Kiss Destination

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kiss Destination
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
R&B
ヒップホップ
活動期間 TRUE KiSS DESTiNATiON
1998年 - 1999年
Kiss Destination
1999年 - 2001年
レーベル TRUE KiSS DiSC
1999年 - 2000年
Rojam Entertainment
2000年
フライトマスターポニーキャニオン
2001年
共同作業者 DJ DRAGON
DJマニピュレーター
メンバー 吉田麻美
ボーカルダンサー
小室哲哉
シンセサイザーラップボーカル

Kiss Destination(キス ディスティネーション)は、2人組音楽ユニット。当初は「TRUE KiSS DESTiNATiON」(トゥルー キス ディスティネーション)であったが5thシングルから改名した。

メンバー[編集]

dosのダンサーasamiとしてデビュー。2005年Asamiとしてソロシンガーとしてのプロジェクトをスタートさせたり、新規ブランド「Aaroma Star」のデザイナーも務める。
コーラスのみでなく、ラッパーとしても楽曲に深く関わった。アルバム「AMARETTO」においては自身がメインボーカルの楽曲も発表した(「DON'T GIVE IT UP」,「DEAR MY CLOSE FRIEND (TK Version)」)。

概要[編集]

  • 「今までのいきなりデビューから多額の宣伝費をかけるやり方ではなく、吉田が経てきたヒップホップのアンダーグラウンドなステージでもちゃんと理解して共感してもらえて、着々と広まっていくのを目指すインディーズのノウハウを駆使した実験室」[1]「メガヒット系のサウンドに飽き足らない客層に、マーケットの法則に縛られない新しいサウンドを届けるプロジェクト」[2]小室ファミリーとしてのブランドで買われる事を拒絶し、純粋に音だけで評価される作り方」[3]を活動の際のコンセプトにしていた。
  • ユニットのレコーディングに入ったのは、「RENDEZ-VOUS '98 ELECTRONIC NIGHT」を終えた直後だった。ティンバランドR・ケリーの仕事に深く惹かれて、創作意欲をかきたてられてロサンゼルスで音色作りを始めたが、「ここではないな」とすぐに制作拠点をニューヨークに移し、内輪の関係者にも企画の内容を全て知らせないままレコーディングに没頭した。アイディアが止めどなく溢れ、作った音色がすぐに古くなってしまうので作り直しの連続だった。その中で構築された音色作りのテーマはヒップホップの流れを汲むものだが、「昔の音ネタをループ等サンプリングの素材に使う」といった手法をとらず、サウンドの軸はベース・キック・スネア・歌とした。これまでの厚く重ねるようなサウンドメイクはせず[4]、「ドライで骨組みの見えるスカスカさ」を個性とし、その上で日本語のボーカル・コーラス・声質が気持ちよく浮遊するように演出した。その為に「バックビートを感じられて、メロディアスさのある声質」と語る吉田麻美を起用した[5][3]
  • インディーズ時代より、小室が手がけたバックトラックが「海外でも通じる本場のR&B・ヒップホップにも遜色ないサウンド作り」と認められるために、ニューヨークで活動する様々なアーティストに小室の手がけたバックトラックを聴かせて音だけで判断してもらい、お世辞無しに認めてもらった上でリミックス・歌・ラップ等でコラボレーションを行っていた[6]

来歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アナログシングル[編集]

  1. PRECiOUS MOMENTS -WHEN WILL I SEE YOU AGAIN- (1999/01/19)
  2. PRECiOUS MOMENTS REMiX (1999/01/26)
  3. ViCTiM (1999/02/09)
  4. ViCTiM REMiX (1999/02/16)
  5. HOW DO YOU THINK? (1999/03/02)

シングル[編集]

  1. AFRiCA (1999/04/07) フォードCMソング、TOTOのカヴァー
  2. Girls, be ambitious! (1999/05/12)(8cm,12cm) フジテレビ系ドラマ『ナオミ』主題歌
  3. OVER & OVER (1999/06/30) マイクロソフトCMソング
  4. Everybody's Jealous (1999/08/25)
  5. FUTURE OF THE DAY (1999/11/03) インテルCMソング この曲からグループ名がKiss Destinationに変更された。
  6. DEDICATED TO YOU (1999/12/01)
  7. MA・BA・TA・KI (2000/05/17) J-PHONE東海CMソング(小室哲哉出演)
  8. 口笛に咲く花 (2000/10/25) Rojam Entertainmentよりインターネット販売限定
  9. Sweet Memories (2000/11/27) Rojam Entertainmentよりインターネット販売限定
  10. WAVE OF LOVE (2001/03/07) フライトマスターポニーキャニオン)に移籍
  11. DEAR MY CLOSE FRIEND (2001/06/20)

アルバム[編集]

  1. TRUE KiSS DESTiNATiON (1999/02/17)(インディーズ流通)
  2. GRAVITY (1999/11/17)
  3. AMARETTO (2001/04/25)

その他[編集]

ラジオ[編集]

  • TOKYO FM系列 『MIX IN KD presented by TK』 (2001年)

出典[編集]

  1. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年4月号51Pより。
  2. ^ ぴあ」2001年5月7日号より。
  3. ^ a b c ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1999年3月号85Pより。
  4. ^ 但し、リズムは今まで通りスウィングする様にした。
  5. ^ 角川書店刊「CDでーた」1999年2月5日号40Pより。
  6. ^ ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1999年10月号91Pより。
  7. ^ ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1999年7月号164Pより。
  8. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1999年11月号より。
  9. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2000年2月号より。

公式サイト[編集]