関前村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せきぜんむら
関前村
廃止日 2005年1月16日
廃止理由 新設合併
今治市、関前村菊間町大西町波方町玉川町朝倉村吉海町宮窪町伯方町上浦町大三島町
今治市
現在の自治体 今治市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
越智郡
面積 5.52km2
総人口 865
(2000年10月1日)
隣接自治体 越智郡波方町大三島町(現今治市
広島県豊田郡豊町(現呉市
広島県豊田郡木江町(現大崎上島町
(2001年1月現在・すべて海上により隣接)
村の木 ヤマモモ
村の花 みかんの花
鳥:メジロ魚:サワラ
昆虫:クロツバメシジミチョウ
関前村役場
所在地 794-1192
愛媛県越智郡関前村大字岡村甲732番地
 表示 ウィキプロジェクト
今治市関前支所(旧関前村役場)

関前村(せきぜんむら)は、愛媛県東予地方に在ったである。2005年1月今治市越智郡11か町村の合併により、地方自治体としては消滅している(全国的にも多数の市町村が関係する合併であった)。またこの結果、愛媛県から村が消滅した。

有人島は岡村島大下島小大下島の3島。下記以外の項目は、それぞれのの記事参照。

地理[編集]

芸予諸島岡村島大下島小大下島の3島とその属島の無人島群からなる離島の村。西部では、広島県大崎上島からのみかんの出作が行われてきた。石灰岩の露頭がみられて、明治時代に一時は島外から事業者が入り込み盛んに石灰の採掘が行われて島の形が変容する程であったが、資源の涸渇と共に島を去っていった。現在では巨大な採掘跡は水源地となっており、島民を潤している。

村名の由来
中世において瀬戸内海を近畿に上る航路上に位置しており、潮待ちの関の手前に位置したことにより「関前」と呼ばれた。

歴史[編集]

戦国期には、村上水軍出城が築かれていた。

江戸期には、伊予松山藩領(1635年~)で瀬戸内海航路帆船の中継地となる。

沿革[編集]

関前村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)      ([[昭和の合併]])   ([[平成の合併]])
            町村制施行時       
大下  ━━━┓          
       ┣━━━関前村━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
岡村  ━━━┛                          ┃
                                  ┃2005年1月16日 
                                  ┃新設合併、新・今治市発足
                          今治市━━━━━╋━━今治市
                          [[朝倉村]]━━━┫
                          [[玉川町]]━━━┫
                          [[波方町]]━━━┫
                          [[大西町]]━━━┫
                          [[菊間町]]━━━┫
                          [[吉海村]]━━━┫
                          [[宮窪町]]━━━┫
                          [[伯方町]]━━━┫
                          [[上浦町]]━━━┫
                          [[大三島町]]━━┛
                                  

(注記)今治市以下の市町村の平成の合併以前の系譜はそれぞれの市・町・村の記事を参照のこと。

行政[編集]

  • 庁舎 村役場は、岡村島に在った。(現在の『今治市役所関前支所』)
  • 市町村合併
    新:今治市は、全国的にみても多くの市町村が関係する大規模な合併となった。関前村としては、合併しないあるいは他の市町村との枠組みという選択肢は事実上無かった。新・今治市となった合併市町村の中では、唯一の離島なのである。(他の越智郡島嶼部は、瀬戸内しまなみ海道〔西瀬戸自動車道〕により、有料道路ではあるが道路でつながっている。)とはいえ、今治市内には関前村出身者も多いこともあり見捨てられることはないとの希望もあった。
  • 財政
    離島であり、財源が乏しくて非常に厳しい運営を迫られた。それに加えて 地方交付税の削減など国の財政再建路線が追い打ちをかけて、2003年度の決算では起債制限比率が19.4%(単年度)と起債制限をかけられる20%すれすれの数字であり 仮に合併しなければ数年内にも財政再建団体となることが免れない状況であった。
    箱物に過大投資を行ってきたわけではないが、財政がここまで悪化した要因としては下記が考えられる。
    村営フェリー事業を行っており、その赤字が負担となっていた。
    かんきつ園などの農業基盤整備に際して国庫補助事業の適用を受けるようにすると、農家・集落の自己負担が必要であるが零細農家が多いことから色々な形で村が支援してきた。

地域[編集]

自然村の大下と岡村とを、そのまま大字とした。行政区としては、「小大下」を加えた3つ。それぞれで、一つの島をなしている。

大下(おおげ)、岡村(おかむら)、小大下(こおげ)

平成の合併で今治市の一部になってからは、行政区名の前に「関前」を付けて大字は省く。

例 今治市関前大下

宗教[編集]

神道[編集]

仏教[編集]

禅宗[編集]

浄土真宗[編集]

真言宗[編集]

その他[編集]

教育[編集]

保育園・保育所[編集]

幼稚園[編集]

無し

小学校[編集]

かつては、小大下校があった。(出典:関前村誌

中学校[編集]

  • 関前中学校(岡村保育所・岡村小学校と同じ敷地に在る)

かつては、関前村立岡村中学校と関前村立大下中学校とがそれぞれ在った。

高等学校[編集]

村内には高等学校が無く、旧今治市内へ行かざるを得ない。

養護学校[編集]

無し

大学・短大[編集]

無し

交通[編集]

航路[編集]

村営フェリーにより、今治港 および大崎下島大崎上島(共に広島県)と結ばれている。合併後は市によって今治市営フェリーとして運行されている。

鉄道[編集]

村内に、鉄道は無い。最寄駅:JR四国予讃線今治駅

道路[編集]

村内に、国道主要地方道は無い。岡村島と大崎下島(広島県)は、で結ばれている。(安芸灘諸島連絡架橋構想の一つとして位置づけられる)。 合併後の2009年には、呉市まで架橋を利用することでいけるようになった。

出身有名人[編集]

ゆかりの有名人[編集]

関連項目[編集]