フジテレビ系列深夜ニュース枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フジテレビ系列深夜ニュース枠(フジテレビけいれつしんやニュースわく)はフジテレビをはじめとするFNN系列にて毎日深夜に放送されている報道番組の総称である。

放送枠の歴史[編集]

1959年のフジテレビ開局時から1987年まで、最終版ニュースの放送時間は15分枠だった。FNNの夜ニュース枠はむしろスポーツニュース番組の大型化を志向しており、1976年4月に開始した『プロ野球ニュース』を主力番組としていた。

1986年10月に関東ローカル番組として『ニュース工場一本勝負!』を開始し、最終版ニュースのワイド化に着手する。1987年4月にはこれを全国ネットに発展させ、『プロ野球ニュース』を内包した『FNNニュース工場』となる。同年10月にはFNNのワイドニュース番組から“ニュース”の名を排除する方針に沿い、『FNN DATE LINE』に改称する。

1990年4月改編で、特集コーナーなども排除しシンプルなニュース番組を志向した『FNN NEWSCOM』が開始される。一方で『プロ野球ニュース』は65分のワイド編成となり、再度スポーツ優位の編成となる。

1994年4月改編で再度『プロ野球ニュース』を内包し、平日はニュース優位の『LIVE'94ニュースJAPAN』、土日はスポーツ優位の『LIVE'94スポーツWAVE』に再編される。平日の放送時間でも初めてニュース(50分)がスポーツニュース(30分)に勝るようになる。

1998年10月改編で平日23時台にバラエティ枠が新設されるとともに、『ニュースJAPAN』の放送時間が20分繰り下げられる。2000年4月にはさらに10分繰り下げられ、スポーツコーナー『プロ野球ニュース2000』も40分枠に拡大。番組に占めるニュースの時間は30分に縮む。その後2001年4月改編で日曜版『ニュースJAPAN』は、スポーツニュース枠とともに22時の情報番組『スーパーナイト』に吸収・内包され『EZ!TV』となるが、2003年4月には再分離している。

2003年4月改編より『ニュースJAPAN』は23:30 - 23:55のコンパクトな番組となり、後続するスポーツニュース番組『SPORT』とはコンプレックス形式となる。

2015年4月改編で『ニュースJAPAN』はコンセプトを継承した『あしたのニュース』へと再編する。

2016年4月改編で平日の『あしたのニュース』はスポーツニュース枠の『すぽると!』と枠統合した『ユアタイム』に再編される。さらに土日もスポーツニュース枠を吸収・統合した『スポーツLIFE HERO'S』となる。

2017年10月改編で『ユアタイム』はかつての『ニュースJAPAN』のコンセプトを継承した『THE NEWSα』となる。その後2018年4月改編で、番組内容をそのまま継承した『FNNプライムニュース α』を開始。さらに土日も『S-PARK』となった。

2019年4月改編で『Live News』ブランドにリニューアルするため、『THE NEWSα』及び『FNNプライムニュースα』の番組内容を継承した『FNN Live News α』を開始した。

主な番組[編集]

【 】は番組内のワンコーナーとして放送。

平日[編集]

週末[編集]

  • ニュース対談(1959年3月1日 - 1965年9月)
  • きょうのニュース(1965年10月 - 1966年3月、土曜23:30 - 23:45、日曜23:00 - 23:15に放送)
  • こちら報道部(1966年4月 - 1968年3月、土曜同上、日曜23:15 - 23:30に放送)
  • FNNニュース最終版(第1期)(1968年4月 - 1977年4月3日)
  • FNNニュースレポート23:30(1977年4月9日 - 1987年3月29日)
  • FNNニュース工場(1987年4月4日 - 9月27日)
  • FNN DATE LINE(1987年10月3日 - 1988年3月26日)
  • ニュース最終版(第2期)【DATE LINE】(1988年4月2日 - 1990年3月31日)
  • FNNニュース(1990年4月1・7・8日、『NEWSCOM』が始まるまでのつなぎ番組)
  • FNN NEWSCOM(1990年4月14日 - 1994年3月27日)
  • スポーツWAVEニュースJAPAN】(1994年4月2日 - 1995年3月26日)
  • FNNニュース最終版(第3期)(1995年4月1日 - 1997年3月30日)
  • ニュースJAPAN WEEKEND(土曜日:1997年4月5日 - 2003年3月29日、日曜日:1997年4月6日 - 2001年3月25日)
土曜版
日曜版
  • EZ!TV【FNN EZ!TV NEWS】(2001年4月1日 - 2003年3月30日)
  • FNNニュース(2003年4月6日 - 2016年3月27日)
  • スポーツLIFE HERO'S(2016年4月3日 - 2018年3月25日)
  • S-PARK(2018年4月1日 - )

