関義哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 義哉(せき よしや、1989年4月7日 - )は、日本男性歌手、J-pop、ダンサー、タレント京都府京都市出身[1]。身長171cm[1]京都府立洛北高等学校滋賀大学経済学部卒業[2][3]

男性アイドルグループ新選組リアンの元メンバー。同グループではリーダーを務めていた。

略歴[編集]

2009年島田紳助プロデュースの京都を中心とする地域密着型の大学生5人組アイドルユニット・新選組リアンのメンバーに選ばれ芸能界デビュー。メンバーの中で唯一京都府出身であり、かつ唯一国立大学に在学していた。

2010年4月から『紳助社長のプロデュース大作戦!』にレギュラー出演。同番組内で民宿の手伝いをしていたメンバーが「ビーチボーイズ」として2011年7月にCDデビューした際、その責任者に任命された[4]

2010年11月から森公平に代わり新選組リアンの新リーダーとなった[5]

2012年7月、出演舞台『信長』の稽古中に足首を剥離骨折し降板。代役を榊原徹士が務めた[6]

2013年3月 滋賀大学経済学部を卒業[3]。メンバーの中で最初に大学の卒業について言及した。

2014年10月に新選組リアンが解散。解散後は自身の兄と弟と組んでるユニット「EYS(イーワイエス)」として音楽活動。

2015年2月 「EYS(イーワイエス)」1Man イベント「YES I do!!! vol.1」をスタート。

2015年10月 1stアルバム「YES I do!!! 」をリリース。初のツアー、東京・京都にて300人動員レコ発ライブを成功。

2016年全国各地(山形、東京、横浜、埼玉、愛知、金沢、大阪、神戸、奈良、沖縄)へライブとCDを届ける。

2017年 12月 両A面シングル「SHOUT OUT/ホームタウンシティ」リリース。

出身地である京都の山科区認定”山科きずな支援事業”区のキャラクター坂上田村麻呂ヒーロー”マーロウ”のテーマソングとして「SHOUT OUT」山科ダンスのテーマ曲として「ホームタウンシティ」が起用される。

2018年 4月 2ndアルバム「心想グラデーション」を「EYS(イーワイエス)」としてリリース。

2018年 TOUR2018 "Gradation"(京都、東京、名古屋、大阪)の開催を成功。

2018年 9月 Yoshiya Seki 1Man LIVE @someno kyotoを皮切りにソロでの活動を再開。

2019 年 「イーワイエス」結成5周年ライブで 300 名動員。

2019年 8月 関義哉が全曲 作詞・作曲を手がけた10曲入りのNew Album 『Together As One』 リリース。

大阪、東京、京都にてリリース ワンマンLIVEを開催。

2019年 10月「新選組リアン」デビュー 10 周年 一夜限りの再結成ライブで 1,200 人動員。

2020年 2月 New Single 『LIEN』 リリース

舞台「SING」@ヒューリックホール東京  ゲスト出演。

京都市音楽芸術文化振興財団「京都市東部文化会館」から依頼を受け、初の個展「祝福の源」を開催。

初の冠番組「大根 雄馬と関 義哉のONEラジ!」@ラジオ関西にてレギュラーラジオ番組開始。

2020年 「山科ダンス」「山科リモート音楽祭」YouTubeにて発信。※山科区認定”山科きずな支援事業”

2021年 兄である関栄理哉が作詞作曲した「サクラブレンド」のカバー曲を配信リリース

朗読劇「私の道しるべ」@東京 サンモールスタジオ   出演。

2021年 2月 イーワイエス「GOODVINE」7曲入りワーシップカバーアルバムをリリース。

2021年 3月 京都市東部文化会館にてイーワイエス7周年ライブを開催。地元京都のホールにてフルバンドでの開催を成功。

人物[編集]

出演[編集]

※グループでの活動は、新選組リアンを参照。

バラエティ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]