産経テレニュースFNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
産経テレニュースFNN
SANKEI TELENEWS FNN
ジャンル 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビジョンFNN
出演者 以下を参照
音声 ステレオ放送[1]
字幕 リアルタイム字幕放送[2]
外部リンク 番組紹介ページ
放送時間 毎週日曜6:00 - 6:15(15分)
放送期間 【土曜】
1982年4月3日 - 1997年9月27日
【日曜】
1982年4月4日 - 2016年3月27日
出演者 山中章子
放送時間 毎週日曜11:50 - 12:00(10分)
放送期間 【平日】
1966年10月 - 1975年9月
1977年4月 - 1982年3月31日
【土曜】
1966年8月 - 1992年3月28日
【日曜】
1966年8月 - 2016年3月27日
出演者 山中章子
夕方のローカルニュース
放送時間 月 - 土曜18:45 - 18:50(5分)
放送期間 1966年10月 - 1970年10月3日
出演者 (不明)
午後のスポットニュース
放送時間 歴代の放送時間を参照(5分)
放送期間 1982年4月 - 1993年9月30日
出演者 こちらを参照

特記事項:
タイトルロゴ上の表記は『産經テレニュースFNN』。
1988年5月27日までの番組タイトルは『サンケイテレニュースFNN』。
テンプレートを表示

産経テレニュースFNN』(さんけいテレニュースエフエヌエヌ、英字表記:SANKEI TELENEWS FNN)は、1966年10月から2016年3月27日までフジテレビで放送されていたニュース番組である。協力は産経新聞。系列局では、産経以外の新聞社が出資している局を中心にタイトルが差し替えられるケースが多々あった(後述)。

概要[編集]

フジテレビのストレートニュース番組。

FNNニュース』の一種であるが、産経新聞PRとして番組名に「産経」(カタカナ時代は「サンケイ」)のクレジットが入っていたものである。タイトルロゴは、産経新聞社・フジサンケイグループのロゴタイプに合わせてデザインされている。1988年5月27日(金曜午後)までは社名に合わせ『サンケイテレニュース』として放送されていたが、産経新聞がロゴを片仮名の「サンケイ」から漢字の「産經」へ変更したことに伴い、翌28日(土曜朝)より『産経テレニュース』となっていた。

なお、テレビ欄では本来のタイトルではない『FNNニュース』と記されることがあった。

フジテレビが開局する直前の1958年11月、フジテレビならびに文化放送社長の水野成夫産業経済新聞社の社長にも就任した事から、これまで共同通信社系の共同テレビジョンニュース社からニュース番組・共同テレニュースを購入して放送する事に決めていたフジテレビは産経新聞と提携することとなり、開局と同時に『サンケイニュース』を共同テレニュースと並行して放送することとなった。

1963年1月1日より、共同テレニュースのタイトルもこれまでの『フジテレニュース』から『サンケイテレニュース』に変更。1960年代は連日放送されていたが、FNN結成やニュース番組がワイド化するにしたがって、徐々に「FNN」を冠する番組に置き換えられていく。FNN結成後は系列放送局が独自のタイトルを付けるようになっていった。

2016年3月における末期の放送は日曜日のみの放送となっていた。なお昼の定時ニュースのうち、1968年-1975年は大手4大ネット+NHKの中で最も遅い12:45-12:55[3]に放送されていた。

2009年4月5日から、昼の放送でリアルタイム字幕放送を行っていた。[4]

2011年10月31日よりフジテレビの全ての報道・情報番組がステレオ放送に切り替わったため、同年11月6日から、放送開始以来変わることがなかった音声モードがモノラルからステレオに変更されていた。

本番組は2016年3月27日をもって、49年8か月の放送に幕を閉じた(最終回による挨拶は特になかった。)。翌週4月3日より朝は『FNNニュース』、昼は『FNNスピーク』の週末版『FNNスピークWeekend』に変更された[5]

番組終了時点の放送時間[編集]

日曜朝
  • 6:00 - 6:15(JST
日曜昼
  • 11:50 - 12:00(JST) ※11:56.10から11:57.55はローカル枠、11:57.55から提供クレジット
    • フジテレビ739およびフジテレビTWOで2012年3月18日まで、12:10 - 12:20に時差放送が行われていた(2009年3月までは12:00 - 12:10に放送)。
    • 12:00からマラソン・駅伝中継を組み、11:45から15分間の直前情報番組を放送する場合、放送時間が11:40 - 11:45の5分間に短縮されていた。

番組終了時点の担当キャスター[編集]

