カノッサの屈辱 (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カノッサの屈辱
ジャンル 教養風バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
日本テレワーク
企画 ホイチョイ・プロダクションズ
演出 田中経一
杉本達
プロデューサー 桜井郁子
横澤彪(ゼネラルプロデューサー)
出演者 歴史学者
仲谷昇(レギュラー版)
伊武雅刀(2007年版)
助手
西岡徳馬(2000年版)
語り
牧原俊幸(フジテレビアナウンサー)
基礎力を確かめよう
本間淳子(同上、当時)
オープニング 服部克久『夕陽』
(演奏:ロンドン交響楽団
レギュラー版
放送時間 月曜日 24:40 - 25:10(30分)
放送期間 1990年4月9日 - 1991年3月25日(42回)
20世紀最終講義
放送時間 24:30 - 29:00(270分)
放送期間 2000年12月31日
カノッサの屈辱2007 バブルへGO!! SP
放送時間 25:08 - 25:59(51分)
放送期間 2007年2月6日
カノッサ秋の特別講習 タイヤ幕藩体制と海外列強の展開
放送時間 25:15 - 25:45(30分)
放送期間 2008年10月16日
カノッサ 特別講習〜ゲームの歴史〜 ゲーム宗教改革と民衆の勃興
放送時間 25:25 - 25:55(30分)
放送期間 2009年12月14日
テンプレートを表示

カノッサの屈辱』(カノッサのくつじょく)は、1990年4月9日から1991年3月25日までフジテレビの深夜帯(JOCX-TV2)で放送されていた、ホイチョイプロダクションが企画した教養風バラエティ番組である。

本放送終了後に数回特別版が放送されている。

概要[編集]

番組概要[編集]

現代日本の消費文化史を歴史上の出来事に(しばしばやや強引に)なぞらえて解釈し、あたかも教育番組の様な体裁を取って紹介(講義)する。案内人は仲谷昇が“教授”(レギュラー放送時)として登場する。仲谷教授の「やぁ皆さん、私の研究室へようこそ」は冒頭の決まり文句となっている。大学の講堂で講義が終了するところや、人ごみの中から始まることもある。題名の由来は1077年に起こった、時の教皇と皇帝の対立から生じたことで知られる西洋史上の重要事件「カノッサの屈辱」から。ただし、番組内容との深い関わりや意味はない。

番組内で取り上げられるものは歴史上の著名な人物や出来事にちなんだ名称で登場し、解説の際に使用される図版なども歴史資料風にアレンジされたものである。構成の小山薫堂によると、『未来への遺産』(NHK総合テレビジョン)の構成をパロディ化したものであるという[1]

深夜番組でありながら当時の若者に好評のうちに受け入れられ、1990年代前半のフジテレビの深夜番組黄金期を作り出した『JOCX-TV2』から続く一連の深夜枠で放送された個性的な番組群の中においてその頂点の1つに数えられる存在である。

フジテレビでは、番組の特番等による休止も多かった(番組では仲谷が「来週は休講と致します」というような表現で案内することが多かった)。したがって、製作のフジテレビよりかなり遅く始まったテープネット局の中には、9か月くらいで放送を終了した局もある。

マーケティング三部作・第二部[編集]

本番組が放送されていた枠(フジテレビ・月曜日深夜帯)ではホイチョイプロダクション製作の情報番組として、本番組の他に『マーケティング天国」『TVブックメーカー』という番組も放送された。「マーケティング天国」では現在を、本番組では過去を、『TVブックメーカー』では未来をマーケティングするというコンセプトがありこの3番組を「マーケティング三部作」と呼ぶ事もある。

『TVブックメーカー』は本番組の放送終了後に後番組として開始されたもので、本番組内で賭けるお金の単位を「カノッサの屈辱」に因んで「カノッサ」とした(なお、仲谷はこの『TVブックメーカー』のオーナーという設定になっている)。

後続への影響[編集]

本番組と同時期の1990年代に放送されていたバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』では、「加納さんの屈辱」というコーナーコントを行っていた。教授役は「若仲谷昇」(わかなかや のぼる)名義で内村光良が演じ、若仲谷教授の講義の邪魔をする中年の男「加納さん」を南原清隆が演じた。また、南原は「加納さん」名義でCDシングル『加納さんのいいんじゃないッスか』という歌をリリースした。

