近藤サト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こんどう サト
近藤 サト
プロフィール
本名 今岡 サト
出身地 日本の旗 日本 岐阜県土岐市
生年月日 1968年7月11日(47歳)
血液型 B型
最終学歴 日本大学藝術学部放送学科
所属事務所 ベルベットオフィス
職歴 フジテレビアナウンサー
活動期間 1991年 -
配偶者 1. 10代目坂東三津五郎(1998年 - 2000年)
2. 今岡寛和(2003年 - )
出演番組・活動
現在 有吉反省会
ソング・アプローチ
ビートたけしのTVタックル
古都浪漫こころ寺巡り
白熱ライブ ビビット
過去 FNN NEWSCOM
FNNスーパータイム』(週末版)
ワーズワースの冒険

近藤 サト(こんどう サト、1968年7月11日 - )は、日本フリーアナウンサーナレーター。元フジテレビアナウンサー日本大学藝術学部放送学科特任教授[1]ベルベットオフィス所属。

来歴・人物[編集]

1968年岐阜県土岐市泉町で生まれる。近藤家では代々、男児には15画、女児には5画の画数の字を命名するという習わしがあったため、「サト」という古風な名が付けられたという。岐阜県立多治見北高等学校を経て、日本大学藝術学部放送学科卒業。

大学卒業後の1991年フジテレビアナウンサーとして入社。同期のアナウンサーには中村江里子小泉陽一がいる。『FNN NEWSCOM』や『FNNスーパータイム』週末版などの報道番組を担当したほか、情報番組のナレーションやバラエティ番組のアシスタントも務めた。1998年9月、寿退社。同年11月、歌舞伎俳優の5代目坂東八十助(後の10代目坂東三津五郎)[2]と結婚するが、2000年6月に離婚。

2003年12月、イベント企画会社社長の今岡寛和と再婚[3]。翌2004年6月に男児を出産。

フリーランス転身後は、低音で落ち着いた声質を活かして情報・バラエティ番組のナレーションを担当する傍ら、2011年からは日本大学藝術学部放送学科特任教授(非常勤)としてアナウンス実習、朗読、卒業研究指導を担当している。

出演[編集]

フジテレビ時代[編集]

報道番組

在職中は途切れることなく報道番組のキャスターを務めたものの、同僚の産休退職など本人の都合とは関係のない担当変更(特に木幡美子の担当変更との兼ね合い)が相次ぎ、安定した番組には恵まれなかった。

バラエティ番組
テレビドラマ

フリーランス[編集]

テレビ番組
ラジオ番組
インターネット動画
ゲーム

脚注[編集]

  1. ^ 教職員スタッフ(特任教授欄に近藤の氏名の記載あり) 日本大学藝術学部放送学科 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ 三津五郎の元妻は、女優で元宝塚歌劇団花組2番手の寿ひずる。三津五郎は寿との離婚後に近藤と再婚。2015年2月逝去。
  3. ^ 近藤は再婚時に妊娠4か月で、できちゃった結婚だった。
  4. ^ 日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」に芸術学部近藤サト特任教授の授業の様子が放映されます 日本大学 2013年5月5日閲覧。
  5. ^ ちょこぶら 2013年1月25日 日本テレビ 2013年5月5日閲覧。
  6. ^ 時の贈りもの 〜時空を超えた職人技 フィレンツェ×京都〜

関連項目[編集]

外部リンク[編集]