野崎昌一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野崎 昌一(のざき まさかず、1955年7月11日 - )は、元フジテレビアナウンサー。現在はネクステップ執行役員。

来歴・人物[編集]

埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身。高校生時代にマンドリンクラブの卒業公演の司会を務め、周りからは好評だったが自分では納得出来ず、大学では喋りを勉強しようと思って放送研究会に入る[1]。父が銀行員だったということもあって、アナウンサー試験には落選して銀行員になるのが人生設計だったということであったが、アナウンサー試験に合格し[1]慶應義塾大学卒業後、1979年フジテレビに入社[1]。同期には近藤雄介(現在はフリーアナウンサー)がいる。2001年にアナウンス室から広報局広告宣伝部長に異動。2005年経営管理局関係会社調整室業務部長、2006年グループ事業推進局関係会社調整室業務部長を歴任後フジ・メディア・ホールディングス経営管理局投資管理部長に異動。投資戦略部長を経て、2012年6月8日付で、フジ・メディア・ホールディングス製作子会社のネクステップ執行役員に就任。

長らくスポーツアナウンサーとして活動した。1987年よりフジテレビが全戦中継を開始したF1グランプリの記念すべき第1戦実況を担当[1]。その後もプロ野球中継などで活躍する傍ら、1988年の春の改編で、佐々木信也に替わる平日の「プロ野球ニュース」総合キャスターに起用された[1]。ちなみに入社後初めての仕事は、佐々木時代の『プロ野球ニュース』の提供読みである。2019年からはBSフジのスーパーフォーミュラの実況も担当する。

家族は、松田朋恵(元フジテレビアナウンサー)との間に長男・長女。その後、松田と協議離婚。 1991年10月31日放送の『とんねるず木梨憲武盲腸緊急追悼特番』の際に進行役を務めたことでも有名[2]。放送内において野崎は木梨が「亡くなられた」とは一言も言っておらず、代わりに冒頭で「信じられないことになってしまいました」と表現している。

フジテレビの開局45周年キャッチフレーズ「きっかけは、フジテレビ」の考案者でもある。

アナウンサーとしての出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e DVDマガジン『プロ野球ニュースで綴るプロ野球黄金時代 Vol.10「昭和球場物語Part.2」』(ベースボール・マガジン社)p.30 - 31「野崎昌一インタビュー」より。
  2. ^ 30年の歴史に幕…『とんねるずのみなさんのおかげでした(です)』重大事件を振り返る”. ミドルエッジ (2018年2月5日). 2019年2月1日閲覧。