本番組の形式を模しての演出が行われることも多く、以下に一例を示す。

また歴史研究の体裁を取る教養風バラエティ番組『ジョージ・ポットマンの平成史』(テレビ東京)は、本番組が『未来への遺産』をパロディ化したのと同様に『映像の世紀』をパロディ化し、さらに架空の教授などを設定している点も共通している[2]

番組終了後[編集]

カノッサの屈辱展[編集]

番組の放送終了後、池袋西武百貨店のロフトフォーラムにおいて「カノッサの屈辱」展が行われた。エントランスには仲谷教授の胸像が置かれ、番組で使用されたフェイクイラストレーション等が展示されていた。また、番組中で出題された「基礎力をたしかめよう」の全問題が配布された。

特別版[編集]

前述した通り、放送終了後も持続する番組の人気を受け、何度か特別編が放送されている。特別版では数名が仲谷教授を補佐する形や、後任教授となる形を取った。

20世紀最終講義[編集]

2000年12月31日0:30 - 5:00(12月30日24:30-29:00)に、20世紀に活躍した人々を特集し「20世紀最終講義」という名目で復活した(当時は「一度だけ」の復活とアピールされていた)。これは「20世紀最後の日[3]に20世紀中にやり残したことを最後に完遂させたい研究を披露したいこと」(仲谷談)と、『TVブックメーカー』の最後のベティングが「ディズニーランドで投票できる20世紀最大の功労者は?」というものであったため(但し後にこの投票自体が中止)、その回答という裏コンセプトもあった。

仲谷教授も出演したが冒頭のみで、全体の進行として助手の西岡徳馬が出演。実際の講義内容はフジテレビ深夜番組全史であり、当時の番組に出演していたタレントたちの懐かしい姿が映し出されていた(レギュラー放送に比べてVTRの比率がかなり多かった)。

この講義では「新宿区河田町・大エイト帝国[4]遺跡から歴史的な発見があった」との説明があるが、これは現在の港区台場の社屋に移転する前の1997年3月まで使用していた旧社屋の事で、河田町から台場に移転するにあたって、放送ライブラリーの整理を行ったことに由来する。

カノッサの屈辱2007 バブルへGO!! SP[編集]

2007年2月6日 25:08 - 25:59に、『カノッサの屈辱2007 バブルへGO!! SP』として21世紀初の復活を果たした[5](当時は「一夜限り」の復活とアピールされていた)。2006年秋に急逝した仲谷“教授”に替って講義をするのは、本番組のサブタイトルにも冠されている映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(ホイチョイプロダクション製作)に出演した縁で就任した伊武雅刀“教授”(彼には、『白い巨塔』などで既に教授役の経験もある)。その講義内容は「携帯電話の歴史」と題し、自動車電話の時代から「ナポレ孫=正パルト[6]」の登場(ソフトバンクの携帯電話事業参入)までを網羅したものであった。

カノッサ秋の特別講習 タイヤ幕藩体制と海外列強の展開[編集]

2008年10月16日 25:15 - 25:45に、フジテレビ系にて放映。“教授”役の人物などは一切登場せず、牧原のナレーションのみであった。ブリヂストンの歴史を中心にタイヤ古代史(1965 - 1970年)、タイヤ中世(1970 - 1981年)、タイヤ近世(1983 - 1987年)に分けて進行された。また、BSフジでも放送された。余談だが、番組タイトルが「カノッサの屈辱」ではない。

カノッサ 冬の特別講習〜ゲームの歴史〜 ゲーム宗教改革と民衆の勃興[編集]

2009年12月14日 25:25 - 25:55に、フジテレビで放映。前回と同様“教授”役の人物などは一切登場せず、牧原のナレーションのみであった。任天堂とソニーのゲーム開発史を中心に進行された。しかし、終盤の一部分はファイナルファンタジー13の宣伝に費やされた。地域によって続けてファイナルファンタジー13の宣伝を兼ねたゲームセンターCX地上波特別版が放映された。

キャスト[編集]

基礎力を確かめよう、ワンポイントLessonのバックグラウンドミュージックに用いられたアントニオ・ヴィヴァルディ調和の霊感

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

番組スタッフ[編集]