朝は2012年10月7日から、昼は2013年4月7日から担当。2014年5月より『FNNスピーク』(当初は木・金曜、同年10月より土曜)を兼務。
朝の後番組『FNNニュース』および昼の後番組『FNNスピークWeekend』も続投。

歴代の放送時間[編集]

全国ネット枠[編集]

期間 朝(15分) 午後(5分)[6]
土曜日 日曜日 平日 土曜日 日曜日 平日
1966.10 1968.3 なし 12:45(10分) 11:45(15分) なし
1968.4 1975.3 12:45(10分) 11:45(10分)
1975.4 1975.9 12:30(15分) 11:40(15分)
1975.10 1977.3 なし
1977.4 1982.3 11:50(10分)1
1982.4 1987.9 7:15 (なし) 11:45(15分) 11:55(5分) 14:55
1987.10 1989.3
1989.4 1990.9 6:30
1990.10 1992.3 14:002
1992.4 1993.9 なし 11:50(10分)
1993.10 1994.3 (なし)
1994.4 1997.3 6:303 7:00
1997.4 1997.9 6:45
1997.10 1998.3 (なし)
1998.4 2003.9 6:15
2003.10 2016.3 6:00

ローカル枠[編集]

  • 1966年10月 - 1970年9月 平日・土曜日18:45 - 18:50
    • 平日・土曜日夕方の『FNNニュース』(全国ニュース)に続いて放送されていたが、全国ニュース・ローカルニュース・天気予報を統合した『FNNニュース6:30』の放送開始に伴い終了した。

歴代のキャスター[編集]

当時の人物を含めて、全員フジテレビアナウンサー。

「産経テレニュースFNN」朝・昼・平日午後の歴代キャスター
期間 平日 土曜日 日曜日
午後
月 - 水 木・金
1966.10 1981.3.31 (不明) (放送なし) (不明) 放送なし (不明)
1981.4.1 1982.3.31 露木茂1
1982.4.1 1991.3.31 (放送なし) (不明) (シフト勤務)
1991.4.6 1992.3.31 山中秀樹2・3
1992.4.1 1993.3.31 堺正幸2 山中秀樹2 (シフト勤務) 放送なし (シフト勤務) 山中秀樹2・4
1993.4.1 1993.9.30 向坂樹興2 阿部知代2 阿部知代2
1993.10.1 1997.9.28 (放送なし)
1997.10.4 2000.9.24 (放送なし)
2000.10.1 2002.9.29 深澤里奈4
2002.10.5 2006.9.24 藤村さおり
2006.10.1 2008.9.28 藤村さおり 吉田伸男2
2008.10.5 2011.3.27 野島卓2・3
2011.4.3 2011.6.26 小穴浩司
2011.7.3 2011.9.25 福井慶仁 石本沙織4
2011.10.2 2012.9.30 福井慶仁
2012.10.7 2013.3.31 山中章子 福井慶仁4
2013.4.7 2016.3.27 山中章子2・5

補足
  • 朝は当初から土・日曜日のみの放送。
  • シフト勤務は逸見政孝永島信道福井謙二陣内誠増田明男、山中秀樹、牧原俊幸、向坂樹興、三宅正治吉沢孝明ほか、当時帯番組を担当していた軽部真一(主に土曜)、笠井信輔境鶴丸やスポーツ中継担当の近藤雄介などの男性アナウンサーが不定期で担当していた。
  • 阿部はフジテレビの女性アナウンサーとしては初の単独での報道番組出演。
  • 2011年5月8日の放送では、朝枠は通常通り小穴が担当したものの、昼枠は福井慶仁が務めた(なお、6月19日放送分ではこれの逆のパターンがみられた)。

ネット局[編集]

系列局・CSでの放送状況(終了時)[編集]

  • ○…フジテレビのものをそのまま放送
  • ■…自社制作分で対応する
  • ×…上記のいずれも放送しない、或いはCM
  • 記号なし…不明
「産経テレニュースFNN」各局のタイトルとローカル枠ネット状況
放送局名
番組名

