牛尾奈緒美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うしお なおみ
牛尾 奈緒美
プロフィール
本名 牛尾 奈緒美
出身地 日本の旗 日本 静岡県静岡市清水区
生年月日 (1961-03-08) 1961年3月8日(59歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学文学部仏文学科
職歴フジテレビアナウンサー
活動期間 1983年-1988年
(アナウンサーとして)
ジャンル 報道
配偶者 牛尾志朗
出演番組・活動
出演経歴FNNスーパータイム
荒川強啓のらくらくTOKIO
FNNモーニングコール
FNNスピーク

牛尾 奈緒美(うしお なおみ、旧姓:中村、1961年3月8日 - )は、日本経営学者明治大学副学長、情報コミュニケーション学部教授、同学部ジェンダー・センター副センター長。専門は経営学、人的資源管理論[1]ジェンダー・マネジメント[2]ホリプロ所属[3]。元フジテレビアナウンサー。

来歴[編集]

静岡県清水市(現在の静岡市清水区)出身。静岡雙葉高校[4]慶應義塾大学文学部卒業後フジテレビに入社。アナウンサーとしてニュースや情報番組のキャスターを務める。1989年に退社後、専業主婦となるが、一念発起して慶應義塾大学大学院経営管理研究科に進学。MBA取得、大学院商学研究科博士課程を修了。1998年、公募[5]明治大学専任講師に採用される。2003年助教授、2009年より教授[6]。また、テレビの報道番組コメンテーターをはじめ、新聞、雑誌、講演等、多方面で活動を展開している。安倍晋三昭恵夫妻とは親戚関係にあたる[7]

内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員[8]、地方創生IT利活用推進会議政策企画ワーキンググループ構成員[9]JXホールディングス株式会社監査役、株式会社セブン銀行監査役[10]、株式会社共同通信社コンプライアンス委員会外部委員、株式会社静岡銀行アドバイザリー・ボード(経営諮問委員)、公益財団法人通信文化協会評議員[11]、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン理事[12]などを務める。

人物[編集]

  • 日本企業における女性活用問題と雇用システムについて研究し、働く女性の能力発揮の問題に取り組んでいる[1]
  • アクセンチュアが主催した公開討論で安倍昭恵と対談し、昭恵ちゃんと同じお嬢様育ちで、伝統的な形でのお嫁さんでありながら、「自分って何だろう?」って考え続けてきた数十年だと語るほど[7]自分探しや自己啓発に熱心で、明治大学の学外向け『女性のための スマートキャリアプログラム』の講座コーディネーターを務める[13]
  • ロレアル・ジャパン石巻市で主催した "なりたい自分にきっとなれる" と題した特別公開トークセッションで、東日本大震災以来、同地方に足繁く赴く安倍昭恵とともにスピーカーを務め、「夢を実現するには家族や周りの人の協力も欠かせない。家庭との両立は簡単ではないけれど、感謝の心と誠実さをもって接すれば自ずと道は拓けます」と、同市内の婦人会や老人会婦人部の参加者に力説した[14]
  • 一般社団法人営業部女子課の会が主催する『WAW! 2015』に[15]、「女性が輝く社会」に向けたメッセージを安倍首相らとともに寄せた[16]

出演番組[編集]

アナウンサー時のキャスターとしての出演

コメンテーターとしての出演

その他の出演

  • 放送終了前アナウンス(副音声)(1986年4月 - 1993年9月)退社後の1993年まで使われた。

系譜[編集]

                         (中村)奈緒美
                            ┃
                          ┏牛尾志朗
                    ┏牛尾治朗━┫
        牛尾梅吉━━牛尾健治━━┫     ┗幸子
                    ┗牛尾吉朗   ┃
                            ┃
          ┏岸秀助━━岸信介━┳岸信和    ┃
          ┃         ┃       ┃
      岸要蔵━┫         ┗洋子     ┃
          ┃           ┃   ┏安倍寛信
          ┗岸信政━━良子    ┃   ┃
                      ┣━━━╋安倍晋三
                      ┃   ┃
                      ┃   ┗岸信夫
        安倍寛━━━━━━━━━━安倍晋太郎

