山階芳麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芳麿王
山階芳麿
山階侯爵(1920~1947)
身位 皇族)→ 伯爵華族
敬称 殿下 → 閣下
出生 1900年7月5日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (1989-01-28) 1989年1月28日(満88歳没)
配偶者 酒井寿賀子
子女 山階芳正(養子)
父親 山階宮菊麿王
母親 菊麿王妃範子
テンプレートを表示

山階 芳麿(やましな よしまろ、1900年明治33年)7月5日 - 1989年平成元年)1月28日)は、日本の元皇族。旧名、芳麿王。山階宮菊麿王同妃範子(先妻)の第二王子。

山階鳥類研究所の創設者。階級陸軍中尉位階勲等は正三位勲一等。爵位侯爵学位理学博士北海道帝国大学)。生前に受けた栄誉及び表彰歴としては第1級ゴールデンアーク勲章受勲及びジャン・デラクール賞受賞などがある。

生涯[編集]

1900年(明治33年)7月5日、皇族山階宮菊麿王の第2子として東京市麹町区に誕生した。昭和天皇とは実母(範子妃)、香淳皇后とは継母(常子妃)を通じての従兄にあたる。生家は敷地が約5500坪。幼い頃からに興味を持ち、6歳の誕生日に一つがいのオシドリ剥製を贈られる。

1907年(明治40年):学習院初等科入学。学習院中等科のとき、明治天皇からの沙汰により陸軍中央幼年学校予科に入る。陸軍中央幼年学校本科陸軍士官学校(33期)を経て陸軍少尉に任官。砲兵将校となる。

1920年大正9年):7月5日に叙勲、勲一等旭日桐花大綬章受章。皇室の内規に従って臣籍降下を願い出て、7月20日皇族会議で認められる。7月24日大正天皇から山階の家名と侯爵の爵位を与えられ、従四位に叙せられる。陸軍砲兵中尉となるが、動物学研究の望みを断ち難く、軍を退役する。

1925年大正14年)4月21日伯爵酒井忠道(旧小浜藩)次女・寿賀子(すがこ)と結婚。1929年昭和4年)4月:東京帝国大学(のちの東京大学)理学部動物学科選科(のちの大学院)に入学(講座主任は谷津直秀教授、担当は田中茂穂助教授(魚類学))、2年にわたって動物学の基礎を学ぶ。1931年昭和6年)3月:東京帝国大学理学部動物学科選科修了。

1932年(昭和7年):山階鳥類研究所の前身である山階家鳥類標本館を設立した(同研究所については後述)。1939年(昭和14年):北海道帝国大学(のちの北海道大学)教授小熊捍(おぐま・まもる)の指導を受け、鳥類の雑種における不妊性の研究に取り組む。1942年(昭和17年):「鳥類雑種の不妊性に関する論文」によって北海道大学から理学博士号を授与された。1946年(昭和21年)5月12日、貴族院議員を辞職[1]。間もなく公職追放となる[2]

その後、鳥類の染色体の研究に取り組み、1947年(昭和22年)に鳥類の分類に染色体による分類法を導入して、国内外から高い評価を得た。1949年(昭和24年)、関連論文の集大成『細胞学に基づく動物の分類』を上梓し、1950年(昭和25年)に日本遺伝学賞を受賞した。戦後のタンパク質不足から、文部省から「ニワトリの増殖」について研究委託を受け、多産で肉質がよいニワトリの品種改良にも取り組んだ。その他、バリケンアヒルの雑種ドバンの増殖研究にも力を入れた。鳥類の保護にも大きな熱意を注ぎ、日本鳥学会会頭、日本鳥類保護連盟会長、国際鳥類保護会議副会長、同アジア部会長等を歴任した。

1966年(昭和41年)、紫綬褒章受章。1977年(昭和52年)、鳥学の世界のノーベル賞とも言われるジャン・デラクール賞を受賞。1978年(昭和53年)、「世界の生物保護に功績があった」としてオランダ王室から第1級ゴールデンアーク勲章を受章した。

1989年平成元年)1月28日、88歳で逝去した。

血縁[編集]

寿賀子夫人との間に子どもは無く、侯爵浅野長武と妹:安子の次男(芳麿からすれば甥)の山階芳正を養子に迎えた。 鳥類学者の黒田長久は義理の従兄弟にあたる。

山階鳥類研究所[編集]

1931年昭和6年)秋:山階家の私邸内に山階鳥類研究所の前身である山階家鳥類標本館(東京府豊多摩郡渋谷町上渋谷(現在の東京都渋谷区南平台))を私費を投じて建設着工する。冷暖房がない時代であったので、2階の標本室が外の気温に直接影響されないよう、天井を2層にした(このため、東京大空襲の際も標本は無事であった)。

1932年昭和7年)春:山階家鳥類標本館の完成(建設費は当時の金額で5万円)。鉄筋コンクリート2階建て126坪(416平方メートル)で、1階が研究室と図書室、2階が標本室。完工後、約1年間湿気を抜いた。

アジア・太平洋地域の鳥類標本収集を開始し、1933年昭和8年)5月に山階家鳥類標本館開所式を行なった。春から標本類などを運び込む。山階家鳥類標本館の体制は、芳麿 館長(格)で、研究員には北大出身の山田信夫、飼育担当は妻の寿賀子と佐藤勇吉佐久間英松の3人、標本・図書管理が日和三徳、標本採集のための嘱託が折居彪二郎であった。1942年文部省から財団法人としての認可を得て、財団法人山階鳥類研究所を設立した。今日においても鳥類研究の機関として運営されている。

1945年昭和20年)3月10日:この日の空襲を含む「東京大空襲」において焼夷弾の直撃を10発うけるが2重の天井のため、炎上しなかった。ただし、天井にひびが入り、雨漏りがするようになった。1966年昭和41年)、戦災のため雨漏りがするようになった2階を補修するため、天井の上に1階を継ぎ足し、3階建とした。

1992年(平成4年)財団設立50周年を記念して山階芳麿賞が創設された。

2009年平成21年)5月1日現在の総裁は秋篠宮文仁親王

著書[編集]

  • 『日本の鳥類と其生態』全3巻 梓書房、1933-1934年
  • 満洲産鳥類の食性 満洲国林野局 1939
  • 鳥十話 羽田書店 1944
  • 鳥ごよみ 三興書林 1948
  • 鳥の生活と巣箱 国民図書刊行会 1948 (教室文庫)
  • 細胞学に基づく動物の分類 北方出版社 1949 (生物選書)
  • 鳥の減る国ふえる国 日本鳥類保護連盟 1967
  • 『世界鳥類和名辞典』大学書林 1986年 - 世界の全鳥類に和名をつけた労作

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 鳥類 ロジャー・ピーターソン タイムライフインターナショナル 1969 (タイムライフブックス)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5800号、昭和21年5月18日。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「正規海軍将校」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年746頁。NDLJP:1276156 

外部リンク[編集]