JNNスポーツデスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JNNスポーツデスク
ジャンル スポーツニュース番組
出演者 池田孝一郎
山口慎弥
渡辺謙太郎
ほか
オープニングコバルトの空」(レイモンド服部
不明(末期)
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年4月1日 - 1986年3月31日
放送時間 【月曜 - 金曜】23:15 - 23:35(20分)
【土曜】23:45 - 翌0:05(20分)
【日曜】23:00 - 23:30(30分)
放送枠 TBSテレビ系列スポーツニュース枠

特記事項:
放送時間は番組終了時のもの。


JNNスポーツデスク』は、1978年4月1日から1986年3月31日まで[1]の夜間に、TBSテレビをはじめJNN系列各局で放送された、一日のスポーツの結果を振り返るスポーツニュース番組。『JNNニュースデスク』直後の時間帯に放送されていたが、日曜版は後年『ニュースデスク』の前に放送されていた時期もある。一部資料では、放送日時が土曜日23:15 - 23:30となっている[1]

概要[編集]

TBS(東京放送[注 1])のスポーツ中継の第一線で活躍しているアナウンサーたちがキャスターを務めた番組で、各種スポーツの結果・話題を詳しく伝えていた。開始当時は、TBS野球解説者牧野茂をプロ野球解説に起用[2]。また、結果告知にフィルム映像を使用していた『プロ野球ニュース』(フジテレビ系列)に先駆けて、VTR映像を使用していた[2][注 2]。また、各系列地方局のアナウンサーや野球解説者が登場する場合もあった[注 3]

テーマ音楽には、TBSのスポーツタイトルテーマ曲にもなっている「コバルトの空」(レイモンド服部作曲)を用いていた。ただし途中から、原曲からハ長調に移調されたシンセサイザー演奏のものに変わり、末期には同じハ長調シンセサイザーによる別の曲が使われた。

早朝に前夜の再放送をしていた時期もある。

後継番組は、1986年4月から1990年9月まで放送の『JNNスポーツチャンネル』。

タイトルバック[編集]

  • 最初は、各種スポーツのイメージイラスト(シルエット)が矢継ぎ早に写されていた。
  • 最末期でのCG版タイトルは、まず画面中央に「JNN」の文字が四角囲みで表示され、その後ズームアップして入れ替わるように「SPORTS DESK」の文字が入る。そしてコロシアムをイメージした画像を経て日本語題の「JNNスポーツデスク」の字幕が出た。

キャスター[編集]

スタッフ[編集]

放送局[編集]

※特筆すべき事項がない局は放送開始から終了まで。

放送対象地域 放送局 備考
関東広域圏 東京放送 幹事局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
福島県 テレビユー福島 1983年12月開局から[注 5]
山梨県 テレビ山梨
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送 1980年10月1日から
静岡県 静岡放送
石川県 北陸放送 日曜版のみ時差ネット
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送
島根県鳥取県 山陰放送
岡山県
岡山県・香川県
山陽放送 1983年3月までの放送エリアは岡山県のみ
1983年4月から電波相互乗り入れに伴い香川県でも放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 日曜版は1983年9月打ち切り
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 日曜版のみ非ネット[注 6]
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送 1983年4月から

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1955年4月よりラジオテレビ兼営局2001年10月にラジオ部門がTBSラジオ&コミュニケーションズへ、2009年4月にテレビ部門がTBSテレビへそれぞれ分離され、放送持株会社「東京放送ホールディングス」となった。
  2. ^ 開始に先駆けて1978年3月より、TBS映画社がENG取材を開始している[3]
  3. ^ 参考…1982年のプロ野球キャンプにて、阪神タイガース新人選手の平田勝男を、毎日放送の新人アナウンサーだった赤木誠と同局の新人解説者だった中西太インタビューする企画が収録・放送[4]
  4. ^ 参考…1985年10月[8]
  5. ^ ※福島県は、1983年3月まで福島テレビがJNN系列局として存在していたが、本来JNN排他協定でネットしなければいけなかった最終版ニュース(ニュースデスク・スポーツデスク)はネットせず、スポーツニュースはフジの『プロ野球ニュース』を放送していた。
  6. ^ 土曜ワイド劇場を放送していたため。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のテレビ番組データベースより参照。
  2. ^ a b 『野球小僧』2010年12月号P105
  3. ^ a b 沿革 - TBSビジョン(TBS映画社の後身会社)公式サイトより ※1978年3月の出来事として「TBSスポーツデスクENG取材及び3/4インチVTR編集開始」という記述あり。
  4. ^ 『赤木誠のベースボールワールド』2017年2月1日更新分 - 毎日放送公式サイト内ブログ
  5. ^ a b c TBSアナウンサーの動き』P27より、"1978年4月 *「JNNスポーツデスク」開始 渡辺謙太郎、池田孝一郎、山口慎弥"との記述あり(" "内は、原資料よりコピペ・引用)。
  6. ^ TBSアナウンサーの動き』P19より、多田の情報を参照。
  7. ^ TBSアナウンサーの動き』P27より、林の情報を参照。
  8. ^ ザ・テレビ欄』P178に掲載された1985年10月14日付TBSテレビ番組表より、午後11:15 - 11:35『スポーツデスク』を参照。
  9. ^ 事業内容(東京フイルム・メート公式サイト内)より、沿革(会社年表)を参照。

参考資料[編集]

  • 『TBS50年史』(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館サーチの書誌情報
    • 資料編
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • テレビ番組データベース
      • 収録されたPDFファイル
        • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
  • 『ザ・テレビ欄 1975〜1990』(2009年3月31日、TOブックス発行) ISBN 9784904376072 ※1975年から1990年に発行された『スポーツニッポン』『報知新聞』各紙東京版テレビ欄の一部が収録(奥付に「協力」として「株式会社スポーツニッポン新聞社」「株式会社報知新聞社」のクレジットあり)。
  • 野球小僧』2010年12月号(白夜書房発行)
    • 『特集 プロ野球ニュース革命』より、P104-107掲載『年表で見るプロ野球ニュースとその時代』(構成:編集部)
TBSおよびJNN系列 スポーツニュース
前番組 番組名 次番組
JNNスポーツデスク
(1978年4月 - 1986年3月)