フジテレビ系列早朝の情報番組枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フジテレビ系列早朝の情報番組枠(フジテレビけいれつそうちょうのじょうほうばんぐみわく)とは、フジテレビをはじめとするFNS系列で、毎日朝に放送されている情報番組の枠のことである。

放送枠の歴史[編集]

都市部でのドーナツ化現象とともに通勤時間が繰り上がることから、在京各局でも早朝5 - 6時台の番組開発競争がなされていた。フジテレビの場合は1987年4月改編より『FNNモーニングコール』を6時開始とし、さらに5時台で『プロ野球ニュース』の再放送や『早起きチャンネル520』『オルトレ・イ・チンクワンタ』などのバラエティ性の強い実験的番組が放送されていた。

ニュース的性向の強い情報番組は1991年4月に開始した『おめざめ天気予報』がある。1年後には直前のスポーツニュース番組を吸収・拡大し『モーニングLIVE』となるも、他局との視聴率競争に打ち勝つことができずに1993年3月に終了した。しかし同番組の「フジテレビ屋上から生放送」という基本スタイルは、後の『めざましテレビ』でも継承される。

『めざましテレビ』開始後の1994年8月より前座番組『めざまし天気』が始まり、ようやくニュース・情報番組としての体裁を整える。2003年1月には報道色を強化した『めざまし新聞』にリニューアルするも迷走を続け1クールごとに番組タイトルの変更やリニューアルが生じる。同年10月に『めざにゅ〜』が開始すると一転して安定した。

2006年10月に関東ローカルで『めざにゅ〜』土曜版が開始する。2009年10月改編で同番組は『週刊フジテレビ批評』と統合し、ニュースと自己批評番組が合体した異例の生ワイド『新・週刊フジテレビ批評』となる。

2014年3月28日を以って、『めざにゅ〜』が終了。同月31日から『めざましテレビ アクア』[1][2]を開始するも、2018年3月30日をもって終了し、これをもって平日のフジテレビ系列早朝の情報番組枠は終了した。

2016年4月改編で『新・週刊フジテレビ批評』が完全事前収録に変更され、ニュースや天気予報が行われなくなった為、これにより土曜日のフジテレビ系列早朝の情報番組枠は終了した。

主な番組[編集]

平日[編集]

週末[編集]

土曜日
日曜日

放送なし

脚注[編集]

  1. ^ 2014年 春の新番組 Archived 2014年3月10日, at the Wayback Machine. フジテレビ 2014年3月7日閲覧。
  2. ^ 長野美郷、「めざまし」お天気キャスター卒業 新任は“リケジョ”の小野彩香 ORICON STYLE 2014年3月11日閲覧。

関連項目[編集]