フライトマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポニーキャニオン > フライトマスター

フライトマスター(FLIGHT MASTER)は、映像・音楽ソフトメーカーポニーキャニオン音楽レーベルの一つ。

沿革[編集]

前の常務で現在は顧問の渡辺有三が立ち上げたレーベル。社内スタッフがA&Rとしてアーティストの発掘から制作進行、宣伝、プランニングまでを担当するレーベルとして、1998年ごろから始動。外部のプロデューサーと契約して楽曲を制作するため、A&Rが基本的にスタジオでのディレクションを行わない点が、メインレーベルであるポニーキャニオンと異なっていた。

1990年代中期以降、音楽プロデューサーの活躍を背景に立ち上げられた。

2002年にポニーキャニオンがコピーコントロールCD(CCCD)を導入した際は、FLIGHT MASTERレーベル所属の作品がほぼCCCDで導入されていた。2005年5月以降は導入していない。

2008年よりA&Rの設置が一般的になり、2010年よりライジングプロダクション(当時ヴィジョンファクトリー)に所属しているw-inds.のプライベートレーベルになる。

組織形態はまったく違うが、大手芸能事務所に所属するアーティストが多い点は、1970年代におけるNAVレコードを髣髴とさせる。

また、ロゴマークはイニシャルの「F」を斜面横長にしたものである。

所属アーティスト一覧[編集]

過去に所属していたアーティスト[編集]

関連項目[編集]