バードライフ・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朱鷺を描く1960年に日本で開催された会議の記念切手

バードライフ・インターナショナル(BirdLife International)は、鳥類の保護を活動目的とする国際環境NGOである。イギリスに本部を置き、国境を越えて移動する渡り鳥をはじめとする野鳥の生態調査などでの国際的連携を担う[1]

1922年6月にInternational Council for Bird Preservation(国際鳥類保護会議、ICBP)として発足した。

現在は、Royal Society for the Protection of Birdsを始めとする多くの鳥類保護団体が加盟する世界規模の国際的環境保全ネットワークである。加盟団体の会員の総計は277万人以上にのぼる。

現在の名誉総裁(Honorary President)は高円宮妃久子であり[2]、事務総長はHazell Shokellu Thompsonである[3]。また日本におけるパートナー団体には日本野鳥の会などがある。

台湾からは民間NGO「中華民国野鳥学会」が参加していたが、中華民国を冠しない名称への変更、台湾独立を唱えないことを約束した文書の提出などを要求し、拒否されると2020年9月に除名処分とした[1]

バードライフ・アジア[編集]

バードライフ・アジア(BirdLife-Asia)は2002年4月にイギリス本部から、バードライフ・インターナショナルのアジア部門として日本東京都新宿区に事務所が移設され、活動を行っていたが[4]、アジア部門を統括する地域事務所の本部業務は2012年にシンガポールに移り[5]、東京事務所は、英国本部と名誉総裁・高円宮妃の連絡や調整などが主な業務となり、2014年に名称もバードライフ・インターナショナル東京に変更した[6]英国王立鳥類保護協会のアジアでの最初のゴールドメダリストである市田則孝が初代の代表だった[4]

2001年にはアジア版鳥類レッドデータ・ブックがバードライフ・インターナショナルから出版されている[7]

アジアには約2,700の鳥類が生息し、664種がレッドデータ・ブックに掲載された[7]絶滅危惧種インドネシアが115種とアジアで最も多く、日本は45種で9番目に多い[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【ワールドビュー】除名された台湾「野鳥学会」(台北支局長・杉山祐之)『読売新聞』朝刊2020年10月18日国際面
  2. ^ BirdLife's Honorary President Her Imperial Highness Princess Takamado of JapanBirdLife International
  3. ^ BirdLife International announces Dr Hazell Shokellu Thompson as Acting CEOBirdLife International
  4. ^ a b バードライフ・アジア (2003)、巻末
  5. ^ 2012年度年次報告書』バードライフ・インターナショナル東京
  6. ^ 2014年度年次報告書』バードライフ・インターナショナル東京
  7. ^ a b c バードライフ・アジア (2003)、172頁

参考文献[編集]

  • 『絶滅危惧種・日本の野鳥―バードライフ編レッドデータ・ブックに見る日本の鳥』バードライフ・アジア、川那部真、谷口高司、東洋館出版社、2003年11月12日。ISBN 4491019444
  • 『世界鳥類大図鑑』バードライフ・インターナショナル、出田興生、ネコ・パブリッシング、2009年1月5日。ISBN 978-4777052424

関連項目[編集]

外部リンク[編集]