ヤンバルクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ Gallirallus okinawae
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: ヤンバルクイナ属 Gallirallus
: ヤンバルクイナ G. okinawae
学名
Gallirallus okinawae
(Yamashina & Mano, 1981)[2][3]
シノニム

Rallus okinawae
Yamashina & Mano, 1981[4]

和名
ヤンバルクイナ[2][3][4][5][6][7]
英名
Okinawa rail[2][3][4][6]

ヤンバルクイナ(山原水鶏、Gallirallus okinawae)は、ツル目クイナ科ヤンバルクイナ属に分類される鳥類。

分布[編集]

日本(沖縄島北部の大宜味村国頭村東村固有種[2][3][7]

模式標本の産地はフエンチヂ岳[4]。和名ヤンバルは沖縄島北部を指す呼称である山原に由来する[5][7]

発見のいきさつ[編集]

1981年の数年前から山階鳥類研究所の研究者らは沖縄本島北部に位置する山原(やんばる)地域で種不明のクイナ類を目撃していた[8]1981年の調査で2羽を捕獲し(これらはいずれも形態の検討等の後放鳥された)、同時に入手された1羽の死骸(剥製標本)とあわせて検討された結果、学界に未知の新種であることが判明し、同年末に和名をヤンバルクイナ、学名をRallus okinawaeとして新種の記載論文が発表された[4]。この剥製標本がホロタイプ標本とされた。これは玉城長正(国頭村鳥獣保護員)が与那の道路際で発見した死骸が、玉城に新種らしき鳥の死骸確保を頼んでいた高校教諭の友利哲夫により剥製化され、山階鳥類研究所に寄贈されたものである[9][10]

この「発見」の後になって、本種が以前から、地元の人々にアガチアガチャ(「慌て者」の意)、ヤマドゥイ(「山の鳥」の意)等の名で知られていたことが明らかになった。友利は「やんばるの森に(沖縄本島に生息しないはずの)キジがいるらしい」という噂も耳にしたと回想している。また、鳥声録音家、野鳥愛好家、写真家ほかによって録音、羽毛の拾得、生態写真の撮影等がなされていたことも判明した[11]

形態[編集]

ヤンバルクイナの剥製。国立科学博物館の展示。

全長35センチメートル[2][3]。翼長15 - 16センチメートル[7]。翼開長48 - 50センチメートル[7]。体重340 - 430グラム[7]。上面の羽衣は暗オリーブ褐色、顔や喉の羽衣は黒い[3][4][6][7]。耳孔を被う羽毛(耳羽)から頸部にかけて白い筋模様が入り[6][7]、眼先に白い斑点が入る[4][5]。頸部から腹部にかけての下面の羽衣は黒く、白い横縞が入る[2][3][5][6][7]。尾羽基部の下面を被う羽毛(下尾筒)は黒褐色で、下尾筒の羽先は黄褐色がかった白色[4][5]。体重と比較して翼の面積は小型で、翼を動かす筋肉も貧弱[7]。初列風切内では第10初列風切が最も短い[2][4]

虹彩は赤い[7]。眼瞼は赤橙色[4][5]。嘴は太い[2]。嘴の色彩は赤く[3][4][6][7]、先端が白い[2][5]。後肢は発達し太い[2][6]。後肢の色彩は赤い[2][3][4][6][7]

卵は長径5センチメートル、短径3.5センチメートル[2]。幼鳥は虹彩や嘴が褐色で、後肢は黄褐色[5]

分類[編集]

1978年に与那覇岳で山階鳥類研究所員に発見されてから複数の目撃例があり、1981年に特別調査チームが編成され6月に幼鳥・7月に成鳥が捕獲された[7]。発見後には現地での死骸の拾得例・写真撮影例・鳴き声の録音例・後述するように方言名が存在することなども判明した[7]

BirdLife Internationalでは2016年現在、本種をHypotaenidia属に分類している[1]

ムナオビクイナカラヤンクイナ近縁であると考えられている[2][3]

