この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

長野翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ながの つばさ
長野 翼
プロフィール
本名 内川 翼
愛称 つばりん
出身地 日本の旗 日本 愛媛県
生年月日 (1981-03-16) 1981年3月16日(36歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学第一文学部
職歴 フジテレビジョンアナウンサー
活動期間 2003年 - 2011年
ジャンル 報道番組
配偶者 内川聖一福岡ソフトバンクホークス
家族 1児
出演番組・活動
過去 FNNスーパーニュース
報道2001
スーパー競馬
ミッドナイトアートシアター

長野 翼(ながの つばさ、戸籍名:内川 翼、(旧姓 長野)、1981年3月16日 - )は、元フジテレビ女性アナウンサー身長162cm。足のサイズは25.5cm。夫は、福岡ソフトバンクホークス内川聖一

来歴・人物

愛媛県越智郡関前村岡村島(現今治市)出身。愛媛県立今治西高等学校早稲田大学第一文学部卒業。高校は郷里から非常に離れていたため親元を離れ1人暮らしを送っていた。大学時代にはアナウンス研究会に所属していた。アナウンサーに憧れていたため、マスコミへの就職者数が多い早稲田大学へ進学した。

2003年入社。同期のアナウンサーは石本沙織戸部洋子田中大貴。入社直後から『FNNスーパーニュース』でリポートを担当。

一方で新人時代、報道と並行して競馬番組担当も希望。2年目となった2004年4月から『あしたのG』を番組終了まで担当。そのまま後番組の『うまッチ!』にも出演し、BSフジで放送していた『競馬大王』と後継の『BSフジ競馬中継』でも進行役を務めた。『うまっチ!』と『スーパー競馬』を掛け持ちしていた若槻千夏の病欠中(2006年11月5日12月10日)に『スーパー競馬』担当に移り、2007年1月から正式に司会となった。なお、『うまっチ!』の後番組『うまなで〜UMA to NADESHIKO〜』には1度ゲスト出演しただけである。

2007年4月8日からは、『報道2001(現:新報道2001)』に黒岩祐治アシスタントMCとして登板。それ以降の約半年間、朝は報道、昼は競馬というスケジュールをこなしていた。夏のローカル競馬開催期間中には、『2001』生放送終了後に福島競馬場新潟競馬場へ直行し、『スーパー競馬』の放送に臨むというハードスケジュールだった。10月1日から2011年3月25日まで『スーパーニュース』のサブキャスターとして登板。

『スーパーニュース』のサブ昇格後、日曜日の『スーパー競馬』も継続して司会を担当していたため、週6日の生放送担当というシフトスケジュールをこなしていた。しかし、2007年12月23日を以て『スーパー競馬』が番組終了となったため、競馬担当から外れ、翌2008年1月からは『スーパーニュース』一本を担当。

2009年4月4日4月5日は、北朝鮮の弾道ミサイル発射関連のFNN報道特別番組のキャスターを担当。

2009年10月5日、当時プロ野球横浜ベイスターズに在籍していた内野手内川聖一との真剣交際が明らかになった[1]。年が明けて2010年1月13日に婚約発表を行い、3月24日結婚[2]。しかし夫がその年の暮れにソフトバンクにフリーエージェント制度を利用して移籍したことから、別居(夫は単身赴任)するのかそれともフジテレビを辞めて福岡へ移り住むのか、去就が注目されていた[3]

東京・表参道の「南青山サンタキアラ教会」で挙式した2010年12月18日、年度末の2011年3月いっぱいでフジテレビを退社することを発表。

退社間近の2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。長野も報道特別番組に駆り出され、3月12日に出演予定だったフジテレビONEフジアナスタジオ まる生2011』は放送中止となる。そして、3月25日の『スーパーニュース』最後の出演でも大震災、さらには緊迫した状態が続く福島第一原子力発電所の状況を放送時間の大半に割き、とうとう視聴者へのお別れの挨拶ができないまま出演を終了した。

結婚退社後は夫が所属するチームの本拠地である福岡に居を移して、自らは表に出ず夫のサポートに専念している。2011年10月1日のパシフィック・リーグ優勝を決めた対埼玉西武ライオンズ戦の際には西武ドームで試合を観戦している[4]