番組名
関係する新聞 備考
ローカル枠・ニュース ローカル枠・天気 ローカル枠・昼
フジテレビ ★産経テレニュースFNN 産経新聞
  • 基幹・制作局
     
北海道文化放送 uhb NEWS FNN 北海道新聞
× ×
岩手めんこいテレビ FNN mitニュース[8] 産経新聞・
岩手日報
仙台放送 FNN仙台放送NEWS 産経新聞
秋田テレビ FNN AKTニュース[9] 秋田魁新報読売新聞
さくらんぼテレビ FNNさくらんぼテレビニュース 産経新聞
福島テレビ FNNニュース FNN FTVニュース 産経新聞・
福島民報
新潟総合テレビ ★産経テレニュースFNN 産経新聞
長野放送 ★産経テレニュースFNN NBSニュース 産経新聞・
中日新聞
信濃毎日新聞
  • 土曜日に放送していた時は朝は「中日新聞ニュース」に改題し昼はNBSニュースに改題していた。平日午後はNBSニュース(ローカル)を月曜日~水曜日に放送し木曜は中日新聞ニュース(ローカル)、金曜は産経テレニュースとして放送していた。
テレビ静岡 FNN中日新聞ニュース
(1月 - 3月・7月 - 9月)
FNN産経新聞ニュース
(4月 - 6月・10月 - 12月)
FNNテレビ静岡ニュース 産経新聞・
中日新聞
  • 朝:産経と中日が同数出資しているため、四半期ごとにタイトル変更。
  • ニュースレポート11:30」開始まで、月〜土の昼枠で『FNNサンケイ新聞ニュース』と『FNN中日ニュース』を隔日で交互に放送し、朝枠は『FNNテレビ静岡ニュース』として放送していた。
富山テレビ BBT NEWS 北陸中日新聞
朝日新聞
  • 1993年末までは『富山テレビニュース』として放送。
  • 朝のみ6:10までの放送。
× ×
石川テレビ FNN石川テレビ朝刊 FNN石川テレニュース 北陸中日新聞
福井テレビ FNN福井テレビニュース 中日新聞(日刊県民福井)・
福井新聞
  • 1990年3月まで土日朝のニュースは放送されなかった。
東海テレビ FNN東海テレニュース 中日新聞
関西テレビ カンテレNEWS 産経新聞
山陰中央テレビ TSKテレビ朝刊 TSKニュース FNN 山陰中央新報
産経新聞
岡山放送 OHKサンデーフラッシュ FNN OHK サンデースピーク FNN 産経新聞・
山陽新聞
テレビ新広島 ★tss産経テレニュースFNN 産経新聞・
中國新聞
日本経済新聞
山陰中央新報
  • 朝は6:10までの放送。朝は『tssテレビ朝刊』→『tss産経テレニュースFNN』→題名から「tss」が外れる→2010年7月、再び題名に「tss」が付く。
テレビ愛媛 EBCニュース 産経新聞
高知さんさんテレビ KSS SUNSUNニュース FNN 産経新聞・
高知新聞
テレビ西日本 TNC NEWS テレビ西日本 西日本新聞ニュース 西日本新聞
サガテレビ FNN SAGATVニュース 西日本新聞・
佐賀新聞
  • 2015年1月の新CI導入に伴い、『FNN stsニュース』から『FNN SAGA TV ニュース』に改題した。
テレビ長崎 KTNテレニュース 読売新聞
西日本新聞
テレビ熊本 TKU NEWS 西日本新聞
     
テレビ大分 日本テレビ(NNN)の『NNNニュースサンデー』を放送 TOSテレニュース FNN 読売新聞・
西日本新聞
テレビ宮崎 UMKニュース テレビ朝日(ANN)の『ANNニュース』を放送 西日本新聞・
宮崎日日新聞
鹿児島テレビ KTSニュース FNN 西日本新聞・
南日本新聞
沖縄テレビ FNNニュースクリック FNNスピーク 琉球新報
フジテレビTWO(CS放送) 放送なし ★産経テレニュースFNN

過去のネット状況[編集]

