導教員は神谷不二。この大学生時代の頃に、NHK教育テレビジョンの中高生向けの教養番組ジュニア文化シリーズ・サイエンスレーダー」のレポーターを務めていた。

1982年(昭和57年)4月NHKニュースセンター9時』の初の女性ニュースキャスターに就任し、その後6年間に渡って同職を務めた。しかしながら、中曽根総理に食事に誘われたことを暴露したり、阪神大震災の取材で毛皮のコートを着ていた、等の記事を書きたてられたことにより、メディアに失望して学界に戻った。東京工業大学社会工学科非常勤講師を経て2000年平成12年)、千葉商科大学政策情報学部助教授となり、2006年教授、2010年(平成22年)学部長に就任した。2015年(平成27年)より国際教養学部教授、学部長。

2001年(平成13年)より鹿児島県奄美市にある地域文化の情報発信拠点奄美パーク園長と、その付属施設である田中一村美術館の館長を兼任するほか、神奈川県教育委員会委員、ソニー教育財団理事、昭和シェル石油株式会社監査役などもつとめている。

2014年4月11日衆議院議員選挙区画定審議会委員に任命された[2]

2015年10月30日東京都教育委員会委員に任命された[3]

2016年9月23日、天皇陛下がご意向を示された「生前退位」への対応に関し、同日付で「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」を設置され、その有識者会議のメンバーに選ばれた[4]

2016年9月29日、週刊文春 2016年10月6日号にて「経歴詐称疑惑」とするセンセーショナルなねつ造記事を書かれ中傷された。この記事よると、首相官邸のホームページの宮崎氏のプロフィールには、昭和63年東京工業大学講師とあるが、この講師の職歴に疑問が呈され、週刊文春が東京工業大学に問い合わせたところ宮崎氏の職歴を確認できなかった、とのことである[5][6]。しかし、週刊新潮 2016年10月13日号で宮崎氏が、当時の学長名で「講師(東京工業大学工学部)に採用する」とする昭和63年4月18日付の辞令があること等により真実を証明し、週刊文春の記事内容が取材途中の「見切り発車」による事実無根の誹謗中傷であったことを暴いた[7][8]

出演[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『宮崎緑の社会あんぐるよりどりみどり』(日本生産性本部, 1983年/講談社文庫 1988年「キャスター駆け出す」に改題)
  • 『わたしが会ったアジアの子ども - NHK海外たすけあいキャンペーン取材で』(偕成社 1984年)
  • 『NHKを10倍楽しむ法』(講談社 1984年/講談社文庫 1987年「はい、ニュースキャスターです」に改題)
  • 『From me to you - お便りありがとう』(文化出版局 1984年)
  • 『夢を拓く - Talk journal』(講談社 1987年)
  • 『私のリアルタイム』(読売新聞社 1989年)
  • 『私のリアルタイム2』(読売新聞社 1993年)
  • 『おもいっきり翔んで』(読売新聞社 1994年)
  • 『女の耳目』(読売新聞社 1996年)

共著[編集]

  • 赤木完爾小此木政夫編)『冷戦期の国際政治』(慶應通信 1987年)
  • (アジアの総合安全保障研究グループ)『アジアはどう変わるか - 90年代のアジアの総合安全保障』(日本経済新聞社 1993年)
  • 加藤寛、宮崎緑 2009 『福沢諭吉なら、今、こう言う 加藤寛インタビュー 究極のベストセラー『学問のすすめ』に学ぶ日本再生への提言』星雲社
  • 『大学維新への挑戦』中央公論新社 2010年

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]