ヤンバルクイナが飛んだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤンバルクイナが飛んだ
サーターアンダギーシングル
初出アルバム『『WE LOVE ヘキサゴン 2010
サーターアンダギー』』
B面 僕らは遠い昔、海からやって来たんだ。
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 作詞:カシアス島田
作曲:松井亮太(ワカバ
プロデュース 広小路亨
浅見真人
チャート最高順位
サーターアンダギー シングル 年表
ヤンバルクイナが飛んだ
(2010年)
沖縄に行きませんか
(2010年)
ヘキサゴンオールスターズ シングル 年表
風をさがして
(2010年)
ヤンバルクイナが飛んだ
(2010年)
幸せになろう/恋
(2010年)
テンプレートを表示

ヤンバルクイナが飛んだ」(ヤンバルクイナがとんだ)は、フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニットサーターアンダギーのデビューシングル2010年2月10日ポニーキャニオンから発売された。

解説[編集]

  • 山田親太朗森公平新選組リアン)・松岡卓弥の3人組ユニット・サーターアンダギーのデビューシングルで、『クイズ!ヘキサゴンII』発の14枚目のシングルである[1]。同番組発シングルの主流となっていた両A面スプリット盤ではなく、カップリング曲も収録されるなど、他のシングルとは趣が異なっている。
  • 作詞・プロデュースを担当した島田紳助は、プロデュースにこれまで使用していた「カシアス島田」とは別の「広小路亨」という名義を使用した(作詞は「カシアス島田」名義である)。
  • タイトルの「ヤンバルクイナ」、歌詞の中の方言、三線の演奏など、山田の出身地である沖縄のテイストを取り入れた楽曲。タイトルを聞かされた当初は、山田は「ふざけた歌なのかな?ヤンバルクイナは飛ばないよ[2]」、森は「最初、お笑い系の曲かと思っていた[3]」という印象だったと語っている。
  • レコチョクのデイリー着うたフルランキングで、2日続けて1位を記録[4][5]。「オリコン5位以内に入らなければペナルティを科す」と紳助が示唆し[6]、結果的に最高順位は6位となったが、ペナルティは科されなかった。
  • 作曲を担当した松井亮太のグループ・ワカバが、自身の7枚目のアルバム『今、春が来た』(2010年3月10日発売)で「ワカバージョン」としてセルフカバーバージョンを発表。サーターアンダギーのものと歌詞および楽曲の構成は一緒だが、編曲(担当は吉田明広)はかなり異なっている。ほかに新選組リアンよるバージョンがアルバム『上京物語』(2010年9月1日発売)に収録されており、1年の間に3組のグループによってCD化された。
  • 曲の最後に山田による「サーターアンダギー」と呟くようなセリフが入っている。ワカバや新選組リアンのバージョンには、この「サーターアンダギー」の部分はない。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. ヤンバルクイナが飛んだ
    作詞:カシアス島田、作曲:松井亮太(ワカバ)、編曲:斎藤文護・岩室晶子
  2. 僕らは遠い昔、海からやって来たんだ。
    作詞:カシアス島田、作曲:松井亮太(ワカバ)、編曲:斎藤文護・岩室晶子
  3. ヤンバルクイナが飛んだ (カラオケ)
  4. 僕らは遠い昔、海からやって来たんだ。(カラオケ)

DVD[編集]

  1. 「ヤンバルクイナが飛んだ」ミュージックビデオ
  2. 「ヤンバルクイナが飛んだ」 振り付け映像(マルチアングル)
  3. スペシャルアニメ「サーターアンダギー星のすてきな仲間たち」

初回特典[編集]

  • トレーディングカード1種(全12種類、中には新選組リアンが写っているものがある)
  • 全国イベント握手会参加券

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DVDシングル「ラクダになるぞ」を除いた、CDシングルの枚数。
  2. ^ “ヘキサゴン発! 山田親太朗率いる新たなイケメン三銃士に直撃&密着★”. ORICONSTYLE. (2010年2月17日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/100203_01.html 
  3. ^ “ヘキサゴン発、新ユニット「サーターアンダギー」デビュー! 山田親太朗は早くも『紅白』辞退?”. Web De☆View. (2010年2月9日). http://www.oricon.co.jp/news/deview/73235/ 
  4. ^ 2010年2月12日・13日付。
  5. ^ “サーターアンダギーがデビューイベント! 山田親太朗らがボロ泣き”. webザテレビジョン. (2010年2月16日). http://news.thetv.jp/article/12739/ 
  6. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』2010年1月20日放送分より。

外部リンク[編集]