陽は、また昇る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陽は、また昇る
アラジンシングル
初出アルバム『WE LOVE ヘキサゴン
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2008年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル よしもとアール・アンド・シー
作詞・作曲 カシアス島田
高原兄
プロデュース カシアス島田
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2008年8月度月間3位(オリコン)
  • 2008年度年間20位(オリコン)
  • 登場回数29回(オリコン)
  • 2位Billboard JAPAN HOT 100
  • 2位CDTV
  • 登場回数18回(CDTV)
  • 羞恥心 年表
    泣かないで
    (2008年)
    陽は、また昇る
    (2008年)
    弱虫サンタ
    (2008年)
    Pabo 年表
    恋のヘキサゴン
    2007年
    陽は、また昇る
    (2008年)
    幸せになろう/恋
    2010年
    ヘキサゴンオールスターズ シングル 年表
    泣かないで
    (2008年)
    陽は、また昇る
    (2008年)
    もうすぐクリスマス
    (2008年)
    テンプレートを表示

    陽は、また昇る」(ひは、またのぼる)は、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット・アラジンシングル。または、羞恥心Paboコラボレーションシングル。2008年7月30日よしもとアール・アンド・シーから発売された。

    解説[編集]

    フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた、「Pabo」と「羞恥心」から成るユニットのデビュー曲で、唯一のシングル。(グループに関する詳細は「アラジン」を参照のこと

    恋のヘキサゴン」、「羞恥心」、「泣かないで」に続き、カシアス島田作詞・プロデュース、高原兄作曲で制作された曲で、振り付けもそれらに続いてカーニバル三浦が担当。

    インスタントラーメン」「缶コーヒー」など日本人が作り世界に広めたものが歌詞に散りばめられている。

    CDジャケットは6人全員スーツ姿で、ミュージックビデオでも(観客の前でライブを行うシーンを除いて)スーツ姿で登場している。

    楽曲コスチュームは、羞恥心側は2パターンの衣装、Pabo側は3パターンの衣装が存在する。互いに共通して各個人のイメージカラー(各ユニット頁参照)が随所にあしらわれており、6人共通の装飾品としてイメージカラーのネクタイが存在する。

    特典映像DVDは羞恥心のシングルCDに収録されたDVDの構成と同じで、マルチアングル仕様の振り付け映像とスペシャルドラマ&アニメが収録されている。ドラマ部分には6人が『クイズ!ヘキサゴンII』のコーナー「仲間を救え!底抜けドボンクイズ!」を行うシーンがあり、番組同様にフジテレビアナウンサー中村仁美が進行役を務めている。

    ミュージックビデオにはほんの2カットだけながら、バックダンサーを務めているFUJIWARAの2人も出演している。

    第59回NHK紅白歌合戦』出場時にも本曲を披露している。 

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. 陽は、また昇る [4:36]
      作詞:カシアス島田、作曲:高原兄、編曲:斎藤文護、岩室晶子
    2. 陽は、また昇る (羞恥心と歌おう! カラオケ
    3. 陽は、また昇る (Paboと歌おう! カラオケ)
    4. 陽は、また昇る (みんなで歌おう! カラオケ)

    DVD[編集]

    1. 陽は、また昇る 振り付け映像 (羞恥心 & Pabo マルチアングル)
    2. 陽は、また昇る スペシャルドラマ&アニメ

    封入特典(初回盤)[編集]

    初回盤と通常盤があり、初回盤のみの封入特典としてトレカが全18種類のうち1枚封入された。羞恥心だけのもの、Paboだけのもの、6人勢揃いしているもののほか、スタッフが混ざっているものがある。

    収録アルバム[編集]

    カバー[編集]

    • THESHOW-DANN - ファミリー・子供向けアルバム『ぴかぴかキッズ かぞくみんなのファミリーソング』(2009年4月22日、日本コロムビア)収録
    • M.C.A - 『こどものうた〜崖の上のポニョ/陽は、また昇る〜』(2009年6月10日、日本クラウン)収録

    脚注[編集]