アカメガシワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカメガシワ
Mallotus japonicus Plate from book
アカメガシワ
分類
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
亜科 : エノキグサ亜科 Acalyphoideae
: エノキグサ連 Acalypheae
: アカメガシワ属 Mallotus
: アカメガシワ M. japonicus
学名
Mallotus japonicus
(Thunb.) Müll.Arg.
和名
アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)
英名
Japanese Mallotus

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏、Mallotus japonicus)は、トウダイグサ科アカメガシワ属落葉高木新芽鮮紅色であること、そしてのように大きくなることから命名された。本来は熱帯系統の植物であり、落葉性を身につけることで温帯への進出を果たしたものと見られる。

特徴[編集]

日本本州岩手秋田県以南、四国九州のほか、アジアでは台湾中国の南部の山野自生する。日本では二次林に多く、山野、平地、川の土手のほか、空き地などによく生えてくる、典型的なパイオニア植物である。雌雄異株の落葉高木で、樹高は5〜10mに達する。春に出る若葉は、鮮やかな紅色をしており美しく[1]、星状毛が密生する[2]

は赤く長い葉柄をつけて互生し、形は菱型状卵円形、先端は尖り浅く2〜3裂する[2]。3大葉脈があり、分岐点に腺体がある[2]。裏に黄色腺点があってアリが集まることもある。幹は黄褐色から暗灰色でやや赤みを帯びる[2]初夏、枝先に穂になって白色の小さなを多数つけ、雄花には黄色の(やく)が目立つ。雌花序は雄花序よりも小さく、花数が少ない[2]果実になって10月頃に熟し、蒴果で軟針があり、3列して3個の黒紫色の種子を出す[2]

暖帯から亜熱帯産の植物であるため寒さに弱く、日当たりを好み生長が早い[2]。木のは生命力が強く、シュートを生じて繁殖する。また、種子は高温にさらされると発芽しやすくなり、伐採森林火災により森林が破壊されると一気に繁殖する。

利用[編集]

材は軟らかく、床柱・下駄・薪炭に用いる。日本薬局方に記載の生薬で、樹皮は「野梧桐(やごどう)」、葉は「野梧桐葉(やごどうよう)」という[1]。樹皮を煎じたものは初期の胃潰瘍十二指腸潰瘍胃酸過多症に効果があるとされるほか、葉の乾燥品を風呂に入れて入浴すると、あせもに効能があるとされる[1][2]。また、果実の軟針は駆虫剤に用いる。若葉は食用となり、和え物やおひたしとする[3]

ギャラリー[編集]

アカメガシワの新芽 
雄花 
雌花 

類似種[編集]

のものとしては八重山諸島以南に分布するウラジロアカメガシワ M. paniculatus があり、外見は似ているが、葉の裏が真っ白である。この種は東南アジアからオーストラリアに渡る分布を持つ。またより北(トカラ列島以南)まで見られるクスノハガシワ M. philippensis は、葉が硬くて細長く、毛も少ないため見た目はかなり違う印象である。また、沖縄にはヤンバルアカメガシワ Melanolepis multiglandulosa がある。一見はアカメガシワに似るが、より大きく膜質の葉を持つ。果実の穂をぶら下げる姿は独特。

別属だが一見似た樹種にオオバベニガシワ Alchornea davidii がある。中国原産の落葉低木で、若葉が鮮紅色で美しく、庭木にされる。葉は網状の葉脈が目立つ。またこれと同属のアミガサギリ A. liukiuensis南西諸島に自生する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 貝津好孝 1995.
  2. ^ a b c d e f g h 馬場篤 1996.
  3. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p4 昭和33年12月25日発行

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]