リュウキュウバショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リュウキュウバショウ
Kluay Tani26.JPG
野生のバナナ植物
Inside a wild-type banana.jpg
M. balbisianaの果実、多数の種子が見える
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: ショウガ目 Zingiberales
: バショウ科 Musaceae
: バショウ属 Musa
: リュウキュウバショウ M. balbisiana
学名
Musa balbisiana Colla 1820
シノニム

[1]

  • M. bakeri Hook.f.
  • M. brachycarpa Backer
  • M. dechangensis J.L.Liu & M.G.Liu
  • M. liukiuensis (Matsum.) Makino ex Kuroiwa
  • M. × paradisiaca var. granulosa G.Forst.
  • M. pruinosa King[2] ex Baker) Burkill
  • M. × sapientum var. pruinosa (King ex Baker) A.M.Cowan & Cowan
和名
リュウキュウイトバショウ[3]
イトバショウ[3]
Banana ancestors (Musa acuminata and Musa balbisiana) original range.png
現代の食用バナナの祖先種の元々の自生地域M. acuminataは緑色、M. balbisianaは橙色で示されている[4]

リュウキュウバショウ(琉球芭蕉、学名: Musa balbisiana)は、南アジア東部、東南アジア北部、および中国南部原産のバナナの野生種である。マレーヤマバショウMusa acuminata)と共に、現代の栽培品種のバナナの祖先種である。イタリアの植物学ルイジ・アロイシャス・コッラ英語版によって1920年に初めて科学的に記載された[5]。青々とした葉が塊になって育ち、ほとんどの栽培されているバナナよりも直立性である。花は赤色からえび茶色の花房中の育つ。果実は青色と緑色の間である。果実に含まれる種子のため食用に適さないと考えられている。野生のバナナは調理されたり食されたりしたと想定される。さもなければ農業専門家は栽培品種のバナナを開発してこなかっただろう[6]。種子を抜き取ったMusa balbisianaの果実はフィリピンでは「butuhan(タネあり)」[7]タイでは「kluai tani (กล้วยตานี)」と呼ばれる[8]。タイでは葉を包装や工芸のために使う[9]。自然の単為結果性クローンは倍数性によって生じ、食用バナナを生み出す。この例が野生のサバ・バナナ英語版である[10]

分類[編集]

  • リュウキュウバショウ(広義)Musa balbisiana Colla
    • リュウキュウバショウ(標準)Musa balbisiana Colla var. liukiuensis (Matsum.) Häkkinen

種小名balbisianaはイタリアの植物学者ジョヴァンニ・バッティスタ・バルビス英語版への献名である[11]

出典[編集]

  1. ^ Build checklist for Musa”. World Checklist of Selected Plant Families. Royal Botanic Gardens, Kew. 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ Phillip Parker King (1791-1856) explorer or ジョージ・キング (植物学者) (1840-1909) 植物学者
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス”. YList. http://ylist.info.+2019年9月26日閲覧。
  4. ^ Edmond de Langhe & Pierre de Maret (2004). “Tracking the banana: its significance in early agriculture”. In Jon G. Hather. The Prehistory of Food: Appetites for Change. Routledge. p. 372. ISBN 978-0-203-20338-5. https://books.google.com/books?id=DMgKW9HleFoC&lpg=PP1&pg=PA372#v=onepage&q&f=false 
  5. ^ Musa paradisiaca”. users.globalnet.co.uk. 2019年9月26日閲覧。
  6. ^ Musa balbisiana Archived October 13, 2008, at the Wayback Machine.
  7. ^ Progenitors of Edible Bananas”. Guide to Growing Bananas (2010年11月1日). 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月12日閲覧。
  8. ^ Plant use in Southern Thailand. Chiang Mai University. オリジナルの2014-04-13時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140413143722/http://archive.lib.cmu.ac.th/full/T/2005/biol0805uu_ch4.pdf 
  9. ^ Karnjanatawe, Karnjana (2019年8月19日). “Going bananas”. Bangkok Post. https://www.bangkokpost.com/life/social-and-lifestyle/1732779/going-bananas 2019年8月19日閲覧。 
  10. ^ Michel H. Porcher (2002年7月19日). “Sorting Musa names”. The University of Melbourne. 2011年1月11日閲覧。
  11. ^ Musa balbisiana”. MONACO NATURE ENCYCLOPEDIA. 2019年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]