芭蕉布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イトバショウ
首里城
芭蕉布の歌碑
芭蕉布の製造光景(戦前)

芭蕉布(ばしょうふ)とは、バショウ科多年草イトバショウMusa liukiuensis)から採取した繊維を使って織られた織物)のこと。別名「蕉紗」。

沖縄県および奄美群島の特産品。薄くて軽く、張りのある感触から、をかきやすい高温多湿な南西諸島日本本土のにおいても、にまとわりつきにくく[1]、涼感を得られる。このため着物蚊帳座布団など多岐にわたって利用される。

概要[編集]

1974年に沖縄県大宜味村喜如嘉の芭蕉布英語版が国の重要無形文化財に指定されている。

肌衣によく用いられる絹織物の芭蕉織とは異なる。

俳諧における夏の季語でもある。

吉川安一が作詞をし、普久原垣勇が作曲をした同名の歌がある。

歴史・製法[編集]

おおよそ500年の歴史があるとされ、琉球王国では王宮が管理する大規模な芭蕉園で芭蕉が生産されていた。や、江戸時代に琉球を支配した薩摩藩への貢納品にも含まれていた[1]

庶民階級ではアタイと呼ばれる家庭菜園に植えた芭蕉で、各家庭ごとに糸を生産していた。現在の沖縄島では大宜味村喜如嘉が「芭蕉布の里」として知られる。

一反の芭蕉布を織るために必要な芭蕉は200本といわれ、葉鞘を裂いて外皮を捨て、繊維の質ごとに原皮を分ける。より内側の柔らかな繊維を用いるものほど高級である。

これを木灰を入れた大鍋で煮て、ばさみでしごき、繊維質をより分ける精練作業を行う。一織り上げるのに2カ月を要する[1]。芭蕉の糸は白くはならず薄茶色である。

無地織か、ティーチ(シャリンバイ)の濃茶色でを織るものが県外では一般的な芭蕉布と認識されているが、沖縄では琉球藍Strobilanthes cusia)で染めたクルチョーと呼ばれる藍色の絣も人気が高い。

太平洋戦争末期以降、沖縄を占領したアメリカ軍によって「の繁殖を防止する為」として多くのイトバショウが切り倒され、絶滅の危機に瀕している。

近年では、紅型の特徴的な美しい黄金色を染めるフクギアカネベニバナを用いることもある。

沖縄科学技術大学院大学で、身につけると暑苦しさをしのげる理由の科学的な分析・研究が行われている [2]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]