  • 構成:小山薫堂坂内宏山田美保子田中経一
  • 脚色:平岡秀章、永麻実、川井凡、永弘道、相谷庸介
  • 音効:角千明(プロジェクト80
  • TK:水野久美
  • スタジオ照明:春日叔之
  • 美術制作:山田茂夫、内藤佳奈子
  • デザイン:雫石洋治
  • 美術進行:中本友恒
  • 撮影:大里安雄、野々村政行
  • 編集:薗部健
  • グラフィックデザイン(フェイクイラストレーション):対比地一正森恒二、下村哲也、岩佐敏行、阿部依久子(H&Bプランニング)、三橋いずみ、篠崎雅浩(テレサイト)
  • スタイリスト:波多野としこ
  • 題字:下村哲也
  • アシスタントディレクター:熊谷美保、小松美栄子、中平達将、荒松歩
  • ディレクター:豊沢隆治、市島晃生、石川のりひさ、馬場一彦
  • 演出:田中経一、杉本達、橋本寿史
  • プロデューサー:古賀憲一、桜井郁子、加藤裕子、麻生華子、宇和川隆
  • チーフプロデューサー:松尾利彦
  • ゼネラルプロデューサー:横澤彪
  • 企画:ホイチョイ・プロダクションズ(〜2007年版・企画原案)、金光修、石山辰吾、熊谷剛(2008年版・2009年版)
  • 制作:日本テレワーク(〜2007年版)、Windiie(2008年版・2009年版)、フジテレビ

関連書籍[編集]

ビデオ[編集]

  • vol.1 『ホテル四大文明の謎/縄文・弥生 女子大生装飾の謎』1991年2月21日ポニーキャニオン(発売)
  • vol.2 『律令ディスコ国家の成立と文化 前編/後編』1991年2月21日、ポニーキャニオン(発売)
  • vol.3 『女性・旅行力学 時間と空間をこえて/デート歴史 デート産業革命』1991年6月21日、ポニーキャニオン(発売)

テーマ曲[編集]

※服部のアルバム「音楽畑5〜QUATRE SAISON〜」(ワーナーミュージック、WPCL-539、1998年11月26日発売)に収録

講義一覧[編集]

平均講義出席率(視聴率)3.5%
回数 放送日 タイトル 備考
1 1990年
4月9日
ホテル四大文明の謎
2 4月16日 アイスクリームルネッサンス史
3 4月30日 ニューミュージックと西太后の時代 ニューミュージック史がテーマであるものの、主にユーミン西太后の足跡を軸とした。
4 5月7日 デパート大航海時代 西武百貨店パルコ含む)や東急東急百貨店東急ハンズ)・三越伊勢丹高島屋など東京都心の百貨店が多数登場するが、そごう小田急百貨店京王百貨店などは登場しない。
5 5月21日 律令ディスコ国家の成立と文化(前編)
6 5月28日 律令ディスコ国家の成立と文化(後編)
7 6月4日 近世ハンバーガー革命史 当時の主要なファストフードチェーン(ロッテリアファーストキッチン等)がマクドナルド王朝を筆頭とする政党に扮する形で登場する。ダイエー系列ではウェンディーズが登場したが、ドムドムハンバーガーは出現しなかった。
8 6月11日 幕末ビール維新 キリンビールを幕府に例え、他のビールメーカー(藩)に仕える志士の中で落合信彦左衛門の奮戦を軸とした。
9 6月18日 古代エーゲ海 アイドル帝国の興亡 番組で取り上げられたのは女性アイドルの歴史で、男性アイドル史に関しては教授が「このテーマに触れるには未熟だ。」と弁解した。
10 7月2日 縄文・弥生 女子大生装飾の謎
11 7月9日 グルメ近代日本の成立と挫折
12 7月16日 健康ドリンク百年戦争の起因と拡大
13 7月23日 インスタントラーメン 帝国主義国家の宣戦
14 7月30日 古代シャンプー王朝の黎明とヘアニズム世界
15 8月6日 TVドラマ東西ローマ帝国の零落と復権 研究カテゴリを「時代劇」「刑事ドラマ」「ホーム・青春・トレンディドラマ」の三つに分類し、三番目の歴史のみを紹介した。
16 8月20日 関ヶ原ビデオ合戦史
17 8月27日 車三国志 領域拡大への道
18 9月3日 チョコレート源平の対立と国風文化
19 9月10日 コミック新大陸の発見と争奪
20 1990年9月17日 戦乱の世 お笑い武将の萌芽と栄華 8時だョ!全員集合」と「オレたちひょうきん族」という土曜夜8時のテレビを席巻した二大お笑い番組の激突を中心に描いている。★
21 9月24日 期末試験
22 10月8日 デート資本主義の構造
23 10月15日 大和化粧品国家の成長と里程
24 10月22日 クイズ番組史観 永遠の真理を求めて クイズ番組の司会者を思想家に例え、その歴史を紹介。
25 10月29日 コーヒー革命史 市民権拡大への道程
26 11月5日 女性・旅行力学 時間と空間をこえて
27 11月12日 狩猟から稲作へ 原始オーディオ文化の黎明
28 11月19日 のど飴積分法 未知数の謎を解く
29 11月26日 第一回実力テスト
30 12月3日 古代オリエント 歯みがき文明の継承と発展
31 12月10日 クリスマス化学史 元素記号Hの発見
32 1991年
1月7日
アイスクリームルネッサンス史(再講義)
33 1月14日 ゲーム産業革命 西洋文化の普及と東洋文化の動揺
34 1月21日 幕藩・酒場改革史 婦女子の流入と台頭
35 1月28日 お風呂戦国時代 下克上から娘封建社会へ
36 2月4日 スキー植民活動と名誉革命
37 2月11日 結婚電気学 Iと抵抗の仮説
38 2月18日 第1回集中講義 テレビ史
39 2月25日 第2回集中講義 食物史
40 3月4日 第3回集中講義 機械商品史 平均出席率 6.7%を記録(過去最高)
41 3月18日 卒業試験
42 3月25日 卒業記念特別講義 テレビ全史 1時間の拡大放送
SP1 2000年
12月30日
20世紀最終講義 [3]
SP2 2007年
2月6日
携帯電話の歴史 NTTNTTドコモauツーカーソフトバンク[7]を仮想の国家に見立てた描写で進行。
SP3 2008年
10月16日
タイヤ幕藩体制と海外列強の展開
SP4 2009年
12月14日
ゲーム宗教改革と民衆の勃興 登龍門」枠内で放送

