平井文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらい ふみお
平井 文夫
生誕 (1959-08-09) 1959年8月9日(61歳)
日本の旗 日本 長崎県
出身校 立命館大学経済学部

平井 文夫(ひらい ふみお、1959年8月9日 - )はジャーナリストフジテレビ報道局解説委員室上席解説委員。国内政治、及び外交などを専門としている。

人物[編集]

長崎県長崎市生まれ、山口県防府市出身[1]。本名、国籍は非公開。父親は医師で、田中角栄昭和天皇の病状報道についてアドバイスを得ていたという[2]山口県立防府高等学校卒業[3]1982年立命館大学経済学部卒業。大学時代には探検部に所属するとともに、単身で世界15ヶ国を旅した[4]

大学卒業後、1982年にフジテレビジョンに入社。「スーパータイム」ディレクターを経て、社会部では厚生省や宮内庁を担当した。1989年の昭和天皇崩御の際は、宮内庁前から中継を担当した[2]

社会部記者を経て1989年春に外信部へ次期海外特派員含みで異動した数ヶ月後、北京で起きた六四天安門事件を部長に志願して現地取材した[5]。報道局外信部ワシントン特派員、『ニュースJAPAN』プロデューサー、首相官邸キャップ、報道センター編集長、取材センター室長兼政治部長、報道局専任局長、解説副委員長などを経て、2016年2月から上席解説委員に就任した。

2019年8月31日付けで、38年勤めたフジテレビを定年退職したが、9月1日付けでフジテレビと新たな労働契約を結んだため、現在も継続して勤務中である[6]

2020年4月から立命館大学客員教授となる[7]

問題となった発言[編集]

  • 2020年10月5日、『バイキングMORE』において、菅義偉内閣日本学術会議候補任命拒否問題に関連し、「6年在籍すれば日本学士院に行き終身で多額の年金がもらえる」等、事実と異なる誤った説明をし、視聴者からのみならず、『毎日新聞』[8]や『朝日新聞』[9]などの大手メディア、『BuzzFeed Japan[10]ハフポスト[11]LITERA[12]どのネットメディアやファクトチェックサイト、野党議員[13]など、各所から批判された[14][15]。翌日、番組側から発言についての「補足と訂正」があったが[16][17]、本人からの訂正や謝罪はない[18][19] 。平井は事前にツイッターで学術会議が「中国千人計画に参加させている」と主張する門田隆将 の『WiLL』掲載文を引用し「こういう時に一番頼りになるのが門田隆将だ」と投稿していた[20] 。しかしこれが悪質なデマであることは学術会議も内閣府も認めている[21][22]。また、フジテレビ番組内における補足と訂正も、「誤った内容を報じた」ではなく、「誤った印象を与える」と、受け取る側に責任転嫁する表現に対しても、ツイッター上などで批判が上がっている[23]
  • 2020年11月5日、「FNNプライムオンライン」において、2020年アメリカ合衆国大統領選挙の結果について、リアルクリアポリティクスペンシルベニア州でのジョー・バイデンの当確を取り消し、バイデンの獲得選挙人の数が過半数の270人を下回ったと報道[24][25]。しかし、リアルクリアポリティクスはもともとペンシルベニア州の当確情報を確定させておらず、当確を取り消したという事実は存在しなかった[26]。平井は誤りを認め、トランプの元側近のルドルフ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)のツイートをもとに書いたとして記事を訂正、また自身のコラム『言わねばならぬ』の当該記事も削除した。平井はジュリアーニのツイートを鵜呑みにし、裏付けを確認していなかった。翌12日には記事自体が削除された[27]。さらに自らのデマ訂正のツイートまで削除した[28]

主な略歴[編集]

  • 1982年 - フジテレビジョン入社
  • 1990年 - ワシントン特派員(米大統領選挙湾岸戦争等を取材)
  • 1994年 - 政治部野党、自民党、官邸キャップ(村山橋本小渕政権を取材)
  • 1998年 - 「ニュースJAPAN」「スーパーニュース」プロデューサー
  • 2000年 - 政治部デスク 兼 FNN選挙本部事務局長
  • 2005年 - 報道センター編集長
  • 2008年 - 取材センター長 兼 政治部長
  • 2010年 - 報道局専任局長
  • 2011年 - 解説副委員長
  • 2016年 - 上席解説委員[29]

