家庭菜園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
家庭菜園で採れた野菜。大きさや形状は不揃いだが、費用を安く抑えられる利点がある。

家庭菜園(かていさいえん)とは、自宅や市民農園野菜果物などの栽培をおこなう趣味の一つ。英語のキッチン・ガーデン、フランス語のポタジェなどは、野菜やハーブなどで成形されたのことで、実用だけでなく美観も備える。

概要[編集]

自宅の空き地ベランダ(プランター、容器)や、市民農園を借りて野菜果物などの栽培をおこなう。節約のために行われる場合もある。

なお営利目的で行われる野菜等の栽培は一般に農業と呼ばれることが多い。

家庭菜園またはポタージャー[編集]

フランス、ヴィランドリーの整形式なポタージャー

西洋で伝統的な家庭菜園はポタージャーとしても知られているが、季節的に使われるスペースで、他の住宅菜園 - 観賞用の植物や芝生地 - とは別の場所であり、こうした家庭菜園は通常正方形または長方形をした古い家族経営の農園のミニチュア版とみられるが、家庭菜園はその歴史だけでなくそのデザインにおいても異なっている。

家庭菜園は観賞用オールシーズン風景の中心的な特徴となることができるランドスケープ的特徴を備えているが、控え目な野菜プロット以上のものではない。そでではハーブ野菜果物そしての源でまた構造化された庭空間、反復的な幾何学模様に基づくデザインである。

家庭菜園は一年中視覚的な魅力を持ち、恒久的な多年生 植物一年生植物の周り(または間)木本植栽を組み込むことができる。

市民農園[編集]

おもに都市部の市民レクリエーション、自家消費用の野菜等の生産栽培、高齢者の生きがいづくりなど、多様な目的で耕作する小規模の農地と、農家地方自治体農業協同組合などが遊休農地を土地所有者から借り受け、休憩所・農具舎等を整備し、貸し付ける方法をとる農園タイプや、一定の面積に区分された農地を主体とするタイプがある。

野放図な農地の転売や転用を防ぐために、長らく農園の開設が規制されてきたが、構造改革特区および2004年以降の全国展開により、農家自身やNPO法人なども開設者として認められるようになった。なお、市民農園の農作物は、自家消費用であり、販売といった営利目的としないことが求められる。

平成25年、農林水産省は「都市部における農地の減少を食い止める」「都市住民の「農」のある暮らしへのニーズにこたえる」「災害時の避難場所を確保する」ことを目的に市民農園の拡大方針を定めた。政策目標として平成23年度には15万区画であった市民農園を平成29年度には20万区画まで拡大することをうたっている。

歴史[編集]

歴史的に有名な、アロットメントは、19世紀前半にイギリスに設けられた市民農園である[1]。食糧不足の時代に低所得層の自給自足手段として作られ、第二次世界大戦時には土地の有効活用として政府が「Dig for victory(勝利のために掘れ)」と促したこともあった[2]。その後、農薬や化学肥料を使う農法を嫌う人々の利用が増え、低所得層だけでなく、多様な層が利用するに至った[2]

日本に市民農園が設けられたのは明治時代の末期で、東京・滝の川に種苗商が開園したのが最初である。その後に、京都、境などに設けられた。太平洋戦争中には、食料自給の目的で、芋類、穀物類などが栽培され、戦後も食料不足のために、食料自給のため続けられた。現在のように趣味として使用するようになったのは、昭和30年後半頃であり、農地法規制を守りながら使用していた。その後昭和50年頃に、農林水産省の通達によって、レクリエーション農園の設置が認められて、地方公共団体による市民農園として全国的に普及していった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]