大宜味村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおぎみそん
大宜味村
宮城島から望む塩屋湾
宮城島から望む塩屋湾
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
国頭郡
団体コード 47302-2
法人番号 5000020473022
面積 63.55km2
総人口 2,925[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 46人/km2
隣接自治体 名護市
国頭郡国頭村東村
村の木 シークヮーサー
村の花 シークヮーサー
村の鳥 メジロ
大宜味村役場
村長 宮城功光
所在地 905-1305
沖縄県国頭郡大宜味村大兼久157番地
北緯26度42分6.1秒東経128度7分13.1秒座標: 北緯26度42分6.1秒 東経128度7分13.1秒
大宜味村役所
外部リンク 大宜味村WEBSITE

大宜味村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト


塩屋湾と宮城島
道の駅おおぎみ

大宜味村(おおぎみそん)は、沖縄県沖縄本島北部に位置するで、国頭郡に属している。

「長寿の里」とされ、「長寿日本一宣言」をしている[1]

地理[編集]

  • 沖縄本島北部、国頭半島西部に位置する。
  • 海岸付近を除き低地は少なく、東村との村界側の大部分は山地・森林になっている。
  • 村役場などの主要な施設は大兼久・大宜味集落の境界付近と喜如嘉集落付近、塩屋集落付近に分散している。
  • 大保ダム建設時の排出土を使った埋立事業が塩屋地先で進行中。非都市地域での大規模な土地造成の費用対効果、またやんばるという土地柄、自然破壊へつながる事業へ疑問を呈する声は少なくない。
  • 大保ダム建設時の排出土を有効活用した埋立事業によって結の浜が整備された。傾斜地が海岸線まで迫り、山がちで平地の少ない村においては崖崩れによる交通遮断の懸念、人口減少の歯止め策・対応、雇用確保の為の事業所誘致等の難問を如何に解決するかは深刻な課題であり、その対策としてこの事業が施行された。現在は村立診療所、薬局、村立小学校・中学校、村営団地・民間住宅、民間事業所、コンビニエンスストア、遊具施設や展望デッキ等が配置された公園等が建つ街並みとなっている。2019年以降にはリゾートホテルが誘致される予定である。
  • 塩屋湾は風光明媚なロケーションとして人々に認知されている。(大保川がその源を幸地山(海抜295m)付近に発し、普通河川の大工又川、江洲川と合流して塩屋湾に注ぐ。流域面積23.7km2、幹川流路延長10.3kmの二級河川である。)
  • 山:ネクマチヂ岳(標高360.7m)
  • 川:大保大川、田嘉里川、大川川、饒波川、大兼久川
  • 島:宮城島(本島とは架橋で繋がっている)

隣接する自治体[編集]

地域[編集]

  • 上原(うえはら)
  • 江洲(えす)
  • 大兼久(おおがねく)
  • 大宜味(おおぎみ)
  • 押川(おしかわ)
  • 喜如嘉(きじょか)
  • 塩屋(しおや)
  • 謝名城(じゃなぐすく)
  • 白浜(しらはま)
  • 大保(たいほ)
  • 田嘉里(たかざと)
  • 田港(たみなと)
  • 津波(つは)
  • 饒波(ぬうは)
  • 根路銘(ねろめ)
  • 宮城(みやぎ)
  • 屋古(やこ)

人口[編集]

Demography47302.svg
大宜味村と全国の年齢別人口分布(2005年) 大宜味村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大宜味村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
大宜味村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

歴代村長[編集]

氏名 就任年月 退任年月 備考
1 山川文光 1908年 1914年8月31日
2,3 嵩高久二 1914年9月1日 1920年6月3日
4,5,6 金城鍜助 1920年7月 1932年6月14日 最初の民選村長
7 前田耕一 1932年6月14日 1932年9月29日 在職中死亡
8,9,10,11 山城東栄 1932年10月4日 1945年9月24日
12 宮里金次郎 1945年12月 1948年1月
13 平良仁一 1948年3月1日 1950年7月31日
14,15 宮里金次郎 1950年9月18日 1958年2月24日
16 宮城丈正 1958年4月13日 1960年12月5日
17 島袋幸喜 1961年1月22日 1962年8月19日 在職中死亡
18,19,20,21,22,23 根路銘安昌 1962年10月7日 1982年10月6日
24,25,26 新城繁正 1982年10月7日 1994年10月6日
27,28 照屋林三 1994年10月7日 2002年10月6日
29,30 島袋義久 2002年9月 2014年9月
31 宮城功光 2014年10月7日 現職

歴史[編集]

  • 1673年 - 国頭間切南西部11村と羽地間切北部の平南・津波2村をもって田港間切創設
  • 1695年 - 田港間切を大宜味間切に改称
  • 1908年 - 島嶼町村制により大宜味間切が大宜味村となる
  • 1911年 - 役場を大宜味に移転
  • 1963年6月5日 - 初代塩屋大橋が開通[2]。すでに開通していた宮城橋と合わせ、名護市津波と大宜味村根路銘の間が塩屋湾を迂回せず宮城島経由で通行できるようになり、距離が約8km短縮された。
  • 1999年
  • 2016年 - 村内全小学校が過疎の為閉校し、1校に統合し移転。中学校も同時に移転。[4]