FNNフルネット局になる前のクロスネットだった系列局や過去の系列局のネット状況を記述。系列は現在の系列になる前の系列。

放送対象地域 放送局 放送当時の系列 備考(特記以外は昼)
宮城県 仙台放送(OX) NNN/FNN 昼は1970年10月から
1970年9月30日までの昼は日本テレビの『日本テレニュース』→『NNNワイドニュース』をネットのため未ネット
秋田県 秋田テレビ(AKT) FNN
→FNN/ANN
朝に関しては1975年3月31日 - 1987年3月は『ANNニュースセブン』もネット
山形県 山形テレビ(YTS) FNN
→FNN/ANN
→FNN
1993年3月31日まで
現在はANN系列
福島県 福島中央テレビ(FCT) FNN/ANN 1971年9月のネットチェンジまで
NETテレビANNニュース』をネットのため
現在はNNN単独系列
新潟県 新潟総合テレビ(NST) NNN/FNN/ANN
→FNN/ANN
昼は1975年4月 - 1983年9月は日本教育テレビ→全国朝日放送
ANNニュースライナー』をネットのため(それ以前は不明)。
朝は1981年3月まで土・日曜朝は日本テレビの『NNN朝のニュース』。
1981年4月から1983年9月まで土日は全国朝日放送の『ANNニュースセブン』をネットのためそれぞれ未ネット
広島県 広島テレビ(HTV) NNN/FNN 1975年9月まで
昼は日本テレビの『日本テレニュース』→『NNNワイドニュース』をネットのため未ネット
現在はNNN単独系列
長崎県 テレビ長崎(KTN) NNN/FNN 朝は1990年9月まで日本テレビの『NNN朝のニュース』をネットのため、
昼は1990年9月まで日本テレビの『NNNワイドニュース』→『NNN昼のニュース』をネットのためそれぞれ未ネット
熊本県 テレビくまもと(TKU) FNN/ANN 1975年4月 - 1983年9月の昼は日本教育テレビ→全国朝日放送の『ANNニュースライナー』をネットのため未ネット(それ以前は不明)
大分県 テレビ大分(TOS) NNN/FNN/ANN 朝は日本テレビの『NNN朝のニュース』→
NNNニュースサタデー』・『NNNニュースサンデー』をネットのため
昼は1975年4月 - 1993年9月は日本教育テレビ→全国朝日放送の『ANNニュースライナー』→『ANNニュース』をネットのため(それ以前は不明)それぞれ非ネット
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) NNN/FNN/ANN 朝は2002年9月まで他系列も含めた日曜朝のニュースの自体が放送なし
昼は開局当時から日本教育テレビ→全国朝日放送の
『ANNニュース』→『ANNニュースライナー』→『ANNニュース』をネットのため非ネット
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) NNN/FNN/ANN
→NNN/FNN
朝は1994年3月まで日本テレビの『NNN朝のニュース』をネットのため
昼は1985年4月 - 1994年3月は日本テレビの
『NNN昼のニュース』をネットのため。
備考
  • 北海道では、北海道文化放送以前のネット局である札幌テレビ放送ではFNSのみ加盟の関係で未放送。
  • 福島県と山口県では、テレビ山口が1970年4月開局から、福島テレビが1971年10月1日のネットチェンジ後も、JNN排他協定によりFNNに加盟できず、FNSのみの加盟だったため、昼はTBSテレビの『JNNニュース』、朝もJNN番組を編成していた。なお、テレビ山口は1987年9月にFNSを脱退した。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年11月6日から実施。それ以前はモノラル放送及びモノステレオ放送を実施した。
  2. ^ 2009年4月5日から昼のみで実施。
  3. ^ 1966-68年の一時期「日本テレビ・NNNワイドニュース」も12:30-13:00に放送されていたが、のちに12:00-12:30に繰り上げられている
  4. ^ ただし、福井テレビ石川テレビ富山テレビの3局はFUKUIスーパーレディス駅伝の開催日はリアルタイム字幕放送を休止する(全国ニュースを途中で飛び降りて駅伝の直前情報を伝えるため)。
  5. ^ テレビ新広島番組表(2016年3月28日 - 4月3日分)
  6. ^ この時間帯は、FNN系列以外でも15時台にフジ系のワイドショー(『3時のあなた』・『タイム3』)を放送する関係で、番販ネットをする局があった。ただし、番組タイトルは各局で異なっていた(青森放送テレビ山口では前番組『サンケイ奥さまニュースFNN』の頃からネットしていたこともあり、ネット打ち切りまで『奥さまニュース』というタイトルで放送していた)。
  7. ^ 同番組終了後の1994年10月に再び独立し、現在まで別タイトルでスポットニュース枠が継続している。
  8. ^ 地デジEPGの番組名は、FNNが付かない「mitニュース」。
  9. ^ EPGのタイトルは、「FNN・AKTニュース」と「・」が入る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビおよびFNN系列 土曜朝のFNNニュース
前番組 番組名 次番組
サンケイテレニュースFNN

産経テレニュースFNN
フジテレビおよびFNN系列 日曜朝のFNNニュース
FNNテレビ朝刊
サンケイテレニュースFNN

産経テレニュースFNN
フジテレビおよびFNN系列 平日昼のFNNニュース
サンケイテレニュースFNN
(第1期)
FNNニュース12:00
サンケイテレニュースFNN
(第2期)
フジテレビおよびFNN系列 土曜昼のFNNニュース
サンケイスポーツニュース
サンケイテレニュースFNN

産経テレニュースFNN
フジテレビおよびFNN系列 日曜昼のFNNニュース
サンケイテレニュースFNN

産経テレニュースFNN
フジテレビおよびFNN系列 平日午後のスポットニュース
サンケイテレニュースFNN

産経テレニュースFNN
FNNニュース
※『タイムアングル』に内包
フジテレビ 平日夕方のローカルニュース
フジテレニュース
サンケイテレニュースFNN