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成28年度「会員の集い」ご案内 講演会講師:平井文夫 熊本商工会議所
  2. ^ a b 昭和天皇崩御から30年 ドクターXと見た陛下の最期 フジテレビ・FNN(2019年1月7日)
  3. ^ 新報道2001 『防府日記』 ほうふ日報、2010年3月23日、平成23年6月21日閲覧
  4. ^ 平井文夫さん 立命館大学校友会報 『りつめい』 No.243 2011年1月
  5. ^ 「俺、殺される」銃声が飛び交う現場で嘔吐しながら伝えた天安門事件 - FNN.jpプライムオンライン
  6. ^ 60歳で定年退職と言われても...年金制度の継続には国民の覚悟も必要なのだ! フジテレビ・FNN(2019年9月6日)
  7. ^ 検索結果|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン. 2020年10月7日閲覧。
  8. ^ “「学術会議OBは学士院で死ぬまで年金250万円」 フジ解説委員発言は誤り” (jp). Mainichi Daily News. (2020年10月6日). https://mainichi.jp/articles/20201006/k00/00m/040/302000c 2020年10月10日閲覧。 
  9. ^ 増幅する「学者への反発」 フジ解説委員や議員ら誤情報:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ 「学術会議で働けば年金250万円」フジテレビ解説委員の発言、番組が訂正。「誤った印象を与えるものに」” (日本語). ハフポスト (2020年10月6日). 2020年10月10日閲覧。
  11. ^ 「学術会議で働けば年金250万円」フジテレビ解説委員の発言、番組が訂正。「誤った印象を与えるものに」” (日本語). ハフポスト (2020年10月6日). 2020年10月10日閲覧。
  12. ^ 菅首相「日本学術会議」任命拒否問題でフジ平井文夫がデマ! 志らく、橋下徹、八代英輝もスリカエの政権擁護と学術会議攻撃”. 本と雑誌のニュースサイト/リテラ. 2020年10月10日閲覧。
  13. ^ 蓮舫氏 議員やテレビ解説委員の事実誤認に「間違った認識を公言するのはいかがか」(デイリースポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年10月10日閲覧。
  14. ^ 「日本学術会議で働くと年金」バイキングが誤解説と批判殺到 女性自身
  15. ^ “「学術会議OBは学士院で死ぬまで年金250万円」 フジ解説委員発言は誤り” (jp). Mainichi Daily News. (2020年10月6日). https://mainichi.jp/articles/20201006/k00/00m/040/302000c 2020年10月7日閲覧。 
  16. ^ Hatachi, Kota. “「学術会議で6年働けば、学士院で死ぬまで年金250万円」は誤り。フジテレビで放送、ネットで拡散” (日本語). BuzzFeed. 2020年10月7日閲覧。
  17. ^ 『バイキング』がデマ拡散!?「これは悪質」「完全に誤情報」と批判殺到|ウーマンエキサイト” (日本語). ウーマンエキサイト. 2020年10月7日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/iwaneba/status/1312373533352181762” (日本語). Twitter. 2020年10月7日閲覧。
  19. ^ https://twitter.com/iwaneba/status/1312918642892263424” (日本語). Twitter. 2020年10月7日閲覧。
  20. ^ https://twitter.com/iwaneba/status/1312373533352181762” (archive: http://archive.is/tvQLu).+Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  21. ^ ““千人計画協力”は「悪質なデマ」 学術会議元会長や内閣府が否定 野党ヒアリング詳報” (jp). Mainichi Daily News. (2020年10月15日). https://mainichi.jp/articles/20201015/k00/00m/010/252000c 2020年11月16日閲覧。 
  22. ^ 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議を攻撃する言説は菅政権を擁護するためのフェイクだらけ (2020年10月16日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月16日閲覧。
  23. ^ 「学術会議で働くと年金」バイキングが誤解説を番組内で訂正 | 女性自身” (日本語). WEB女性自身. 2020年10月10日閲覧。
  24. ^ バイデンは融和を求める素晴らしい次期大統領で、トランプは負けを認めないひどい奴、というストーリーは本当なのか”. FNNプライムオンライン. 2020年11月11日閲覧。
  25. ^ バイデンは融和を求める素晴らしい次期大統領で、トランプは負けを認めないひどい奴、というストーリーは本当なのか”. archive.is (2020年11月11日). 2020年11月15日閲覧。
  26. ^ “「バイデン氏のペンシルベニア州当確取り下げ」は誤り 元NY市長ら拡散後、訂正” (jp). Mainichi Daily News. (2020年11月11日). https://mainichi.jp/articles/20201111/k00/00m/030/083000c 2020年11月11日閲覧。 
  27. ^ フジ系メディア、米大統領選めぐり記事訂正→削除 平井文夫・上席解説委員が執筆” (日本語). J-CAST ニュース (2020年11月12日). 2020年11月12日閲覧。
  28. ^ https://twitter.com/rokuonfail/status/1326705080658137090” (日本語). Twitter. 2020年11月15日閲覧。
  29. ^ 『報道現場から見た日本経済の実像』 講師・平井文夫 日本電信電話ユーザ協会(2017年1月吉日)
  30. ^ iwanebaのツイート(1264723013162811394)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]