教育[編集]

廃校
  • 大宜味村立喜如嘉小学校 - 2016年3月閉校[4]
  • 大宜味村立塩屋小学校 - 2016年3月閉校[4]
  • 大宜味村立津波小学校 - 2016年3月閉校[4]

経済[編集]

産業[編集]

  • 主要産業は第一次産業である。山地におけるシークヮーサーマンゴーシイタケの栽培が行なわれている。
  • 喜如嘉地域では伝統の芭蕉布づくりが、完全な手作業で行なわれており、伝統技術を継承している「喜如嘉の芭蕉布保存会」が国の重要無形文化財の保持団体として認定されている。
  • 大宜味産蕎麦(沖縄そばではなく、日本本土と同じ蕎麦である。和蕎麦。)が村内で栽培され、「日本一早い新蕎麦」と謳われる。村内で蕎麦を提供する飲食店にて食することが出来る。
  • 近年は農家が新たな名産品としてコーヒー栽培に取り組み、大宜味村産の「国産コーヒー」として県内外で認知され始めている。栽培に取り組む農家の数も徐々に増え、広がりを見せている。村内の複数の飲食店で大宜味産コーヒーが提供されている為、現地にて味わうことが出来る。
  • 沖縄北部特有の酸性度のある赤土でつくられる『赤土大根』は村の名産品として地域内外の人々に親しまれ、食される。道の駅おおぎみ等でも入手出来る。
  • 苦みが少ない茶の品種「さえみどり」が栽培されている。かつて、お茶の産地だった村の名産物を復活させたいと栽培が再開された。
  • 田嘉里集落に沖縄本島最北端の泡盛酒造所「やんばる酒造」が在る。
  • 先人から受け継いだ労力と時間を惜しまない丁寧な手仕事は現在の芭蕉布をはじめ、陶芸や漆芸、木工芸へと受け継がれ、今日では多くの工芸家が工房を構えている。
  • 芭蕉布・木工芸・陶芸・漆芸・染織等の伝統工芸に加え、伝統技法を現代風にアレンジした作品も若い工芸作家を中心に意欲的に生み出されている。琉球藍で染めた糸を使った手織り工芸品、シルクスクリーン等の手工芸も盛んである。
  • 喜如嘉集落や田嘉里集落等の村内各地に地元やんばるの木材を使った工芸品や地元やんばるの土を焼いて制作された陶器やシーサー等の工房・民芸ギャラリーが点在する。地元客のみならず観光客にも人気がある。
  • やんばるの森林の中に森カフェ、海沿いや田園地帯にもカフェが点在している。やんばる3村の自然に溶け込んだカフェは老若男女に愛されている。
  • 塩屋地先にある結の浜の企業支援賃貸工場に沖縄村上農園と沖縄セルラーアグリ&マルシェの2社の植物工場が誘致され、地元雇用の創出に貢献している。沖縄村上農園は自然環境に恵まれ水質が良く、水量が豊富な大宜味村の地の利を生かし、豆苗を市場へ供給する農作物の主軸として2013年より稼働している。一方、南城市玉城で既に植物工場を運営している沖縄セルラーアグリ&マルシェは、県産の新ブランド苺の水耕栽培を生産体制の柱に据える。
  • フルーツタルトなどの専門店を県内において展開する民間企業が、廃校となった喜如嘉小学校跡地を村から借り受けて校舎の一部を工場に改装し、県産シークヮーサー果汁を原料にしたアルコール飲料シードルの生産をしている。シークヮーサーを多く調達する為、農家の所得向上にも繋がると期待される。
  • 津波小学校跡地にて民間の養殖業者によって、沖縄の三大高級魚として知られるアカジンミーバイ(スジアラ)を赤く成長させる養殖技術を使い、陸上養殖が行われている。沖縄県内や日本産食材の市場価値が高い中国、東南アジアのマーケットに向けて出荷される。ヤイトハタ(アーラミーバイ)などの養殖も行われる。

交通[編集]

路線バス[編集]

村内には琉球バス交通沖縄バスが共同運行する67番辺土名線が運行されている。67番は名護市と国頭村を結ぶ路線で、大宜味村内は全区間国道58号経由。

2018年10月1日に廃止された73番川田線の村内区間をカバーする代替バスが村により同日から運行されていた[5]が、利用者の少なさから2019年3月末で廃止された[6]

ほかに国頭村営バスが辺土名高校と国頭村内の間に運行されるが、大宜味村内全区間を含む辺土名高校 - 辺土名間は国頭村内から辺土名高校に通学する生徒のために運行されるため、一般客は乗車不可。また東村営バスが大宜味村内の白浜入口バス停を発着しているが、東村に入るまでは降車不可。

道路[編集]

港湾[編集]

