ラクダになるぞ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラクダになるぞ
ラクダとカッパシングル
初出アルバム『『WE LOVE ヘキサゴン』』
リリース
規格 DVDシングル
録音 2008年
ジャンル J-POP童謡
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 作詞:カシアス島田
作曲:高原兄
プロデュース カシアス島田
チャート最高順位
テンプレートを表示

ラクダになるぞ」は、フジテレビ系で放送されていたクイズバラエティ番組クイズ!ヘキサゴンII』発のDVDシングルは同番組発の企画ユニットであるラクダとカッパ2008年5月21日ポニーキャニオンから発売された。

CDシングルではないが、『ヘキサゴンII』発(いわゆる“ヘキサゴンファミリー”)のものとして「恋のヘキサゴン」「羞恥心」に続く3作目の音楽作品である[1][2]。2008年10月22日発売のアルバム『WE LOVE ヘキサゴン』に収録され、CD化となった。

解説[編集]

  • ラクダとカッパPabo羞恥心と同様に、『ヘキサゴンII』の番組の中で島田紳助によってユニット結成とデビューが提案・発表された。ユニットの命名者も紳助である[1]
    • ラクダクリス松村TBS系『世界バリバリ★バリュー』出演時から既に紳助から「ラクダみたい」と言われており、2007年12月の『ヘキサゴンII』初出演時から番組内で「ラクダ」と呼ばれるようになった。
    • カッパアンガールズ山根良顕。ブレイク時から度々関根勤などに「カッパ」と呼ばれ、2007年頃から『ヘキサゴンII』で紳助にもそう呼ばれるようになった。このユニット発案よりずっと以前に、番組内で「(キャラクターを自分のものにするために)本当のカッパの資料を調べた」と、カッパの鳴き声を披露したことがある。
  • 2008年3月26日放送分の『ヘキサゴンII 春の3時間スペシャル』において紳助から「子供向けのラクダの歌を出す。『勉強しないとラクダになっちゃうよ』ていう(内容のもの)」「コンビ名は『ラクダとカッパ』」と発表され、同年4月30日放送分の『ヘキサゴンII ゴールデンウィーク2時間スペシャル』において楽曲が初披露された。
  • 同年5月22日放送分のTBS系『うたばん』に羞恥心、里田まいと共に出演した際、本ユニットに関し司会の石橋貴明とんねるず)が「これはどうかな。紳助さん、これは駄目だと思うな」と述べた。
  • 『ヘキサゴンII』以外の番組でも、ラクダを番組内で取り上げるときにBGMで使われることがある。

収録内容[編集]

  1. ラクダになるぞ
  2. ラクダになるぞ 振り付け映像(マルチアングル)
「子供向けの歌」という当初の発表のように、子供に向けたメッセージを歌う内容になっている[1]。DVDシングルの映像は、アニメと実写を織り交ぜた作品。
それぞれが着ぐるみやタイツでラクダとカッパに扮しており、松村曰く「営業などで歌うと子供たちに好評だが、いざ近づくと(その異様な風貌からか)泣き出してしまう」とのこと。振り付けは松村自身が「小さな子でも踊れる踊り」を想定して創作した。
当初は「2番(の歌詞のメインは)はカッパ」とされていたが違うものとなった。カッパは曲全体の中のパートも少なく、ラクダに対してあまり目立たない。

バックダンサー[編集]

お台場ダンサーズ[編集]

『ヘキサゴンII』で歌を披露した2008年5月14日、21日、28日、6月4日の放送分は、解答者の中から活躍しなかった人物やチームの足を引っ張った3、4名がラクダとカッパの後ろで踊る「お台場ダンサーズ」として選ばれた。

  • 2008年5月14日放送分
岩尾望フットボールアワー)、柴田英嗣アンタッチャブル)、つるの剛士[3]
  • 2008年5月21日放送分
海原はるか海原はるか・かなた)、磯野貴理野久保直樹田中卓志(アンガールズ)
  • 2008年5月28日放送分
原西孝幸FUJIWARA)、松澤一之中村仁美(フジテレビアナウンサー)
この放送分は山根が出演していなかったため、小島よしおが代わりにカッパを務めた。
  • 2008年6月4日放送分
真琴つばさマーガリンスザンヌの実妹)、田中卓志(アンガールズ)[4]

ヘキサゴンファミリーコンサート[編集]

「ヘキサゴンファミリーコンサート」では、コンサート出演者のなかで番組発ユニット未参加者や番組出演経験の少ない者が「ラクダ隊&カッパ隊」などと称してバックダンサーを務めた。

大沢あかねさとう里香辻希美ダンディ坂野元木大介ラサール石井山田親太朗渡辺正行
南明奈附田花香まいける、山田親太朗、森公平新選組リアン)、松岡卓弥
渡辺正行、ラサール石井、田中卓志(アンガールズ)、向井慧(パンサー)、冠徹弥KENTA

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “大ヒット"羞恥心"に続け! 『ヘキサゴンII』発第3弾ユニット:『ラクダとカッパ』デビュー!”. 株式会社フジパシフィック音楽出版. http://www.fujipacific.co.jp/company/column/feature/23.html 
  2. ^ “羞恥心をライバル視 ヘキサゴン第3のユニット・ラクダとカッパ、デビューイベントに2000人”. ORICON STYLE. (2008年5月28日). http://www.oricon.co.jp/news/music/54862/full/ 
  3. ^ 元々選ばれたのは上地だったが、この時つるのが「うち(羞恥心)のメンバーがかわいそう・・・」と呟いたところ、紳助によって強制的に上地の代わりにバックダンサーを担当することになってしまった。
  4. ^ この放送分では田中はクイズに参加していなかったが、エンディングでスタジオに乱入し、自らバックダンサーを務めた。