生態[編集]

平地から標高500メートル以下にある主に下生えが繁茂した常緑広葉樹林に生息する[6]。リュウキュウマツ林や採草地・海岸付近の民家周辺などで見られることもある[2]。夜間になると樹上で休むが[5][3][6]、これはヘビを避けるためだと考えられている[2][7]。ほとんど飛翔することはできず[6]、樹上6メートルの高さにいた個体がほぼ羽ばたかず約45度の角度で滑空した観察例がある[7]。薄明薄暮時に鳴き声を挙げ[5]、縄張りが隣接する個体同士で鳴き声を挙げ縄張りを主張する[3]

2016年に発表された主に交通事故死(16羽)した31羽の胃の内容物調査では、昆虫腹足綱ミミズ果実種子などが確認されている[12]。この調査では81 %の個体でバンダナマイマイBradybaena circulus(21個)・オキナワヤマタニシCyclophorus turgidus(14個)などの腹足綱(計59個)が発見された[12]。大型の腹足綱(巻貝類)は殻を割って軟体部のみを食べ、小型の巻貝類や殻が硬いヤマタニシ類は丸飲みにする(そのため胃の内容物調査では軟体部のみで消化されやすい大型腹足綱やミミズ類の割合が小さくなっている可能性が示唆されている)[12]アカメガシワキキョウランゴンズイ・ホウロクイチゴRubus sieboldiiヤマモモ・イヌビワ類などの植物質では果皮があまり消化されていなかったため、本種が種子散布者となっている可能性が示唆されている[12]。この調査対象となった交通事故死した個体では、アシジロヒラフシアリTechnomyrmex brunneusやオキナワハンミョウCicindela okinawana・アカメガシワなどのような道路などの開けた林縁に生息・自生する食物・ハナアブ類の幼虫のように有機汚濁の進んだ人為的な水場に生息する獲物を多く採食していたことが示唆されている[12]。別の胃の内容物調査ではシロアゴガエルヒメアマガエルが発見された例もある[12]。本種の全長よりも長い全長58センチメートルのリュウキュウアオヘビを飲みこんだ個体の撮影・報告例がある[13]。林床で採食を行うが、浅い水中で採食を行うこともある[6]

外部寄生虫として2005年に西銘岳で幼鳥2羽からシラミバエ科の一種Ornithoica exilisが採取された報告例がある[14]

繁殖様式は卵生。シダ植物や低木・草本が繁茂した地表に、枯れ葉などを組み合わせた皿状の巣を作る[2]。3 - 5個の卵を産む[2][3]

人間との関係[編集]

方言名としてアガチー(せかせか歩くの意)・ヤマドゥイ(山鳥の意)・シジャドウイがある[2][7]

森林伐採・農地開発・林道やダム建設による生息地の破壊や分断、交通事故、側溝への雛の滑落による衰弱死、人為的に移入されたイヌノネコフイリマングースなどによる捕食などにより生息数は減少している[2][3][6][7]。増加したハシブトガラス、新たに移入されたタイワンスジオなどによる影響も懸念されている[2][3]。1996 - 2001年に本種の生態を利用し録音した鳴き声を再生して反応の有無により生息状況を確認する方法(プレイバック法)を用いた調査では、1985 - 1986年の調査と比較して分布の南限が10キロメートル北上し分布域が約25 %減少しているという結果が得られた[2][15]。特にマングースについては沖縄本島南部から分布が北上するのとヤンバルクイナの分布の南限が北上するのがきわめてよく一致していることから[16]、本種の減少の主因であると考えられている[15][17]。2000年に大宜味村・2005年に東村ではほぼ見られなくなり、連続的に分布するのは国頭村に限られた[3]。1998年6月 - 2003年6月にかけて22羽の死亡報告例があり、そのうち16羽(年あたり平均3.4羽、死亡報告例の72.7 %)は交通事故が死因とされる[17]。5 - 6月に交通事故による死亡が多い傾向にあり、これは繁殖期と重複することから雛に餌を与えるために活発に活動している・側溝に落下した雛の周囲で警戒している親鳥が交通事故に逢う可能性が高いことが示唆されている[17]。2017年現在沖縄県のレッドデータでは絶滅危惧IA類と判定されている[2]。 5-6月に轢死による死亡例(ロードキル)が多いことも大きな問題で[18]、巣立つ前の幼鳥に餌を与えるため親鳥が活発化することが原因だと考えられている。1995-2014年までに、交通事故確認件数が312件(うち278件死亡)されており、そのうち5月が75件(うち死亡69件)、6月が63件(うち死亡55件)と44%がこの時期に集中している。 また、特に近年交通事故認知件数は増加傾向にあり、1998-2004年は年間1-6件だったものが、2014年は47件(うち死亡43件)発生している[19]