(備考の★はフジテレビONEにおいて、権利上の理由で再放送されなかった回)

番組で使われた通称名[編集]

アイスクリーム・ルネッサンス史(p.10 - 17)
  • スエンセンズの戦い - アイスクリームメーカー「SWENSEN'S」の競争参入)
  • ソフィスト派、ストア派 - 高級アイスクリームか店頭販売の市販アイスクリームかの選択
  • ペコ女王不二家
  • チャールストンカフェ家
  • ホブソンズ宮殿
    1980年代、東京のホブソンズ西麻布店には客の行列が連日のように出来ていたが、店の広さが二坪しかなかったため番組では「ホブソンズの二坪疑惑」とも呼んでいた。また客の間には「行列の先にはトレンドの免罪符がある」と言う意識があるとも解説していた。
幕末ビール維新(p.18 - 25)
ニューミュージックとユーミン西大后の時代(p.26 - 27)
クリスマス科学史 元素記号Hの発見(p.28 - 29)
インスタントラーメン帝国主義国家の宣戦(p.30 - 37)
  • 日清帝国 - (日清食品
  • 東洋ビスマルチャン帝国 - (東洋水産=マルちゃん)
  • 明星帝国 - (明星食品
  • サンヨー帝国 - (サンヨー食品
  • 光栄ある孤立 -(日清食品が世界初のカップ麺を開発)
  • 定刻主義 -(インスタントラーメンは3分待たなくてはならない)
  • 日明戦争 -(日清食品と明星食品のカップ麺を巡る争い)
  • カップヌードル艦隊、スーパーカップ艦隊、明星クイックワン艦隊
    番組では、このうちスーパーカップ艦隊司令官のカザマ・モリオ(風間杜夫)が、スーパーカップの1.5倍の価値を高めるために、配下の者たちに「グラッチェ、グラッチェ」と言わせていた(「グラッチェの相乗効果」当時のスーパーカップのテレビCMが元ネタ。)と解説。
健康ドリンク百年戦争の起因の拡大(p.38 - 45)
古代エーゲ海アイドル帝国の滅亡
女性・旅行力学 時間と空間をとらえて(p.48 - 49)
  • 真赤な月曜日事件
    土曜日・日曜日に外国に出掛け、月曜日の朝に真っ赤な顔をして帰って来る当時のOLたちの様子を表現。
  • アルキダメデスの法則
    外国では元気に歩き回っていても、帰国して成田空港に着いたらいきなり歩かなくなるという女性たちをこう表した。
近代ハンバーガー革命史(p.50 - 57)
  • マクドカルタ - (マクドナルドのオペレーションマニュアル)
  • ロッテルミドールの反動
    ロッテリアのエビバーガー発売から始まった“ハンバーガー民主化運動”
  • ロッテリア党の7月革命 (1987年7月のロッテリア・サンパチトリオ発売)
  • マクドナルドの名誉革命 (1988年のマクドナルド・サブロクセット発売)
  • モスの囲い込み運動
  • ハジメ・ド・ハナ - (ハナ肇)…「ファーストキッチン党活動家」として登場。「ファーストキッチン」のテレビCMに出演していたのが元ネタ。
  • カーネル・サンダース提督
お風呂戦国時代 下剋上から娘封建社会(p.62 - 69)
  • 花織田氏 - (花王
  • 資斎堂 -(資生堂
  • 津室町幕府 - (ツムラ
  • 風呂桶狭間の合戦
  • 顔流篠(かおながしの)の合戦 - (花織田氏×資斎堂の戦い)
  • 姉皮の合戦
