牛尾奈緒美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Template:基礎情報 明治大学副学長(広報担当)、情報コミュニケーション学部教授

牛尾 奈緒美(うしお なおみ、本名同じ、旧姓:中村、1961年3月8日 - )は、元フジテレビアナウンサー明治大学情報コミュニケーション学部教授、同学部「ジェンダー・センター」副センター長。専門は経営学、人的資源管理論[1]ジェンダー・マネジメント[2]

内閣府「男女共同参画推進連携会議」有識者議員[3]、「地方創生IT利活用推進会議 政策企画ワーキンググループ」構成員[4]を務めるほか、JXホールディングス株式会社監査役、株式会社セブン銀行監査役[5]、、株式会社共同通信社コンプライアンス委員会外部委員、株式会社静岡銀行アドバイザリー・ボード(経営諮問委員)、公益財団法人通信文化協会評議員[6]、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン理事[7]などの役職を兼務している。

静岡県清水市(現在の静岡市清水区)出身。血液型はO型。身長は157cm。趣味、特技はテニスゴルフ水彩画

来歴[編集]

静岡雙葉高校卒業。慶應義塾大学文学部卒業後、フジテレビジョンに入社。アナウンサーとしてニュースや情報番組のキャスターを務める。結婚退社後、専業主婦となるが、一念発起し、慶應義塾大学大学院経営管理研究科に進学。MBA取得、出産を経て大学院商学研究科博士課程を修了。1998年公募明治大学専任講師に採用される。2003年助教授、2009年より教授[8]。また、テレビの報道番組コメンテーターをはじめ、新聞、雑誌、講演等、多方面で活動を展開している。安倍晋三昭恵夫妻は親戚関係にあたる[9]。一児の母。

人物[編集]

  • 日本企業における女性活用問題と雇用システムについて研究し、働く女性の能力発揮の問題に取り組んでいる[1]
  • アクセンチュアが主催した公開討論で安倍昭恵と対談し、伝統的な形でのお嫁さんでありながら、「自分って何だろう?」って考え続けてきた数十年だと語った[9]

出演番組[編集]

アナウンサー時のキャスターとしての出演

コメンテーターとしての出演

系譜[編集]

                         (中村)奈緒美
                            ┃
                          ┏牛尾志朗
                    ┏牛尾治朗━┫
        牛尾梅吉━━牛尾健治━━┫     ┗幸子
                    ┗牛尾吉朗   ┃
                            ┃
          ┏岸秀助━━岸信介━┳岸信和    ┃
          ┃         ┃       ┃
      岸要蔵━┫         ┗洋子     ┃
          ┃           ┃   ┏安倍寛信
          ┗岸信政━━良子    ┃   ┃
                      ┣━━━╋安倍晋三
                      ┃   ┃
                      ┃   ┗岸信夫
        安倍寛━━━━━━━━━━安倍晋太郎

著書[編集]

  • 『ラーニング・リーダーシップ入門』(志村光太郎・石川公彦との共著)日本経済新聞出版社 2011年9月)
  • 『女性リーダーを組織で育てるしくみ』(志村光太郎との共著)中央経済社 2014年8月

外部リンク[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]