今帰仁村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なきじんそん
今帰仁村
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
国頭郡
団体コード 47306-5
法人番号 3000020473065
面積 39.93 km²
総人口 9,439
推計人口、2017年8月1日)
人口密度 236人/km²
隣接自治体 名護市国頭郡本部町
村の木 リュウキュウマツ
村の花 ハイビスカス
他のシンボル 村の鳥:サンコウチョウ
村の蝶:フタオチョウ
村の魚:ツノダシ
今帰仁村役場
村長 喜屋武治樹
所在地 905-0401
沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地
北緯26度40分57秒東経127度58分22秒座標: 北緯26度40分57秒 東経127度58分22秒
今帰仁村役所
外部リンク 今帰仁村

今帰仁村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
今帰仁城
左側が運天港。右側は名護市の屋我地島である

今帰仁村(なきじんそん)は、沖縄県国頭郡

地理[編集]

沖縄本島本部半島のほぼ北半分に位置する。北東部には1.5km離れた古宇利島があり、2005年に名護市の屋我地島と橋で結ばれた。2010年には屋我地島と村内側の本島とを結ぶワルミ大橋が開通した。古宇利大橋の開通後、ワルミ大橋の開通までは、古宇利島から村役場のある仲宗根に向かうには一旦名護市を経由して羽地内海を迂回しなければならなかった)。

村の中央部を大井川が北流し、東シナ海へ注ぐ。

字一覧[編集]

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography47306.svg
今帰仁村と全国の年齢別人口分布(2005年) 今帰仁村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 今帰仁村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
今帰仁村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 10,508人
1975年 11,100人
1980年 9,593人
1985年 9,465人
1990年 9,165人
1995年 9,486人
2000年 9,492人
2005年 9,476人
2010年 9,257人
2015年 9,531人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

  • 琉球王朝時代は北山(沖縄本島北部)の中心地が今帰仁城に置かれた
  • 1666年 本部半島全域だった今帰仁間切が南半分分割され本部間切となる。
  • 1908年 島嶼町村制により今帰仁村となる
  • 1916年 役場が運天港から現在の仲宗根に移る
  • 1969年 沖縄本島初のUHFテレビ中継局として沖縄放送協会(OHK・現NHK沖縄放送局総合テレビ)の今帰仁中継局が乙羽岳に設置され、北部地区をカバーすることになった。
(本土復帰の1972年には教育テレビ1974年にはFM放送がそれぞれ県内での放送開始と同時に設置。民放は1981年にようやくRBCテレビOTVが設置。1984年にはFM沖縄が、1995年にはQABがそれぞれ開局と同時に設置された2007年には地上デジタル放送も開始された)。
  • 1988年 これまで本部港から就航していた伊是名航路が運天港発着に変更された(1990年には伊平屋航路も運天港に変更された)。
  • 1993年 村内を通る主要地方道本部循環線(当時県道71号)が国道505号に昇格、村内初の国道となる。
  • 2002年 今帰仁城址が世界遺産に登録される(首里城などと同時に)
  • 2003年 村内の中学校(一部小学校併置校も含む)が生徒数減少に伴い1校に統合され、現在の今帰仁村立今帰仁中学校が開校
  • 2005年 古宇利島と名護市の屋我地島とを結ぶ古宇利大橋が開通。島民にとっては念願の本島との陸続きとなった。
  • 2010年 ワルミ大橋が開通。

行政[編集]

  • 村長:喜屋武 治樹
  • 副村長:大城 清紀
  • 教育長:新城 敦

経済[編集]

今帰仁村に本社を置く主要企業[編集]

  • ゆめじん - 化粧品製造・販売
  • 上間商店株式会社-世界遺産今帰仁城跡指定管理者
  • 今帰仁診療所 - 医療機関
  • おっぱ乳業 - 食品メーカー
  • 琉球アロエ - 食品メーカー
  • 有限会社今帰仁アグー - 農業
  • きなスーパー - 小売業
  • 今帰仁酒造 - 酒造メーカー
  • 大城鉄工所 - 鉄工業
  • 今帰仁の駅そーれ - 道の駅
  • 今帰仁プロパン - ガス販売
  • ずけやま-スーパー
  • 北部港運 - 本部港運天港を拠点とした物流業者
  • やんばる急行バス - 那覇空港と村内を結ぶバス路線を運行

金融機関[編集]

市場[編集]

  • 今帰仁家畜セリ市場

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

社会教育[編集]

交通[編集]

道路[編集]

古宇利大橋

路線バス[編集]

名護市中心部の名護バスターミナルを起点に村内で国道505号を通り本部半島を一周して名護バスターミナルに戻る琉球バス交通沖縄バス(共同運行)の65番・66番系統と、沖縄自動車道沖縄美ら海水族館を経由して那覇市と村内の主要地域・運天港を結ぶやんばる急行バスがある。那覇市沖縄市など主要都市から名護バスターミナルでバスを乗り継ぎ今帰仁村へ行くこともできる。村の中心街は村中央部の仲宗根・今帰仁村役場前バス停付近である。

村内の古宇利島では一般路線バスが運行されていないので、一般路線バスで行く場合は72番(屋我地線)で名護市の屋我地島まで渡り、終点の「運天原」よりタクシーや徒歩などで古宇利大橋を渡橋することになる。

この字体は今帰仁村内の経由地。

  • [65]本部半島(渡久地)線:名護市 → 本部町 → 今帰仁城址入口 → 仲宗根 → 今帰仁村役場前 → 名護バスターミナル
  • [66]本部半島(今帰仁)線:名護市 → 今帰仁村役場前 → 仲宗根 → 今帰仁城址入口 → 名護バスターミナル
  • やんばる急行バス:那覇市(那覇空港・県庁北口・新都心) - バイパス - 沖縄自動車道 - 名護市 - 本部町 - 今帰仁城址入口 - 今帰仁村役場 - リゾートホテルベルパライソ - 運天港

港湾[編集]

  • 運天港
    • 伊平屋島との間に伊平屋村営フェリー、伊是名島との間に伊是名村営フェリーがそれぞれ通常各2往復運航されている。

医療[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

古宇利ビーチ

今帰仁村出身の有名人[編集]

脚注・出典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 本部・今帰仁消防管内 NPO法人MESHサポート2011年9月27日現在

外部リンク[編集]