2000年度から沖縄県(2001年度には環境省も)による罠を用いたマングースやネコの駆除・捕獲が進められているが[17]、完全駆除の目途はたっていない[3]。マングースについては環境省や沖縄県によって専門の作業員による捕獲・北上を防止するための柵の設置・探索犬の導入などの対策が進められている[2]。2005-2006年にかけては、マングースの北上を食い止めるために、沖縄本島の東西を横断するフェンス(北上防止柵)が、大宜味村塩屋湾?東村福地ダムを結ぶラインに設置された[20]。ネコについては地方自治体によって適正飼育条例が制定されたり、獣医師が中心となりマイクロチップを埋め込むなどの対策が進められている[2][21][22]1999年には「やんばる野生生物保護センター」が設置された[3]2005年NPOどうぶつたちの病院によって「ヤンバルクイナ救急救命センター」の運営が開始された[2]。日本では1982年に国指定の天然記念物に指定されている[2][3]1993年種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている[2][23]

1985 - 6年の生息数は約1800羽と推定されている[2][24]。2005年の生息数は720羽と推定されている[2]。2005年には717羽[25]2010年の生息数は845 - 1,350羽と推定されている[3]。2014年における生息数は1,500羽と推定されている[2]。マングース防除事業等の進展に伴って、2011年以降、分布域及び生息数は回復傾向にあり、2013-4年の推定生息数は1,500羽前後[26][27]と推定。近年生息が確認できなかった大宜味村北部山中や東村高江での生息が確認されてきている。ただし、分布域も不連続で未だ安定生息とは言えない状況にある。

2004年からは環境省で「ヤンバルクイナ保護増殖事業計画」が策定され、生態調査の実施や飼育下繁殖施設の建設が進められている[2][3]。2009年からは飼育下繁殖法を確立させる試みが進められている[2]。2015年現在の飼育個体数は68羽[2]。 繁殖については、1998年に沖縄県名護市のネオパークオキナワにて、野外から保護された卵からはじめて孵化に成功した他、2007年にNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の施設[28][29]にて卵の救護による育成個体同士による自然孵化及び人工孵化、また、環境省がヤンバルクイナ飼育・繁殖施設にて、2012年に4羽の自然孵化に成功。また、2014-5年には、ヤンバルクイナ救命救急センター(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄所有)にて飼育下繁殖個体同士からの第2世代のヒナ3羽の孵化に成功[30]している。

絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト[3]

Status jenv CR.png

和名の由来[編集]

和名は沖縄本島北部をヤンバル(山原)と呼ぶことに由来する。新種の記載に先立って、1981年に現地で捕獲調査を実施した山階鳥類研究所の調査チームの間では、和名として「ヤンバルクイナ」か「ヤンバルフミル(フミルはバンの地方名)」にしようという話し合いがなされていた。当時は「ヤンバル」という名前は一般的でない名称であったため、山階鳥類研究所の内部では「オキナワクイナ」という名称が相応しいという意見もあったが、「鳥の保護には地元の理解と協力が不可欠なので、それにはより具体的なヤンバルを名前に入れるのがよい」という判断から、最終的に「ヤンバルクイナ」という和名がつけられた。これ以前にも「ヤンバル」を冠した生物名称はあったが、全国的に広く知られるようになったのは本種の命名以来のことである[31]

