スプリット盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スプリット盤(スプリットばん)は、2~3組のアーティスト(ソロかグループかは問わない)の別々の音源を1枚に収めた音楽ディスクである。

ディスクがシングルアルバムかにより、「スプリット・シングル」「スプリット・アルバム」、あるいは「スプリットEP」などと呼ぶ。参加アーティストが3組の場合「スリー・ウェイ・スプリット」、4組の場合「フォー・ウェイ・スプリット」などとも呼ぶ。

オムニバスとの違い[編集]

アルバムの場合、オムニバスが通常1組当たり1曲が基本的な構成なのに対し、少数のアーティスト/グループによる複数の楽曲を収録している点が異なる。

シングルの場合、オムニバス・シングルという概念はなく、1組当たり1曲の構成でもスプリット・シングルと呼ぶ。

特徴[編集]

この形態は、同じレーベルレコード会社アーティストを宣伝するために採用されるケースが多く、その意味での発売・発表目的はサンプラーに近い。典型的な形態として、古典的なアナログ・レコード時代に、A面に著名アーティストの楽曲群を収め、B面にその他のアーティストの楽曲群(A面側のアーティストの関連楽曲も含む)を収める、という例が多く見られた(具体例:ザ・ビートルズのLP『イエロー・サブマリン』)。

日本の場合、シングル盤では童謡アニメ主題歌に使われることが多い。なお後者の場合、オープニングテーマとエンディングテーマを合わせて収録するケースがしばしば見られ、同時に両A面シングルとなることも多い。また前者の有名事例としては「およげ!たいやきくん/いっぽんでもニンジン」が挙げられる。