家族・親族[編集]

牛尾奈緒美の義父である牛尾治朗ウシオ電機の創業者で同社会長である。治朗の長女(すなわち牛尾の義妹)は外務大臣や自民党幹事長などを歴任した安倍晋太郎の長男・安倍寛信に嫁いだ(すなわち牛尾は安倍の息子と義兄弟の関係にある)。寛信・晋三の弟である信夫は母・洋子の実家である岸家に養子入りした。洋子の父、すなわち晋太郎の義父である岸信介佐藤栄作の兄にあたり、岸・佐藤兄弟の係累は晋三夫人の実家である森永製菓の創業家一族や、ソニー名誉会長の盛田昭夫味の素の鈴木家、元NHKのキャスターで1991年の東京都知事選に出馬した磯村尚徳ライオンの小林家、栄作の次男である佐藤信二の妻の実家である安西家、さらに安西家の外戚である森家や日清製粉グループ本社の正田家へとつながっている。

晋三の妻・昭恵の父は森永製菓元会長の松崎昭雄で、松崎は同社3代目・森永太平の娘婿にあたる。森永の次女は山種証券の創業者一族である山崎誠三(山崎種二の次男)に嫁ぎ、誠三の長男・山崎元裕は昭恵と従兄弟同士の関係にある。元裕の妻はトヨタ自動車相談役の豊田達郎の長女。達郎の妻は清水建設元社長・清水康雄の三女で、現当主・清水満昭の義兄にあたる。豊田達郎とその兄・豊田章一郎の母は髙島屋の創業家一族の出身で、この係累は鮎川義介久原房之助西園寺公望などへとつながっている。

山崎誠三の義兄には日本石油化学元相談役の今井善衛や、JR東日本元会長の住田正二がおり、今井家の係累からは福田赳夫福田康夫親子[17]日本火災創業家の右近家、さらに元富国生命会長の小林中富士急行創業家四代目の堀内光一郎(光一郎の母は辻政信の娘)、住田家の係累からは永野重雄赤間文三斎藤邦吉白川義則伍堂卓雄生田久貴などへつながっている。永野重雄の甥である永野正の長男は偕成社創業家に養子入りしたが、養子入りした今村正樹の義母はライオン元会長の小林敦と従兄弟なので、その係累もぐるっと回って安倍家や牛尾家につながる。

これ以外にも千野志麻[18]昭和天皇安西正夫森矗昶三木武夫松崎哲久五島昇北野隆興石井光次郎石橋正二郎鳩山一郎鳩山由紀夫郷和道成毛厚子宮澤喜一宮澤エマ濱口儀兵衛太田誠一櫻内義雄服部金太郎團遥香犬養毅大原総一郎浅尾新甫浅尾慶一郎濱口雄幸田中角栄田中直紀斉藤滋与史名尾良孝山下亀三郎岡崎忠武田長兵衛武田國男黒田善太郎黒田暲之助竹中統一小原夏樹金丸信小沢一郎椿原慶子DAIGO北川景子吉田茂麻生太郎鈴木善幸近衛文麿細川護熙16代目千宗室永谷嘉男2代目片岡秀太郎藤原紀香大浦龍宇一寺田理恵子[19]陣内智則松村未央などと縁戚関係にある。

著書[編集]

  • 『ラーニング・リーダーシップ入門』(志村光太郎・石川公彦との共著)日本経済新聞出版社、2011年9月
  • 『女性リーダーを組織で育てるしくみ』(志村光太郎との共著)中央経済社 2014年8月

参考文献[編集]

  • 『閨閥-日本のニュー・エスタブリッシュメント-』(佐藤朝泰立風書房、1981年10月、102~118頁、128~134頁、409~418頁
  • 『豪閥-地方豪族のネットワーク-』(佐藤朝泰)立風書房、2001年7月、71~91頁、137~160頁、418~423頁
  • 『日本の財界と閨閥』(大森映)学藝書房、1988年4月、63~65頁、139~145頁

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]