影響[編集]

辺戸岬にあるヤンバルクイナ展望台

ヤンバルクイナの発見は、沖縄においても大きく取り上げられ、その目立つ姿も手伝って話題となった[9][32]。1987年の沖縄・海邦国体ではマスコットキャラクターのクィクィとして用いられた[33]。また、これに前後してヤンバルテナガコガネが発見されたこともあり、沖縄はいわば新種ブームのようなものが起こるに至った[34]。 当時全日本ライトフライ級のプロボクサーであった渡嘉敷勝男は所属ジムの会長から「ヤンバルクイナ」の通称をつけられるなど、多くの場所で本種の名前が使用された。 本種があまりに有名になったので、沖縄の県鳥だと思っている人も多いが[35]、それはノグチゲラである。

観察[編集]

沖縄県国頭郡国頭村安田にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森において、野生では目にすることさえ難しいヤンバルクイナを目の前で観察する事ができる。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの 森入り口

国頭村安田の学習施設で飼育されているヤンバルクイナは、卵で保護され人が身近にいる環境で育ったので人に対する警戒心が少なく、「キョンキョン」と命名された。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森のキョンキョン

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b BirdLife International. 2016. Hypotaenidia okinawae. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22692412A93352408. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22692412A93352408.en. Downloaded on 02 September 2017.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 原戸鉄二郎・小高信彦 「ヤンバルクイナ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータおきなわ)第3版-動物編-』、沖縄県文化環境部自然保護課編 、2017年、118-120頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 尾崎清明 「ヤンバルクイナ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、44-45頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 山階芳麿・真野徹 「沖縄島で発見されたクイナ類の1新種」『山階鳥類研究所研究報告』第13巻 3号、財団法人山階鳥類研究所、1981年、147-152_3頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 福田道雄 「ヤンバルクイナ」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年、56、161頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 百瀬邦和 「ヤンバルクイナ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、176頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 尾崎清明 「ヤンバルクイナ」『日本動物大百科 3 鳥類I』日高敏隆監修、平凡社1996年、137-138、140頁。
  8. ^ 無記名, 2004. ヤンバルクイナ 発見から現在まで. (山階鳥類研究所, 平成16年山階芳麿賞贈賞式・受賞記念講演とシンポジウム「?沖縄山原に生きる?ヤンバルクイナに明日はあるか」.山階鳥類研究所. p. 19.)ヤンバルクイナの歴史(山階鳥類研究所ウェブサイト「ヤンバルクイナ その命名・生態・危機」)にほぼ同内容で転載。
  9. ^ a b 無記名, 2009. 新報アーカイブ. あの日の紙面. ヤンバルクイナ発見 1981年11月14日夕刊. 琉球新報(2009年11月13日)[出典無効]
