スポーツWAVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LIVE'94・'95 スポーツWAVE
ジャンル 報道番組 / スポーツニュース
出演者 高田延彦
陣内貴美子
湯原信光
田尾安志 ほか
オープニング 作曲:坂本龍一
エンディング 同上
製作
制作 フジテレビジョンFNN
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年4月3日 - 1995年3月26日
放送時間 【日曜日】0:00 - 1:30(土曜日深夜)
【日曜日】23:30 - 翌1:00
放送枠 フジテレビ系列深夜ニュース枠
放送分 共に90分

特記事項:
ニュースJAPAN』『プロ野球ニュース』を内包。
テンプレートを表示

スポーツWAVE』(スポーツ・ウェーブ)は、フジテレビ1994年4月3日(2日深夜)から1995年3月26日までにかけて放送されたニュースとスポーツのコンプレックス番組。正確には、放送年によって『LIVE'94 スポーツWAVE』『LIVE'95 スポーツWAVE』という。

概要[編集]

ニュースJAPAN』と『プロ野球ニュース』をワンコーナーとして内包し、現役のスポーツ選手をメインキャスターに迎えて、スポーツマンの立場で見たスポーツの魅力を伝えた。

『ニュースJAPAN』もメインスタジオから放送した。CM中に出演者が総入れ替えする形を取っていた。放送時間は、土曜日(日曜日未明)は1:00頃、日曜日(月曜日未明)は0:30頃と、当時としては非常に遅かった。土曜日にプロ野球中継が60分間延長された場合は、2:00以降になることもあった。オープニングやエンディングのテーマ曲はなく(後述「備考」項参照)、スポンサー表示のジングル(事実上のテーマ曲とも言える)に続いて、長谷部(降板後は智田)の「日付は変わっていますが、土(日)曜日のニュースJAPANです」という挨拶から始まった。

この番組がスタートする際、フジテレビは平日の『ニュースJAPAN』とセットで「平日は、ニュースいっしょうけんめい。週末は、感動いっしょうけんめい。」というキャッチコピーを謳っていたが、当番組のみ1年後に終了することとなった。終了後は再度ニュース枠スポーツニュース枠が分離された。

メインキャスター(MC)[編集]

『プロ野球ニュース』キャスター[編集]

日曜日(土曜日深夜)
日曜日
備考
  • 陣内は本番組終了後も引き続き『プロ野球ニュース』のメインキャスター、レポーターとして2001年3月の番組終了時まで出演した。また、田尾も日曜日の『プロ野球ニュース』で2年間メインキャスターを務めた後、解説者の1人として出演を継続した。

『ニュースJAPAN』キャスター[編集]

  • 長谷部真理子(前番組『FNN NEWSCOM』平日版から異動。出産のため1994年冬に降板)
  • 智田裕一(フジテレビアナウンサー、ニューヨーク赴任から帰国して担当)
  • 佐藤里佳(フジテレビアナウンサー、長谷部の後任)
    • 智田・佐藤は、本番組終了後も、長年にわたって断続的に週末最終版ニュースを担当している。

放送時間[編集]

日曜日(土曜日深夜)
  • 1994年4月3日 - 1995年3月26日 0:00 - 1:30(JST
日曜日
  • 1994年4月3日 - 1995年3月26日 23:30 - 翌1:00(JST)

備考[編集]

  • 番組のテーマ曲は坂本龍一が手掛けた。当初は「N.Y.C.」というタイトルだったが後にボーカルを加えたバージョンがCD化され、「Love and Hate」というタイトルでアルバム『スウィート・リヴェンジ』に収録されている。
フジテレビおよびFNN系列 週末最終版のFNNニュース
前番組 番組名 次番組
LIVE'94 スポーツWAVE

LIVE'95 スポーツWAVE
※『ニュースJAPAN』を内包
フジテレビ系列 週末スポーツニュース
LIVE'94 スポーツWAVE

LIVE'95 スポーツWAVE
※『プロ野球ニュース』を内包
プロ野球ニュース
【再度単独番組として放送】