アカメガシワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカメガシワ
Mallotus japonicus Plate from book
アカメガシワ
分類
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
亜科 : エノキグサ亜科 Acalyphoideae
: エノキグサ連 Acalypheae
: アカメガシワ属 Mallotus
: アカメガシワ M. japonicus
学名
Mallotus japonicus
(Thunb.) Müll.Arg.
和名
アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)
英名
Japanese Mallotus

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏、Mallotus japonicus)は、トウダイグサ科アカメガシワ属落葉高木。主に山野に生えており、春にでる若葉が紅色をしている。

名称[編集]

新芽が鮮紅色であること、そしてのように大きくなることから命名された説もあるが、柏が生息していない地域では、この木の葉を柏の葉の代用として柏餅を作ったことからアカメガシワと呼ぶようになったとの説もある。地方によって、ゴサイバ[1]、アカガシワ[1]などともよばれている。古名は楸(ひさぎ)。中国植物名(漢名)は、野梧桐(やごどう)という[1]

分布・生育地[編集]

日本本州岩手秋田県以南、四国九州沖縄、国外のアジアでは台湾中国の南部に分布する[2][3]。日本では二次林に多く、山野平地、川の土手に自生し[1]、山野の林縁など明るいところによく生えている[3]、典型的なパイオニア植物である。暖帯から亜熱帯産の植物であるため寒さに弱く、日当たりを好み生長が早い[2]。古来は熱帯性植物であり、落葉性を身につけることで温帯への進出を果たしたものと見られる。

形態・生態[編集]

雌雄異株の落葉高木で、樹高は5 - 10メートル (m) に達する。春に出る若葉は、鮮やかな紅色をしており美しく[1]、星状毛が密生する[2]

は赤く長い葉柄をつけて互生し、形は菱型状卵円形、先端は尖り浅く2 - 3裂する[2]。3大葉脈があり、分岐点に腺体がある[2]。裏に黄色腺点があってアリが集まることもある。幹は黄褐色から暗灰色でやや赤みを帯びる[2]

花期は初夏(6 - 7月)[3]、枝先に穂になって白色の小さなを多数つけ、雄花には黄色のが目立つ[2]。雌花序は雄花序よりも小さく、花数が少ない[2]果実蒴果で、軟針がある三角状偏球形で径8ミリメートル (mm) ほどの大きさがあり、花序に多数つく[3]。果実は9 - 10月頃に褐色に熟すと、3 - 4裂して3 - 4個の黒紫色の種子を出す[2][3]。種子はほぼ球形で、光沢がある黒色をしており、種皮は薄くて剥がれやすい[3]

木のは生命力が強く、シュートを生じて繁殖する。また、種子は高温にさらされると発芽しやすくなり、伐採森林火災により森林が破壊されると一気に繁殖する。

成分[編集]

苦味質(ベルゲニンルチン)、タンニン(ゲラニイン)、マロツシン酸マロチン酸が含まれている[4]

利用[編集]

材は軟らかく、床柱・下駄・薪炭に用いる。日本薬局方に記載の生薬で、樹皮は野梧桐(やごどう)、葉は野梧桐葉(やごどうよう)という[1]。葉は夏に採取して水洗いし後に天日乾燥させ、樹皮は秋に採取して細かく刻んで乾燥させることにより、調製される[1][2]。樹皮を煎じたものは初期の胃潰瘍十二指腸潰瘍胃酸過多症に効果があるとされるほか、葉の乾燥品を風呂に入れて入浴すると、あせもに効能があるとされる[1][2]民間療法では、葉・樹皮1日量5 - 10グラムを水500 - 600 ccで煎じて、3回に分けて服用する用法が知られている[2]。また、果実の軟針は駆虫剤に用いる。若葉は食用となり、和え物おひたしとする[5]

類似種[編集]

のものとしては八重山諸島以南に分布するウラジロアカメガシワ M. paniculatus があり、外見は似ているが、葉の裏が真っ白である。この種は東南アジアからオーストラリアに渡る分布を持つ。またより北(トカラ列島以南)まで見られるクスノハガシワ M. philippensis は、葉が硬くて細長く、毛も少ないため見た目はかなり違う印象である。また、沖縄にはヤンバルアカメガシワ Melanolepis multiglandulosa がある。一見はアカメガシワに似るが、より大きく膜質の葉を持つ。果実の穂をぶら下げる姿は独特。

別属だが一見似た樹種にオオバベニガシワ Alchornea davidii がある。中国原産の落葉低木で、若葉が鮮紅色で美しく、庭木にされる。葉は網状の葉脈が目立つ。またこれと同属のアミガサギリ A. liukiuensis南西諸島に自生する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995, p. 9.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 馬場篤 1996, p. 13.
  3. ^ a b c d e f 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2012, p. 182.
  4. ^ 難波恒雄; 富山医科薬科大学和漢薬研究所 (2007-11-30). 和漢薬の辞典 (新装版 ed.). 朝倉書店. p. 1. ISBN 978-4-254-34008-2 
  5. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p4 昭和33年12月25日発行

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、9頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『草木の種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2012年9月28日、182頁。ISBN 978-4-416-71219-1
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』誠文堂新光社、1996年9月27日、13頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 林将之『葉で見わける樹木 増補改訂版』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、210-211頁。ISBN 978-4-09-208023-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]