  10. ^ 友利哲夫「いたぞ!ヤンバルクイナ◇沖縄の飛べない鳥 10年近く追い続け新種認定に関わる◇」『日本経済新聞』朝刊2015年9月23日文化面[出典無効]
  11. ^ 尾崎清明, 2009. 日本最後の「新種」-ヤンバルクイナ(ツル目クイナ科)-(所蔵名品から 第19回)山階鳥研NEWS, no. 226.
  12. ^ a b c d e f 七里浩志・小高信彦・中田勝士・長嶺隆・中谷裕美子・大沼学・澤志泰正・三宅雄士 「ヤンバルクイナの胃の内容物」『九州森林研究』第69巻、九州森林学会、2016年、59-64頁。
  13. ^ 小高信彦・大城勝吉 「絶滅危惧種ヤンバルクイナによるリュウキュウアオヘビの捕食」『九州森林研究』第69巻、九州森林学会、2016年、125-126頁。
  14. ^ 山内健生・尾崎清明 「ヤンバルクイナGallirallus okinawae(ツル目:クイナ科)から得られたOrnithoica exilis(ハエ目:シラミバエ科)」『山階鳥類学雑誌』第38巻 2号、財団法人山階鳥類研究所、2007年、97-99頁。
  15. ^ a b 尾崎清明・馬場孝雄・米田重玄・金城道男・渡久地豊・原戸鉄二郎 「ヤンバルクイナの生息域の減少」『山階鳥類研究所研究報告』第34巻 1号、財団法人山階鳥類研究所、2002年、136-144頁。
  16. ^ 無記名, 2004. ヤンバルクイナの減少. (山階鳥類研究所, 平成16年山階芳麿賞贈賞式・受賞記念講演とシンポジウム「?沖縄山原に生きる?ヤンバルクイナに明日はあるか」.山階鳥類研究所. p. 14.) ヤンバルクイナの減少(山階鳥類研究所ウェブサイト「ヤンバルクイナ その命名・生態・危機」)に同内容で転載。
  17. ^ a b c d 小高信彦・澤志泰正 「ヤンバルクイナのロードキル」『山階鳥類学雑誌』第35巻 2号、財団法人山階鳥類研究所、2004年、134-143頁。
  18. ^ 小高信彦, 2004. ヤンバルクイナの交通事故死. (山階鳥類研究所, 平成16年山階芳麿賞贈賞式・受賞記念講演とシンポジウム「?沖縄山原に生きる?ヤンバルクイナに明日はあるか」.山階鳥類研究所. p. 11.)
  19. ^ やんばる野生生物保護センターウフギー自然館 自己確認状況データ
  20. ^ 嘉数浩, 2006. ストップ・ザ・マングース ?沖縄本島北部地域生態系保全事業 マングース北上防止柵について?. しまたてい, 39: 28-31.[リンク切れ]
  21. ^ 国頭村ネコの愛護および管理に関する条例
  22. ^ ねこの適正な飼養管理を推進するために(環境省, 2005)-「5.沖縄県やんばる地域でのモデル事業」の章がある。
  23. ^ 国内希少野生動植物種一覧環境省・2017年9月2日に利用)
  24. ^ 花輪伸一・森下恵美子, 1986. ヤンバルクイナの分布域と個体数の推定について. 昭和60年度環境庁特殊鳥類調査. pp. 43-61.
  25. ^ 尾崎清明・馬場孝雄・米田重玄・広居忠量・原戸鉄二郎・渡久地豊・金城道男, 2006. ヤンバルクイナの生息域と生息数の減少. 日本鳥学会2006年度大会講演要旨.
  26. ^ 平成27年1月ヤンバルクイナの概要1-環境省
  27. ^ やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
  28. ^ 那覇自然環境事務所-環境省
  29. ^ NPO法人どうぶつたちの病院沖縄
  30. ^ 那覇自然環境事務所-環境省-報道記者発表2015.4.10
  31. ^ 無記名, 2004. “ヤンバルクイナ”名前の由来. (山階鳥類研究所, 平成16年山階芳麿賞贈賞式・受賞記念講演とシンポジウム「?沖縄山原に生きる?ヤンバルクイナに明日はあるか」.山階鳥類研究所. p. 14.) “ヤンバルクイナ”名前の由来(山階鳥類研究所ウェブサイト「ヤンバルクイナ その命名・生態・危機」)に同内容で転載。
  32. ^ 「ヤンバルクイナの発見」絶滅の危機にある動植物たち - TBS Archived 2009年8月17日, at the Wayback Machine.
  33. ^ 沖縄・海邦国体マスコット「クィクィ」製作 - Bin企画(マスコット作成元)
  34. ^ 1981年(昭和56年)沖縄県内十大ニュース)1981年12月28日 琉球新報
  35. ^ Yahoo!ニュース - クイズ - 沖縄の県鳥は?[リンク切れ]

外部リンク[編集]

やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」