  • 濁り湯の合戦 -(津室町幕府×花織田氏の戦い)
    花織田氏(花王)が女子に対して「肌への効能」を説き続けた「花織田氏の娘好み」
  • 南蛮渡来 - (クリニーククラランスランコムの外国化粧品メーカーの参入)
狩猟から稲作へ 原始オーディオ文化の黎明(p.70 - 77)
結婚電気学 I と抵抗の仮説(p.78 - 79)
チョコレート源平の対立と国風文化(p.82 - 89)
  • 明氏 - (明治製菓)…第18回
  • 平清ジュリ(たいらのきよじゅり) - (沢田研二、かの「明治チョコレート」のCMに出演していたのが元ネタ。)
  • 森永観音
  • 不二原家の弥勒菩薩像
  • 鳥獣コアラマーチ戯画
  • (たん)の裏の戦い
    ロッテ「V.I.P.」と明治製菓「フレッシュ」の両高級チョコレートによる、舌触りの良さをかけた争い。
  • M&M'sの来襲
古代オリエント歯磨き文明の継承と発展(p.90 - 97)
  • ハミガキ大陸
  • 花(はな)王国 - (花王
  • ライオン王国 -(ライオン
  • サンスター王国 -(サンスター
  • ゾロサンスター教 -(サンスター)
  • ツタンカートチャン - (加藤茶)…第30回
  • 口中海文明
  • ハンナラビ法典ハンムラビ法典の一節「歯には歯を」を「歯には歯磨きを」と比喩した)
  • 歯みがけよアビバノンノ(加藤茶が、ライオンのバックアップを受けた毎週土曜夜8時台に伝授していたことから)
  • 線民思想アクアフレッシュの発売)
  • ロゼッタ歯石(ストーン)
  • ショッカライロネイアの戦い -(ライオン「薬用ハイザルツ塩つぶ」、サンスター「つぶつぶ塩」など塩入り歯磨きを巡る争い)
    (※以上は、本番組初の書籍『カノッサの屈辱』(1991年7月26日、フジテレビ出版・扶桑社)に記載されたものによる。)

その他[編集]

  • 当番組は先述の通り深夜番組だが、青森放送(日本テレビ系列)では、土曜14時台に放送されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『スタジオボイス』1993年9月号。
  2. ^ テレビ東京「ジョージ・ポットマンの平成史」は平成版「カノッサの屈辱」!?
  3. ^ a b 番組表の上では12月30日深夜扱いだが、歴日上ではすでに31日となっていたため
  4. ^ 大英帝国のパロディ。ちなみに日本テレビはかつての人気番組『シャボン玉ホリデー』にかけて「シャボン朝ペルシャ」、TBSもかつての人気番組『8時だョ!全員集合』に出演していたザ・ドリフターズにかけて「ドリフランク王国」、テレビ朝日は「イスパニアサヒ王国」テレビ東京は「テレ東ゴート王国」と称していた。
  5. ^ [1] [リンク切れ]
  6. ^ ナポレオン・ボナパルトのパロディ。
  7. ^ J-PHONE時代よりソフトバンクの携帯電話事業参入まで、前身のデジタルホン及びデジタルツーカー時代に該当する描写はない。
  8. ^ a b c d e f g 深夜番組「カノッサの屈辱」一夜限りで復活、教授役に伊武雅刀。”. ナリナリドットコム (2007年1月25日). 2016年12月24日閲覧。
フジテレビ JOCX-TV2月曜24:40枠
前番組 番組名 次番組
カノッサの屈辱