2012年1月11日に、内川聖一から妊娠5か月で同年6月に第1子誕生予定であることが発表された[5]。同年6月5日に長女(体重3,956g)を出産した[6]

エピソード

  • 育った岡村島は、瀬戸内海に浮かぶ広島県との県境の島で、呉市大崎下島)と隣接し、現在は安芸灘諸島連絡架橋によって本土・本州の広島県と陸続きとなっており、広島市内にも車で40分〜50分程度の場所である。四国・愛媛県側とは陸続きになっていない。
  • 父親がバードウオッチング好きで、翼と名付けられた。子供の頃は父親のバードウオッチングで全国各地に連れられていたが、本人はそれが嫌だったという。妹や2人の弟もすべて鳥に関する名前である。
  • 少女時代に、『翼をください』の替え歌でからかわれ、同曲が嫌いだった。
  • アナウンサー時代、各種インタビューで元々民放よりもNHK志望だったことを明かしている。理由のひとつに民放のアイドル的アナウンサーは嫌だったからという。実際、入社試験で当時の村上光一社長から担当したい番組を聞かれると「報道です」と答えた。
  • 全アナウンサー参加番組『晴れたらイイねッ!Let'sコミミ隊』での初登場回は、地元と実家でのロケであった(2004年1月25日放送)。
  • 思い出の馬はテイエムオペラオーであり、大学生時代に競馬を見るきっかけを作った馬だった。
  • 2004年、同期の石本沙織戸部洋子とともに、リアリー?マドリッドに参加していた。
  • FOOTBALL CX』には元々、ナレーションやコーナー担当として出演していたが、ナレーションをジョン・カビラ青嶋達也が担当するようになると、中野アナとともに「HAPPY BIRTHDAY」のコーナーを担当するようになった。当初、サポート的な位置だったが、後にほとんどの役割を担当した。
  • 犬(チワワ)を飼っており、そのうちメスの「ハッサク」(八朔)は現役アナウンサー時代にはニュースリポートにも度々登場させていた。現在はオスの「レンジ」と2匹[7]
  • 西日本スポーツ2011年1月7日付紙面で、福岡で活動する場合系列のテレビ西日本(TNC・テレ西)が何らかの形で受け皿となるべく、オファーを出していたと報じた[8]。なお、馬原孝浩と結婚した畑野優理子(元TNC)とはアナウンサーとしても同期で、同系列・大学も同じという繋がりから面識があった[9]
  • 『スーパーニュース』では長野の後任について人選が難航。2011年3月時点でフィールドキャスターを務める後輩の大島由香里椿原慶子両アナウンサーが隔週交代でサブキャスターを務める事が決定し、長野の降板に合わせて須田哲夫吉崎典子境鶴丸の各アナウンサーも同番組を外された(その後も週をよって、不定期で出演する場合もあった)。

過去の出演番組

脚注

  1. ^ 横浜内川がフジ女子アナと真剣交際 日刊スポーツ 2009年10月6日閲覧
  2. ^ 結婚:プロ野球の横浜・内川選手とフジ・長野アナ 毎日新聞 2010年1月13日閲覧
  3. ^ なお夫はFA宣言後、妻が大ファンという広島東洋カープとも交渉を行っていた。
  4. ^ フジテレビ退社 翼夫人も感極まった「あらためて凄い人だと」 スポーツニッポン 2011年10月2日閲覧
  5. ^ 内川パパで最多安打更新だ!6月に翼夫人が出産予定 スポーツニッポン 2012年1月12日閲覧
  6. ^ 【ソフトB】内川に第1子女児誕生 日刊スポーツ 2012年6月5日閲覧
  7. ^ ““愛妻同伴”だ! 内川 キャンプに長野アナ呼ぶ”. スポーツニッポン. (2010年1月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/01/31/08.html 2010年12月7日閲覧。 
  8. ^ “翼アナ TNC登板も選択肢 内川夫人“FA”宣言!?”. 西日本スポーツ. (2011年1月7日) 
  9. ^ “馬原夫婦が新生活手助け SBM(サポート・ぼくらに・まかせて)”. 西日本スポーツ. (2011年1月7日) 

関連項目

外部リンク