  • 塩屋港

医療[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 道の駅おおぎみ
  • 塩屋大橋
  • ター滝 - 平南川(へなんがわ)上流に位置する。亜熱帯の照葉樹林が広がるエリア。清流を歩くリバートレッキングが楽しめる。夏は滝壷で泳ぐことも出来る。
  • 六田原(むたばる)展望台 - 塩屋富士(317.4m)の中腹にある、塩屋湾を一望できる展望台。屋古地区から押川集落へ抜ける道路沿いに位置。全く手入れがされておらず、草に覆われており、ハブ等に注意が必要。閉館したホテル・サンセットビューインシャーベイの付属施設だった。
  • 石山展望台 - 東海岸と西海岸の中間にある高台の展望台から両方の海を見渡せる。観光向けに整備されている施設とは言えないが駐車場が在る。
  • 喜如嘉板敷海岸の板千瀬 - 喜如嘉集落の南側の海岸の砂浜に沿って1kmにわたり、厚さ6~30cmの板状の岩が何枚も重なりあって、まるで板を敷いたように見える。この岩はビーチロックと呼ばれる。熱帯から亜熱帯のサンゴ礁海岸特有の岩で、沖縄では板干瀬と呼ばれる。
  • 喜如嘉集落のオクラレルカ水田 - 満開の時期は毎年4月上旬~中旬頃。鮮やかな紫色の花が咲き、花々が辺り一面を覆い、まるで紫のじゅうたんのような美しい田園の景観を楽しむが出来る。
  • 喜如嘉の七滝 - 喜如嘉集落先の森の中に位置する。滝からの清涼な風が清々しく、古い信仰の名残と神秘的な空気が荒らされずに残る。パワースポットとして人気がある。
  • 大宜味御嶽のビロウ群落- ビロウ群落は、海岸斜面の潮風の影響の強い立地に成林し、伊江島、南大東島・与那国島などによく群生している。沖縄本島ではあまり発達が見られず、島内では本群落が最大である。
  • ネクマ~六田山ウォーキング道 - やんばるの自然に触れ、そこに息づく生物を観察することが出来る。
  • 芭蕉布会館 - 国の重要無形文化財に指定されている「喜如嘉の芭蕉布」の後継者育成を目的とした施設で、伝統を受け継ぐ人たちの共同作業場にもなっている。その貴重な伝統工芸技術の作業風景を身近で見学することが出来る。芭蕉布の展示販売、制作工程のビデオ設備も用意されている。
  • ぶながや館 - 大宜味村大保ダムに広く親しんでもらうための水(自然)環境を主題にした学習資料館。 自然環境と人とのつながりや防災意識を学びながら、持続的な観光交流を育み広げていく為の環境学習の拠点施設である。
  • 大宜味シークヮーサーパーク - 入場無料の大宜味村内のテーマパーク。民間施設。
  • 大宜味村役場旧庁舎- 大正時代のコンクリート建築物として県内に存在する唯一のものであり、鉄筋コンクリート造技術の導入や、構造法の歴史を知るうえで貴重な建造物とされている。建築や近代史等に関わる県内外の研究者、学生等から研究材料としての高い評価を得ている。
  • 塩屋ウンガミ 旧暦7月、盆明けの亥の日に行われる年中行事ノロによる神事と男たちによるハーリーが行われる。国の重要無形民俗文化財。豊作豊漁を願う沖縄伝統の海神祭である。400~500年の歴史を持つとされる。
  • 塩屋湾キャンドルナイトinサーベイ(白浜ナイトキャンドル) - 7月上旬(開催は7月1週目もしくは2週目の土曜日) 塩屋湾の外周約2キロを手作りロウソクでライトアップして行われる。
  • いぎみてぃぐま展 - 春、4月に三日間の日程で開催される。大宜味村内の工芸家が制作した工芸品を展示する工芸展。「てぃぐま」は方言で手先が器用なことを意味し、それに手作りで心を込めて作るという意味もこめて展示会を行う。
  • 大宜味村夏まつり - 8月中旬に開催される。毎年恒例となっているヒージャー(山羊)争奪綱引き大会や花火大会、野外ライブ、青年会エイサー等が催される。
  • 大宜味村産業まつり - 1月中旬の2日間、開催。村農産物の加工品や飲食物の展示販売、シークァーサー品評会、特産品セリ体験、ステージ演奏、子ども向けのおしごと体験「おおぎみわじゃキッズ」なども開催される。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 長寿の里 - 大宜味村役場
  2. ^ 塩屋大橋の完成 - やんばる国道物語、沖縄総合事務局北部国道事務所
  3. ^ 塩屋新大橋が開通/地域発展へ期待゛シンボル゛交代 - 琉球新報、1999年3月27日
  4. ^ a b c d e 沖縄タイムス (2016年4月18日). “4つの村立小学校が統合した新大宜味小で入学式” (日本語). 2017年3月12日閲覧。
  5. ^ 平成30年度川田線代替バス運行表(時刻表)について 大宜味村オフィシャルサイト、2018年10月14日閲覧
  6. ^ 広報大宜味2019年4月号大宜味村オフィシャルサイト、2019年4月24日閲覧
  7. ^ 国頭消防管内 Archived 2013年3月13日, at the Wayback Machine. NPO法人MESHサポート2011年9月27日現在

外部リンク[編集]