沖縄県道9号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 9.svg
沖縄県道9号標識
沖縄県道9号線
路線延長 3.5 km
起点 国頭郡大宜味村字津波
終点 国頭郡大宜味村字田港
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

沖縄県道9号線(おきなわけんどう9ごうせん)は沖縄県国頭郡大宜味村字津波と字田港とを結ぶ一般県道

概要[編集]

区間[編集]

  • 起点:国頭郡大宜味村字津波(国道58号
  • 終点:国頭郡大宜味村字田港(国道331号
  • 総延長:3.5km(実延長も同じ)

通過自治体[編集]

  • 国頭郡大宜味村

交差する路線[編集]

  • 国道58号(起点)
  • 国道331号(終点)

トンネル[編集]

  • 白浜トンネル
  • 半崎トンネル

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年)に琉球政府道1号線として指定。当時は名護から国頭方面へ向かうのは塩屋湾を迂回していた。
  • 1963年(昭和38年)に初代塩屋大橋(現在の橋は1999年(平成11年)開通の2代目)が開通。これにともない塩屋湾を迂回していた1号線(現国道58号)は宮城島と塩屋大橋を経由するルートに変更。旧道のうち津波 - 田港間が政府道9号線となる(田港 - 塩屋は政府道4号線に編入される)。
  • 1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に琉球政府道9号線が県道9号線となる。
  • 1980年代、終点付近の県道東大宜味線(県道80号・現国道331号)とを短絡する田港大橋が開通。その後1990年代半ば以降白浜・半崎両トンネルが相次いで開通。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]