恋のヘキサゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋のヘキサゴン
Paboシングル
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル R and C
作詞・作曲 島田紳助(作詞)
高原兄(作曲)
プロデュース 島田紳助
チャート最高順位
Pabo シングル 年表
恋のヘキサゴン
(2007年)
陽は、また昇る
Aladdin the second名義
2008年

2010年
ヘキサゴンオールスターズ シングル 年表
恋のヘキサゴン
(2007年)
羞恥心
2008年
テンプレートを表示

恋のヘキサゴン」(こいのヘキサゴン)は、フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた女性3人組ユニットPaboの1枚目のシングル2007年9月26日発売。発売元はR and C(現・よしもとR and C)。

「ヘキサゴンII 夏のキャンペーンソング」として発表され、2007年7月から2008年2月の間は番組エンディングテーマとして使用された。それ以降も番組オープニングや提供クレジット時のBGMとして頻繁に用いられた。

後に多くのユニット・楽曲を発表することになる、いわゆる「ヘキサゴンファミリー」の最初のCD作品であり[1]、Paboにとって唯一の単独名義の作品である。

内容[編集]

2007年6月、『クイズ!ヘキサゴンII』で珍回答を連発する里田まい木下優樹菜スザンヌの3人に対し、番組司会者の島田紳助が「歌くらいは歌えるやろ」と提案したのをきっかけに、紳助作詞・プロデュースで制作された楽曲。当初は携帯サイトでの着うた配信に留める予定だったが、好評を受けてCD化に至った。歌詞の内容は3人が「お勉強は出来なくても、頑張って前向きに生きる女の子の気持ち[2]」という内容で、『ヘキサゴンII』内で見せている「おバカさん」ぶりと恋愛を組み合わせたものになっている。

曲調、衣装、振り付けと全般にキャンディーズを意識したものになっている。衣装はロングブーツ手袋、それぞれのイメージカラーのフリルが何重にも重なっているのが特徴で、各段の下縁には銀のラインが走っている。振り付けはKABA.ちゃんが担当したが、当初の予想と違ってうまく振り付けを覚えたことに驚いたと、『ヘキサゴンII』に出演した際に語っている。「ヘキサゴンファミリーコンサート」では、インカムマイクで歌っていた為、振り付けを一部変化させている。

里田がアップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)系列以外からCD作品をリリースするのはこれが初めてである。また、同年9月12日には里田が掛け持ちする音楽ガッタスの1stシングル「鳴り始めた恋のBell」もリリースされており、里田は1ヶ月の間に2つのユニットのデビュー作を出したことになる。木下、スザンヌにとっては初のCD作品である。

発売当時から一定のセールスを記録したのに加え、羞恥心のブレイクもあり2008年春に入ってチャートを再上昇し、アイドル系の楽曲としては珍しいロングヒットとなった。同年6月にCD売上が5万枚を突破した[3]

なお、R and Cは本作発売5日後の2007年10月1日に社名をYOSHIMOTO R and Cに変更したため、本作はR and C名義としては最後の作品となった。

『クイズ!ヘキサゴンII』以外の場所でも、Paboの3人がワイドショー等で扱われる際にBGMとして用いられることがある。また、Paboに関係なくバラエティ番組等で「おバカアイドル」の話題が出たときのBGMに使われることもある。

収録内容[編集]

初回限定生産盤と通常盤での発売。

CD[編集]

  1. 恋のヘキサゴン
  2. 恋のヘキサゴン (カラオケ)

DVD[編集]

(初回限定生産盤のみ)

  1. 「恋のヘキサゴン」振り付けお勉強用映像(全5種類のマルチアングル映像仕様)
  2. チンプンカンプントーク

収録アルバム[編集]

「恋のヘキサゴン〈2008mix〉」として、スザンヌと木下の部分の録り直し、さらにリミックスがなされたものを収録。

脚注[編集]

  1. ^ これ以前に島田紳助が作詞・プロデュースを担当、『クイズ!ヘキサゴンII』エンディングテーマに用いられた香田晋の「おかあさん」があるが、香田は同番組発の音楽企画には参加していないため、基本的にこの系譜として扱われない。
  2. ^ YOSHIMOTO R and C 公式サイトより。
  3. ^ “☆なんだか☆”. スザンヌの「ぶろぐザンス☆」. (2008年6月28日). http://plaza.rakuten.co.jp/zannsu/diary/200806280000/ 
  4. ^ WE LOVE ヘキサゴン』ではカシアス島田名義。

関連項目[編集]

  • お台場冒険王 - 「ありがとう!お台場10周年 ザ・冒険王2007」での初披露となった。

外部リンク[編集]