出会えてよかった/お台場の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出会えてよかった/お台場の女
トモスザンヌ/部長部下シングル
初出アルバム『WE LOVE ヘキサゴン2009
リリース
録音 2009年
ジャンル J-POP歌謡曲
レーベル フライトマスター
作詞・作曲 作詞:カシアス島田
作曲:高原兄
プロデュース カシアス島田
チャート最高順位
ヘキサゴンオールスターズ シングル 年表
青春 僕/青春 俺
(2009年)
出会えてよかった/お台場の女
(2009年)
I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave me
(2009年)
テンプレートを表示

出会えてよかった/お台場の女」(であえてよかった/おだいばのおんな)は、フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニット2組による両A面シングル2009年5月20日ポニーキャニオンのレーベル・フライトマスターから発売された。

収録されている2曲とも男女二人組によるデュエット作品で、品川庄司庄司智春(しょうじ ともはる)とスザンヌによるトモとスザンヌの「出会えてよかった」、フジテレビアナウンサー牧原俊幸中村仁美による部長と部下の「お台場の女」の2曲を収録。

概要[編集]

『クイズ!ヘキサゴンII』発のものとして9枚目のシングルとなる[1]

庄司智春はエアバンド青春 僕/青春 俺」に続いて2作連続での『ヘキサゴンII』発シングル参加となる。スザンヌはPaboに関連しないユニット参加は初である。

フジテレビアナウンサーの牧原俊幸(『ヘキサゴンII』出題ナレーション)、中村仁美(同・進行アシスタント)の両者とも歌い手としてのCDは初である。ユニット名は番組上で募ったものの中から選ばれた。牧原の当時の役職は「アナウンス室部長」で、中村とは実際に「部長と部下」の関係であった。

両ユニットとも発表された楽曲は今作の1曲きりで、牧原・中村はこれ以降「ヘキサゴンオールスターズ」以外のCD参加はない。

オリコンチャートでは最高8位を記録し、「お台場の女」は同年4月29日に発売されたEarly MorningおいてけぼりのThirty」の記録した「アナウンサー歌手のシングルの最高順位」であった12位を更新した(当時)[2]。「お台場の女」は、有線週間演歌チャートの1位を獲得している[3]

解説[編集]

「出会えてよかった」は、ウエディング・ソングになっており、男女の掛け合いによるラップが曲の大半を占める。ラップ部分は関西弁であるが、庄司、スザンヌとも関西人ではない。

衣装は庄司が全身白のタキシード、スザンヌが白のミニスカートウェディングドレス。ミュージックビデオは同衣装で「結婚式を迎えたカップル」に扮した2人が本物の教会で結婚式を執り行うものとなっている[4]

庄司は2009年3月に藤本美貴との婚約を発表、同年7月に結婚式を控えていたが、「(藤本に)プロポーズしたことを誰にも告げていない時期にユニットの話をもらった」と述べている[5]

「お台場の女」は、別れた男と女の心境を歌った演歌ムード歌謡)になっている。

衣装は牧原・中村ともに着物を着用している。その姿を見た藤本敏史FUJIWARA)は2人を「おじと姪」、島田紳助は牧原を「完全に『パタリロ』の状態」と評した[6]。『ヘキサゴンII』での楽曲披露の際には、つるの剛士品川祐(品川庄司)が浜村淳のような口上を添える演出がなされた。

歌詞の中に「ゆりかもめ」「レインボーブリッジ」などお台場に関連した単語が入っている。ミュージックビデオではお台場周辺の映像が用いられ、カラオケビデオのような演出となっている。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. 出会えてよかった / トモとスザンヌ
  2. お台場の女 / 部長と部下
    • 作詞:カシアス島田 作曲:高原兄 編曲:斎藤文護、岩室晶子
  3. 出会えてよかった (トモと歌おう)
  4. 出会えてよかった (スザンヌと歌おう)
  5. 出会えてよかった (カラオケ)
  6. お台場の女 (部長とデュエット)
  7. お台場の女 (部下とデュエット)
  8. お台場の女 (カラオケ)

DVD[編集]

  1. 「出会えてよかった」ミュージックビデオ
  2. 「お台場の女」ミュージックビデオ
  3. 「出会えてよかった」振り付け映像(マルチアングル)

初回特典[編集]

脚注[編集]