番組の移り変わり[編集]

期間 平日 土曜版 日曜版
1959.3.1 1965.9 ニュース対談
1965.10 1966.3 きょうのニュース
1966.4 1968.3 こちら報道部
1968.4 1977.4.3 FNNニュース最終版
1977.4.4 1987.3.31 FNNニュースレポート23:00 FNNニュースレポート23:30
1987.4.1 1987.9.30 FNNニュース工場
1987.10.1 1988.3.31 FNN DATE LINE
1988.4.1 1990.3.31 ニュース最終版【DATE LINE】
1990.4.1 1990.4.8 FNNニュース※つなぎ番組
1990.4.9 1994.3.31 FNN NEWSCOM
1994.4.1 1995.3.26 ニュースJAPAN スポーツWAVE【ニュースJAPAN】
1995.3.27 1997.3.30 FNNニュース最終版
1997.3.31 2001.3.25 ニュースJAPAN WEEKEND
2001.3.26 2003.3.30 ニュースJAPAN WEEKEND EZ!TV
【FNN EZ!TV NEWS】
2003.3.31 2004.9.26 感動ファクトリー・
すぽると!&ニュース
FNNニュース
2004.9.27 2015.3.29 ニュース&すぽると!
【FNNニュース】
2015.3.30 2016.4.2 あしたのニュース
2016.4.3 2017.10.1 ユアタイム スポーツLIFE HERO'S
2017.10.2 2018.4.1未明 THE NEWSα
2018.4.1深夜 2019.3.31 FNNプライムニュース α S-PARK
2019.4.2[1] 現在 FNN Live News α

クロスネット局でのネット状況[編集]

●は現FNNフルネット局。

放送対象地域 放送局 ネット状況
宮城県 仙台放送(OX) 1970年3月31日のNNN脱退まで『NNNきょうの出来事』をネット
秋田県 秋田テレビ(AKT) FNN番組をネット
山形県 山形テレビ(YTS) 1993年3月31日のFNN脱退までFNN番組をネット
福島県 福島中央テレビ(FCT) 1971年10月1日のネットチェンジ前日までFNN番組をネット
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 1981年3月31日のNNN脱退まで『NNNきょうの出来事』をネット。
1981年4月1日から1983年9月30日のANN脱退まで『ANNニュースファイナル』をネット
また、2019年現在同枠をネットしてる局の中で唯一非スポンサードネット扱い。
鳥取県→鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 1972年9月22日の山陰中央テレビの相互乗り入れ前日まで『NNNきょうの出来事』をネット
岡山県岡山県・香川県 岡山放送(OHK) FNN番組をネット
広島県 広島テレビ(HTV) FNN加盟期間も『NNNきょうの出来事』をネット
長崎県 テレビ長崎(KTN) 1990年9月30日のNNN脱退まで『NNNきょうの出来事』をネット
熊本県 テレビくまもと(TKU) 1982年3月31日のNNN脱退まで『NNNきょうの出来事』をネット
大分県 テレビ大分(TOS) NNN番組をネット
宮崎県 テレビ宮崎(UMK)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) 1994年3月31日のNNN脱退まで『NNNきょうの出来事』をネット
備考
  • 北海道文化放送以前のネット局である札幌テレビではFNSのみ加盟の関係でFNN番組は放送されなかった。
  • テレビ山口(TYS→tys)はJNN排他協定によりFNNに加盟できず、FNSのみの加盟だったため、JNN番組を編成していた。
  • 福島テレビ(FTV)もテレビ山口同様JNN・FNSクロスネット局であったが、1983年4月のFNN加盟までは深夜の全国ニュースを放送せず、『FTVニュース』を放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 初日は未明(0時 - 0時45分、前夜に改編期特番『HEY!HEY!NEO!』(1日23時 - 2日0時)を放送するため通常より20分押しの「月曜版」)と深夜(通常編成の「火曜版」)の2回放送。

関連項目[編集]